post image

ふれあい温泉 ぼんたん湯(鹿児島県/阿久根市)

 鹿児島県・阿久根市を二分する高松川近くにある阿久根温泉。「美容と健康に効果のある美人湯」として親しまれる強食塩泉は、皮膚病、婦人病に効果があるとされています。  今回は阿久根温泉にいくつかある入浴施設のうち、栄屋旅館の経営する「ふれあい温泉 ぼんたん湯」を訪問し、“美人湯”を堪能したいと思います。 ▼鹿児島県・阿久根市の阿久根温泉にやって来ました。  ▼訪問するのは、「ふれあい温泉 ぼんたん湯」。  ▼...

post image

矢場とん 矢場町本店(愛知県/名古屋市)

 東海地方のご当地グルメ「みそカツ」を食しに愛知県・名古屋市の繁華街へ。訪問したのは1947(昭和22)年創業の老舗とんかつ店「矢場とん」の矢場町本店です。 ▼中京圏のご当地グルメ・みそカツで有名な「矢場とん 矢場町本店」にやって来ました。  ▼「わらじとんかつ」は定食で1,728円(訪問日当時)。とんかつはみそとソースの2味にしてもらいました。  ▼「ふんわりカリッ!」と揚げられたとんかつと秘伝のみそだれの組み...

post image

竹屋旅館 本館(鹿児島県/薩摩川内市)

 「地元の観光に熱意を持たれているご主人によって近年リニューアルされた建物は時が止まったような街並みの温泉街にあるためかモダンな雰囲気が際立っています。 1階の内装は現代風に改装されていますが2階や浴場はあえて改修を最低限にとどめ共用の炊事場や2層の湯船など昔ならではの湯治宿の様式を残しています。」(川内高城温泉HPより) ▼鹿児島県・薩摩川内市の川内高城温泉にある「竹屋旅館 本館」で1泊お世話になりま...

post image

港町の朝

 ▼青森県・八戸市にて。  訪問日:2018年1月27日...

post image

みやこ温泉(鹿児島県/鹿児島市)

 「地下800mから湧く炭酸水素塩泉で、お肌がツルツルになる美肌の温泉です。湯量豊富で源泉かけ流し、いつ行ってもお掃除がゆきとどいていて、地元の常連さんの笑顔が湯船にはじけます。 きれいな人はさらに綺麗に、よかにせはハンサムに変身。入って良し、飲んで良し、一度入ればとりこになる温泉です。近くには篤姫の屋敷や南洲神社などあり、歴史散策もおすすめです。」(「かごしま銭湯・温泉郷」HPより) ▼鹿児島県・鹿...

post image

坂元温泉(鹿児島県/鹿児島市)

 「地元で親しまれている、町の小さな温泉銭湯です。浴室はまわりに視界を遮る建物がないので、明るい陽光が差し込んできます。『流れ風呂』『超音波・気泡風呂』『冷水風呂』、それに『薬草ミストサウナ』が付いています。肌がツルツル・スベスベになる美人の湯は、飲用もできます。」(「かごしま銭湯・温泉郷」HPより) ▼鹿児島市内の坂元地区にやって来ました。目指すはこちらの建物、「坂元温泉」です。  ▼地元の人々に...

post image

玉ノ井駅(愛知県/一宮市)

 愛知県・一宮市にある名古屋鉄道(名鉄)の玉ノ井駅。1914(大正3)年の開業当初は途中駅でしたが、1959(昭和34)年に休止中だった玉ノ井~木曽川港間が廃止され、尾西線の終点となりました。 ▼玉ノ井駅に到着した電車から改札口へ向かう人々。  ▼名古屋鉄道(名鉄)・尾西線の終点です。  ▼ここから先の線路はありません。  ▼駅の開業は1914(大正3)年。  ▼開業当初は途中駅でしたが…。  ▼1959(昭和34)年に休止...

post image

のり一(鹿児島県/鹿児島市)

 鹿児島県・鹿児島市の繁華街・天文館の「のり一」を訪問。激戦区の天文館にあっても、1949(昭和24)年創業の老舗ラーメン店の人気が衰えることはありません。 ▼鶏ガラメインのあっさりスープ、「ラーメン(中)」は500円(訪問日当時)。  ▼胃にも財布にも優しい、老舗ラーメン店でした。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    鹿児島県鹿児島市山之口町9-3 地図  ・電話番号  099-222-4497 ・営業時間  11:30...

post image

薩摩硫黄島の旅~後編

 中編からの続きです。薩摩硫黄島の旅は2日目。早朝から民宿の車を借りて島内を巡り、10時過ぎの船で硫黄島を出発、鹿児島港へ戻ります。 ▼島の西部にある「薩摩硫黄島飛行場」。1973(昭和48)年にヤマハリゾートホテルが作った飛行場です。  ▼滑走路は600m、ホテル閉鎖により三島村が1994(平成6)年に取得、日本初の村営飛行場となりました。  ▼訪問日時点では、鹿児島空港より週2便(月・水曜日)が運航されています。...

