プロフィール

のる

Author:のる
放浪癖あり〼


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【別府共同湯めぐりNo.25】上原温泉 ※別府八湯温泉道No.173

 JR九州・日豊本線の別府駅から西の方角へ徒歩20分ほど。上原(かみはる)地区にある「上原温泉」を訪問します。共同浴場には珍しく家族湯があるそうです。

 ▼「上原(かみはる)温泉」。公民館に併設された共同浴場です。
 2016_1123(141).jpg

 ▼番台さんが無人でしたので…。
 2016_1123(148).jpg

 ▼料金箱に入浴料100円(訪問日当時)を入れて中へ入ります。
 2016_1123(151).jpg

 ▼白を基調とした清潔感のある脱衣場。
 2016_1123(146).jpg

 ▼こちらが浴室です。
 2016_1123(142).jpg

 ▼湯枡にある激熱の温泉が…。
 2016_1123(144).jpg

 ▼浴室中央にある小判型の浴槽へと供給されています。
 2016_1123(143).jpg

 ▼浴室は脱衣場から3段ほど下がったところにあります。
 2016_1123(147).jpg

 ▼湯上り爽快。別府の共同湯めぐりはまだまだ続きます。
 2016_1123(152).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    大分県別府市上原町1-13 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  6:00~12:00・14:00~22:00
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「別府八湯温泉道」(公式HP)

 訪問日:2016年11月23日
スポンサーサイト

津軽屋食堂(北海道/函館市)

 今回は、北海道新聞社刊「いとしの大衆食堂」にも掲載された、北海道・函館市の老舗食堂「津軽屋食堂」を訪問します。

 ショーケースから好きなおかずを選ぶことができる他、カレーなどの一品料理も充実していて、メニュー選びにとても悩みます。

 ▼北海道・函館市の「津軽屋食堂」へやって来ました。
 2017_0120(065).jpg

 ▼開店10:30の直後に到着したので、お客さんは疎ら…。
 2017_0120(061).jpg

 ▼ショーケースのおかずとメニューとにらめっこすること、約5分…。
 2017_0120(062).jpg

 ▼注文したのは「カツカレー」670円(訪問日当時)。まさに家庭の味。
 2017_0120(064).jpg

 ▼「GLAY」のメンバーが在函時代に通っていたそうです。ご馳走様でした。
 2017_0120(066).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道函館市松風町7-6 地図
 ・電話番号  0138-23-4084
 ・営業時間  10:30~20:00
 ・定休日    水曜日

 訪問日:2017年1月20日

光風温泉(青森県/つがる市)

 青森県・つがる市の「光風温泉」を訪ねます。坂本衛氏の著書「超秘湯!!」にも自動車販売店に併設された温泉として紹介されている浴場です。

 ▼青森県・つがる市の「光風温泉」。2006(平成18)年に改築されたようです。
 2016_0419(043).jpg

 ▼入浴料300円(訪問日当時)は、脱衣場にある番台ではなく…。
 2016_0419(041).jpg

 ▼休憩室で将棋に興じているおじいちゃんに支払いました。
 2016_0419(032).jpg

 ▼広々とした脱衣場。
 2016_0419(042).jpg

 ▼浴室も広々としています。
 2016_0419(038).jpg

 ▼浴槽に注がれる塩気あるお湯は、湯船の淵から洗い場一面に掛け流されます。
 2016_0419(037).jpg

 ▼奥の壁には鯛を釣る恵比寿様が描かれています。
 2016_0419(039).jpg

 ▼湯上がりポカポカ。自動車販売会社に併設されているのがユニークです。
 2016_0419(044).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    青森県つがる市森田町下相野野田73-3 地図
 ・電話番号  0173-42-1496
 ・営業時間  5:00~21:00
 ・定休日    第1・3月曜日

 訪問日:2016年4月19日

鉱山(ヤマ)は閉じられ

 ▼秋田県・鹿角市にて。
 2015_0830(131).jpg

 訪問日:2015年8月30日

【別府共同湯めぐりNo.24】上ノ温泉

 JR九州・日豊本線の別府駅から北西の方向へ徒歩15分ほど。富士見通りに面して建つ「上ノ温泉」を訪問します。地元の方々で賑わう共同浴場です。

 ▼「上ノ温泉」です。“うえのおんせん”と読むようです。
 2016_1123(157).jpg

 ▼富士見通り(北側)から見たところ。
 2016_1123(162).jpg

 ▼別府駅方面からの一方通行の道路(南側)から見たところ。
 2016_1123(161).jpg

 ▼両側から入ることができます。
 2016_1123(156).jpg

 ▼窓の隙間からニョキっと出ている筒に入浴料100円(訪問日当時)を投入します。
 2016_1123(159).jpg

 ▼浴室の中央に設置されている四角い湯船には…。
 2016_1123(154).jpg

 ▼こちらの源泉枡からお湯が注がれています。
 2016_1123(155).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    大分県別府市西野口町14 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  6:30~22:30
 ・定休日    不明

<参考HP>
 ・「別府八湯温泉道」(公式HP)

 訪問日:2016年11月23日

湯之尾温泉 市営公衆浴場(鹿児島県/伊佐市)

 鹿児島県・伊佐市の湯之尾温泉にある「市営公衆浴場」を訪問します。近隣の菱刈鉱山掘削時に出た温泉を引湯しているそうです。入浴料は150円(訪問日当時)、毎日入浴できる近隣の住民の方が羨ましいです。

 ▼湯之尾温泉の「市営公衆浴場」にやって来ました。
 2016_1121(063).jpg

 ▼入浴料は150円(訪問日当時)。受付の方に渡して中に入ります。
 2016_1121(062).jpg

 ▼脱衣場もシンプルそのもの。
 2016_1121(057).jpg

 ▼様々な注意事項やお知らせが掲示されています。
 2016_1121(061).jpg

 ▼浴室です。5~6名は入ることができそうな浴槽に…。
 2016_1121(058).jpg

 ▼無色透明の熱めのお湯がかけ流されています。
 2016_1121(060).jpg

 ▼身体が火照って汗がしばらく引きませんが、次の目的地を目指します。
 2016_1121(064).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    鹿児島県伊佐市菱刈川北2002 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  14:00~20:00(11~4月は~19:00)
 ・定休日    毎月1・15日

 訪問日:2016年11月21日

多楽福亭(山形県/鶴岡市)

 山形県・鶴岡市の湯田川温泉で1泊した際、夕食時に利用させていただいたのが「多楽福亭」。温泉街の食堂らしく、メニューも豊富でオーダーするまで目移りします。

 ▼日が暮れて夕闇迫る湯田川温泉のメインストリート。
 2015_0808(101).jpg

 ▼夕食時にお世話になるのはこちら「多楽福亭」。
 2015_0808(105).jpg

 ▼メニューは豊富。何にしようかと迷った挙句…。
 2015_0808(102).jpg

 ▼「庄内豚厚切ロースかつ定食」1.250円(訪問日当時)を注文。
 2015_0808(104).jpg

 ▼お店の中にはバーのようなスペースも。
 2015_0808(103).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県鶴岡市湯田川乙93 地図
 ・電話番号  0235-35-2228
 ・営業時間  11:00~14:00・17:00~22:00
 ・定休日    火曜日

 訪問日:2015年8月8日

夕陽に照らされ

 ▼オーストラリア・ニューサウスウェールズ州にて。
 2015_0825(006).jpg

 訪問日:2015年8月25日

【別府共同湯めぐりNo.23】南的ヶ浜温泉 ※別府八湯温泉道No.181

 JR九州・日豊本線の別府駅からは北北東の方角へ徒歩約5分ほど。1965(昭和40)年に改築された「南的ヶ浜温泉」の建物は、1階が浴場、2階が公民館という別府の典型的な共同浴場スタイルになっています。