post image

薩摩硫黄島の旅~中編

 前編からの続きです。「フェリーみしま」で硫黄島に上陸した後、三島村観光案内所で自転車を借りて島内を巡ります。借りた自転車は電動アシスト付きでしたが、島内の勾配はきつく移動には難儀しました。 ▼島内を巡るにあたり、観光案内所で自転車を借りたいと思います。  ▼「フェリーみしま」が港を出ていこうとしています。時はちょうど干潮の時刻。  ▼硫黄島にも熊野三山に似た地形があることを紹介している案内板や…。 ...

post image

薩摩硫黄島の旅~前編

 秘湯ファンが憧れる東温泉や坂本温泉を訪問するためには、鹿児島県の離島である「(薩摩)硫黄島」に上陸しなければなりません。同島への道中の様子をご紹介したいと思います。 ▼薩摩硫黄島へのアクセスはフェリーが一般的です。  ▼鹿児島港の一角に「みしま旅客待合所」があります。  ▼窓口で乗船券を購入します。  ▼硫黄島までの運賃は片道3,600円(訪問日当時)です。  ▼こちらが硫黄島へ向かう「フェリーみしま」。...

post image

東温泉(鹿児島県/三島村)

 秘湯ファン・野湯ファンなら誰でも一度は行ってみたいと思う場所…鹿児島県・三島村の「東温泉」。薩南諸島北部に位置する硫黄島という周囲14.5kmの火山島にあります。 ▼ついに鹿児島県・三島村の「東温泉」にやって来ました。  ▼薩南諸島北部に位置する周囲14.5kmの硫黄島…。  ▼東温泉はその硫黄島の南部にあります。これは過去に使用されていた湯船?  ▼岩礁上に造られた湯船は3つ。  ▼そこに自然湧出の源泉が掛け流さ...

post image

坂本温泉(鹿児島県/三島村)

 薩南諸島北部に位置する硫黄島。周囲14.5kmの火山島に約120人の島民が住んでいます。島には複数の野湯が存在していて、その中でも「東温泉」は温泉ファンが一度は行きたい場所として、しばしば全国の露天風呂ランキングに取り上げられます。 東温泉を訪問する前に、今回は島の北部にある「坂本温泉」をご紹介したいと思います。無色透明の食塩泉は腰痛・肩こり・神経痛・はれもの等に効果があるそうです。潮の干満によって入浴...

post image

ゴールデンランド 木曽岬温泉(三重県/木曽岬町)

 本当に営業しているのだろうかと不安になってしまうその佇まい…。ネットでその存在を知って居ても立っても居られずやって来ました、三重県・木曽岬町の「ゴールデンランド 木曽岬温泉」。 複数のサイトによると、建物入口に「本日4/7より 下水工事 休業します。木曽岬温泉」という貼紙が掲示され、2019(平成31)年4月から休業中のようです。再開はあるのでしょうか。 ▼田園風景が広がる三重県・木曽岬町。右手奥はナガシマス...

post image

【讃岐うどんめぐりNo.03】2018盛夏~2019緑樹

 2013年の訪問以来、ご無沙汰していた本場・香川県の讃岐うどんめぐり。2018(平成30)年から2019(令和元)年にかけて、何度か香川県を訪問する機会に恵まれ、その度に時間を作ってうどん店を訪問しました。その時の様子をまとめてご紹介したいと思います。※価格はいずれも訪問日当時のもの ▼2018(平成30)年7月に訪問したのは「宮武製麺所」。  ▼高松琴平電鉄(ことでん)の仏生山駅から徒歩1分の場所にあります。  ▼何故...

post image

ことでんの終点三景

 高松琴平電気鉄道(通称「ことでん」)は香川県・高松市に本社を置く鉄道会社です。琴平線(高松築港~琴電琴平32.9km)、長尾線(瓦町~長尾14.6km)、志度線(瓦町~琴電志度12.5km)の3路線を運行しています。 他社からの譲渡車両が多く活躍していることで有名で、その出自も京急や京王、名古屋市営地下鉄…と多岐にわたっています。また、大正・昭和初期に製造されたレトロ電車が動態保存されており、月1回の特別運行日には...

post image

博多温泉 元祖元湯(福岡県/福岡市)

 福岡県・福岡市の住宅街にひっそりと佇む温泉施設があるのをご存知でしょうか。博多温泉発祥の地として温泉ファンの間では有名な「博多温泉 元祖元湯」です。場所は南区の横手地区というところにあります。 西日本鉄道(西鉄)・天神大牟田線の井尻駅から徒歩15分ほど。大橋駅等からの路線バスでも行くことができます。手作り感あふれる浴室やコンプレッサーによって突如勢いよく噴き出る温泉など、その独特の雰囲気に圧倒され...