 ▼「南的ヶ浜温泉」。2階は公民館になっています。
 2016_1123(174).jpg

 ▼入口に掲示されている成分表。
 2016_1123(165).jpg

 ▼入浴時間は途中休憩なしの10~22時。入浴料は100円(訪問日当時)。
 2016_1123(163).jpg

 ▼脱衣場です。別府では珍しく浴室と脱衣場が完全に仕切られています。
 2016_1123(166).jpg

 ▼こちらが浴室です。
 2016_1123(172).jpg

 ▼浴室の中央に配置された浴槽。使い込まれた感じがたまりません。
 2016_1123(171).jpg

 ▼源泉枡から57.3℃の炭酸水素塩泉が浴槽へ注がれます。
 2016_1123(169).jpg

 ▼古めかしい「入浴者心得」とそれを追補する形の「浴用上の注意事項」。
 2016_1123(170).jpg

 ▼さっぱりした浴後感です。建物の脇にある温泉タンク。
 2016_1123(164).jpg

 ▼敷地内にはお地蔵様が祀られています。
 2016_1123(177).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    大分県別府市南的ヶ浜町4-8 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  10:00~22:00
 ・定休日    第1・3日曜日

<参考HP>
 ・「別府八湯温泉道」(公式HP)

 訪問日:2016年11月23日

涼水戸温泉(熊本県/人吉市)

 熊本県・人吉市の市街地から少し外れたところにある「涼水戸温泉」。球磨川のラフティングツアーを兼業されているこの施設は、人吉市内の温泉には珍しい緑がかった濁り湯を楽しむことができます。

 ▼人吉から球磨へ向かう熊本県道15号線を通行止直前で右折すると…。
 2016_1121(045).jpg

 ▼「涼水戸温泉」に到着します。民家にお邪魔する感覚で入口に入ると…。
 2016_1121(043).jpg

 ▼無人の受付があります。入浴料は300円(訪問日当時)です。
 2016_1121(029).jpg

 ▼浴室はこの脱衣場の扉の先にあります。
 2016_1121(036).jpg

 ▼浴室です。洗い場のカランとシャワーは4つ。
 2016_1121(030).jpg

 ▼木枠で縁取られた浴槽には、緑がかった濁り湯がかけ流されています。
 2016_1121(031).jpg

 ▼よい湯加減です。ふと目線を上にやると、男女の仕切り上の欄干に…。
 2016_1121(039).jpg

 ▼手作り感あふれる彫り物が。温泉マークと播磨川の川下りの情景でしょう。
 2016_1121(034).jpg

 ▼浴室外のビニールハウスには、川舟を使った湯船と釜風呂が置かれています。
 2016_1121(035).jpg

 ▼施設の前までバスが来ますが平日3本のみ。残念ながら使い勝手は悪いです。
 2016_1121(044).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    熊本県人吉市中神町大柿490 地図
 ・電話番号  0966-24-0405
 ・営業時間  6:00~22:00
 ・定休日    なし

 訪問日:2016年11月21日

東北温泉(青森県/東北町)

 「当温泉はアルカリ性の泉質で肌の汚れや古い角質を落とす効果があり、天然保湿成分の『メタケイ酸』を特に多く含んでいて、乾燥した肌に潤いを与える美肌効果のある『美人泉質』といわれています。

 自然界の中に出来ている露天風呂は、癒し効果がある森林浴が楽しめ、湯と外気が温冷交互浴の役割をし、疲労回復、体力回復、冷え性、ストレス解消、皮膚病に特に効果があるといわれています。」(公式HPより)

 ▼青い森鉄道・乙供駅から徒歩5分ほどの場所にある「東北温泉」。
 2016_1220(011).jpg

 ▼2008(平成20)年にリニューアル。入浴料金は300円(訪問日当時)です。
 2016_1220(009).jpg

 ▼脱衣場には温泉の分析表と特長が書かれたボードが掲示されています。
 2016_1220(006).jpg

 ▼そして、こちらが浴室。
 2016_1220(007).jpg

 ▼黒いお湯が注がれる主浴槽の他…。
 2016_1220(001).jpg

 ▼電気風呂や子供風呂、水風呂、サウナ…。
 2016_1220(004).jpg

 ▼露天風呂まであって、バラエティに富んでいます。
 2016_1220(002).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    青森県上北郡東北町字上笹橋21-18 地図
 ・電話番号  0175-63-3715
 ・営業時間  5:30~22:30(日帰り入浴)
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「東北温泉|日本一黒いモール温泉」(公式HP)

 訪問日:2016年12月20日

街路樹の中を

 ▼北海道・音更町にて。
 2016_0626(042).jpg

 訪問日:2016年6月26日

【別府共同湯めぐりNo.22】若草温泉 ※別府八湯温泉道No.184

 「若草温泉」はJR九州・日豊本線の別府駅から北の方角、別府湾沿いの国道10号線から少し山寄りに入った場所にあります。2階建ての赤い建物が目印です。

 ▼「若草温泉」の建物。1階が浴場、2階が公民館になっています。
 2016_1120(039).jpg

 ▼入口に入浴料100円(訪問日当時)を入れる箱があります。
 2016_1120(037).jpg

 ▼脱衣場から少し下がったところに…。
 2016_1120(031).jpg

 ▼浴室があります。地価300mからの炭酸水素塩泉(自家源泉)だそうです。
 2016_1120(026).jpg

 ▼熱めのお湯が気持ちいいです…それにしても注意書きがいっぱい。
 2016_1120(029).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    大分県別府市若草町9-37 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  6:00~22:30
 ・定休日    不明

<参考HP>
 ・「別府八湯温泉道」(公式HP)

 訪問日:2016年11月20日

松元温泉 玉利浴場(鹿児島県/指宿市)

 鹿児島県・指宿市の「松元温泉 玉利浴場」は、国道226号線の秋元交差点付近にあります。「地元の人に愛される昔ながらの温泉です。」(「いぶすき観光ネット」より)

 ▼夜闇に浮かぶ「松元温泉」の看板。
 2016_1122(179).jpg

 ▼受付で入浴料300円(訪問日当時)を支払います。
 2016_1122(178).jpg

 ▼受付から浴室へは、この細い通路を通ります。
 2016_1122(177).jpg

 ▼脱衣場です。広々としています。そして…。
 2016_1122(170).jpg

 ▼木製のロッカーが昭和の雰囲気を醸し出しています。
 2016_1122(171).jpg

 ▼こちらが浴室です。
 2016_1122(173).jpg

 ▼左手の浴槽にお湯が注がれて、右手の浴槽に流れていく仕組みです。
 2016_1122(176).jpg

 ▼湯口の上にはタイル絵。どこの景色でしょうか。
 2016_1122(174).jpg

 ▼湯船や洗い場のあちらこあちらに補修の跡が残されています。
 2016_1122(175).jpg

 ▼地元の人に愛されているからこそ、営業を続けられる公衆浴場。
 2016_1122(172).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    鹿児島県指宿市十町2558-1 地図
 ・電話番号  0993-22-3147
 ・営業時間  15:00~21:00
 ・定休日    不定休

<参考HP>
 ・「いぶすき観光ネット」

 訪問日:2016年11月22日

板柳温泉公衆浴場(青森県/板柳町)