post image

福寄食房 七福堂(愛知県/瀬戸市)

 愛知県・瀬戸市のご当地グルメ「瀬戸焼そば」。一見すると普通の焼きそばですが、豚の煮汁をダシにした醤油風味であることが特徴です。昭和30年代に瀬戸の参土神である深川神社参道を中心に始まったと言われています。 今回は市内で「瀬戸焼そば」を提供している数あるお店の中から、深川神社に程近い「福寄食房 七福堂」で焼きそばをテイクアウトし、周辺を散策しながら地元の味を楽しみたいと思います。 ▼深川神社に程近い「...

post image

能古島内線(福岡県/福岡市)~後編

 西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」。前編に続き後編では、終点「アイランドパーク」の様子と渡船場を経由して姪浜まで戻るまでをご紹介したいと思います。 ▼8時10分、朝一番のバスに乗って終点「アイランドパーク」に到着しました。  ▼「のこのしまアイランドパーク」の最寄りバス停ですが…。  ▼訪問したのが開園時刻の9時よりも前だったため、周囲は閑散としています。  ▼バスは建物ヨコにあるペンキ...

post image

能古島内線(福岡県/福岡市)~前編

 博多湾のほぼ中央に浮かぶ人口約720人の能古島(のこのしま)。大都市のすぐ近くにありながら、わずか10分の船旅で自然を満喫できるとあって、週末やシーズン中は多くの行楽客で賑わいます。 行楽客の多くは港から路線バスを使って島の北端にある「のこのしまアイランドパーク」へ向かいます。この路線バスこそ、西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」です。 2018(平成30)年6月のとある平日に能古島を訪問しま...

post image

収穫の前

 ▼大分県・別府市にて。  訪問日:2018年9月18日...

post image

博多玉(福岡県/福岡市)

 所用で西鉄・天神大牟田線の大橋駅に降り立ちました。昼食時でしたので駅周辺をウロウロしていると、「ラーメン」と書かれた赤い提灯を発見。早速、入ってみましょう。 ▼西鉄・天神大牟田線の大橋駅から徒歩1~2分のところにある「博多玉」。  ▼博多ラーメンの専門店です。注文したのは「ラーメン」500円(訪問日当時)。  ▼極細麺がスルスルと口の中に入っていき、あっという間に完食です。ごちそうさまでした。 <データ...

post image

名古屋ガイドウェイバス ゆとりーとライン

 「ゆとりーとラインは、鉄道とバスの利点を組み合わせたシステムです。道路の中央分離帯上に設けた高架専用軌道を、車両の前後輪に取り付けた案内装置の誘導で走り、さらに平面の一般道路も同一車両で連続して走行できる特性(デュアルモード)を備えています。 交通渋滞する区間では、高架専用軌道を走行します。交差点や踏切等がないので、朝夕のラッシュ時でも鉄道と同じようにダイヤどおりの定時・高速運行が可能です。高架...

post image

どんど(北海道/小樽市)

 北海道の小樽市民なら誰でも知っているという焼きそば店があると聞いて、やって来ました。小樽駅前の長崎屋の地下1階にある「どんど」というお店です。 ▼「どんど」は、小樽駅前の長崎屋の地下1階にあります。  ▼注文したのは、「ジャンボ玉子」400円(訪問日当時)。  ▼焼きそばのサイズは「並」「大盛」「ジャンボ」「スーパージャンボ」の4種類です。ごちそうさまでした。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    ...

post image

奥沢温泉 中央湯(北海道/小樽市)

 「国道5号奥沢十字街より393号線を奥沢水源地方向に約1.2kmのところにある銭湯です。奥沢十字街と水源地の中間点にあるために中央湯となったそうです。昭和57年に400m掘削し約32度の温泉が湧き出し、奥沢温泉中央湯として営業しています。 泉質はアルカリ性単純泉で濾過機を使用して衛生に注意しており、爽やかな気分を演出してくれる温泉銭湯ですので一度入浴してみることをお奨めします。」(北海道公衆浴場業生活衛生同業組...

post image

滝川ターミナル(北海道/滝川市)

 北海道中央バスの滝川ターミナルは1949(昭和24)年に開設され、2度の移転を経て1988(昭和63)年に現在の場所へやってきました。その後、滝川駅の駅前広場整備事業が進められ、2018(平成30)年4月1日に新しいバス乗り場が完成、滝川ターミナルは前日の3月31日をもってその役割を終えました。 ▼現役時代の滝川ターミナル。2017(平成29)年6月の様子。1年後に訪問してみると…。  ▼ターミナルの役目を終え、それを表す表記等...