 JR東日本・五能線の板柳駅から目と鼻の先、「板柳温泉公衆浴場」を訪問します。建物は弘前にあった女学校の校舎を移築したものだそうです。

 ▼「板柳温泉公衆浴場」。入浴料は350円(訪問日当時)です。
 2016_0210(046).jpg

 ▼広めの脱衣場に常備されているのは…。
 2016_0210(048).jpg

 ▼年季の入った体重計と…。
 2016_0210(051).jpg

 ▼プラスチック製のかご。底が深くて物がたくさん入ります。
 2016_0210(047).jpg

 ▼浴槽の底から供されている塩辛い温泉が洗い場へじゃんじゃん溢れています。
 2016_0210(050).jpg

 ▼湯量が豊富な素晴らしい温泉でした。
 2016_0210(044).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    青森県北津軽郡板柳町福野田実田47-13 地図
 ・電話番号  0172-73-2152
 ・営業時間  7:00~21:00
 ・定休日    なし

 訪問日:2016年2月10日

針路は北へ

 ▼北海道・北斗市にて
 2017_0119(002).jpg

 訪問日:2017年1月19日

【上山共同浴場めぐりNo.07】湯町共同浴場(山形県/上山市)※閉業※

 山形県・上山市の「かみのやま温泉」にある共同浴場めぐり。最後にご紹介するのは「湯町共同浴場」です。住宅街の中の趣のある施設でしたが、利用者数の減少や施設老朽化、運営経費増大を理由に2016(平成28)年11月末で閉鎖されたそうです。

 ▼かみのやま温泉の住宅街に「ゆまちの湯」の看板を発見。
 2016_0825(085).jpg

 ▼この細い路地を入っていくと…。
 2016_0825(086).jpg

 ▼「湯町共同浴場」があります。
 2016_0825(097).jpg

 ▼券売機で入浴券150円(訪問日当時)を購入し、番台の女性に渡します。
 2016_0825(096).jpg

 ▼木のロッカーで囲まれた脱衣場。
 2016_0825(093).jpg

 ▼こちらが浴室。円形の浴槽には無色透明のお湯が湛えられています。
 2016_0825(088).jpg

 ▼カランを使用する際は別途、洗髪券100円(訪問日当時)が必要。
 2016_0825(091).jpg

 ▼地元の方に惜しまれつつ、2016(平成28)年11月末で閉鎖されました。
 2016_0825(090).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県上山市湯町3-5-4 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  6:30~8:00・14:00~22:00
 ・定休日    毎月第1・3月曜日

<参考HP>
 ・「上山市観光物産協会」(公式HP)
 ・「上山市の公衆浴場に関する基本方針」(上山市HP)

 訪問日:2016年8月25日

長生湯(北海道/函館市)~2017大寒

 前回訪問のちょうど5年後、再び北海道・函館市の湯の川温泉「長生湯」を訪問しました。昔ながらの佇まいに激熱の温泉…何もかも5年前のままなのが嬉しくなります。

 ▼函館市電に乗って再び「長生湯」にやって来ました。
 2017_0120(023).jpg

 ▼入浴料は440円(訪問日当時)。北海道所定の公衆浴場入浴料金です。
 2017_0120(024).jpg

 ▼重厚な広告看板も5年前の訪問時のまま。
 2017_0120(029).jpg

 ▼古めかしい体重計も味があります。
 2017_0120(030).jpg

 ▼浴室です。温泉成分の影響でしょうか、表面にうっすらと幕が張っています。
 2017_0120(026).jpg

 ▼こちらの桝に貯められたお湯が…。
 2017_0120(027).jpg

 ▼パイプを通じて広い方の湯船に注がれています。
 2017_0120(031).jpg

 ▼浴室内に掲示されている注意書き。
 2017_0120(032).jpg

 ▼トイレの窓から見えた光景。木で蓋をされている部分は排湯設備でしょうか。
 2017_0120(035).jpg

 ▼壁掛け時計は前回と同じ「3時55分」を指しています。いいお湯でした。
 2017_0120(036).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道函館市湯川町2-20-9 地図
 ・電話番号  0138-59-2681
 ・営業時間  6:30~21:00
 ・定休日    火曜日

 訪問日:2017年1月20日

まるかいラーメン(青森県/青森市)

 青森県・青森市の老舗ラーメン店「まるかいラーメン」は。2016(平成28)年12月のリニューアルオープンから約1か月後に訪問、煮干し系の青森ラーメンを味わいました。

 ▼一新された建物。「まるかいラーメン」です。青森駅からは徒歩10分ほど。
 2017_0121(117).jpg

 ▼通常は10~20時の営業ですが、リニューアル後しばらくは18時閉店です。
 2017_0121(120).jpg

 ▼「醤油ラーメン大盛」650円(訪問日当時)。太麺がもちもちで美味でした。
 2017_0121(119).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    青森県青森市安方2-2-16 地図
 ・電話番号  0177-22-4104
 ・営業時間  10:00~20:00
 ・定休日    日曜日

 訪問日:2017年1月21日

河口を渡って

 ▼鹿児島県・南大隅町にて。
 2016_1122(094).jpg

 訪問日:2016年11月22日

【上山共同浴場めぐりNo.06】葉山共同浴場 壽荘(山形県/上山市)

 山形県・上山市の「かみのやま温泉」にある共同浴場めぐり。今回は、温泉街を少し外れた高台にある「葉山共同浴場 壽荘」です。高齢者施設に併設されており、市の社会福祉協議会が運営する唯一の共同浴場になります。

 ▼坂道を上ってようやくたどり着いた「葉山共同浴場 壽荘」。
 2016_0825(072).jpg

 ▼高齢者用施設に併設された共同浴場です。
 2016_0825(081).jpg

 ▼券売機で入浴券150円(訪問日当時)を購入して受付の方に渡します。
 2016_0825(080).jpg

 ▼白を基調とした脱衣場は明るい雰囲気。
 2016_0825(076).jpg

 ▼浴室です。青いタイル張りの浴槽に…。
 2016_0825(074).jpg

 ▼無色透明の熱めのお湯が注がれています。気持ちいいです。
 2016_0825(075).jpg

 ▼浴室の窓からは長閑な田園風景を眺めることができます。
 2016_0825(077).jpg

 ▼浴場の近くにある「三号源泉」と書かれた碑とお地蔵様。
 2016_0825(083).jpg

 ▼建物裏の温泉タンクは非常に大きなものでした。
 2016_0825(084).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県上山市葉山5-70 地図
 ・電話番号  023-673-3649
 ・営業時間  6:00~21:00
 ・定休日    月曜日・1月1~3日

<参考HP>
 ・「上山市観光物産協会」(公式HP)

 訪問日:2016年8月25日

奥奥八九郎温泉(秋田県/小坂町)

 車で手軽に行ける野湯として有名な「奥奥八九郎温泉」。秋田県・小坂町の山中にあります。鉱脈調査のためにボーリングを行っていたところ、温泉湧出があったとのこと。

 温泉と一緒に二酸化炭素が噴出する「天然ジャグジー」には、温泉ファンだけではなくアブが集まってくるため、時期を選ぶ等の対策が必要です。

 ▼「奥奥八九郎温泉」へ続く林道の入口。
 2015_0521(000).jpg

 ▼林道を車で走ること10分弱…。
 2015_0521(003).jpg

 ▼地面が茶色く染まった一帯に到着。
 2015_0521(009).jpg

 ▼これが「奥奥八九郎温泉」。アプローチの良さに少し拍子抜けします。
 2015_0521(008).jpg

 ▼湯船がいくつか掘られており、好きな湯温で湯浴みを楽しむことができます。
 2015_0521(012).jpg

 ▼44℃くらいの温泉と二酸化炭素による「天然ジャグジー」。
 2015_0521(013).jpg

 ▼5月の訪問でしたので、アブはそんなに寄って来ませんでした。
 2015_0521(011).jpg

 ▼それでも、帰る時には何箇所か虫刺されがありました。
 奥2015_0521(004)

 ▼「奥奥八九郎温泉」の近くには「奥八九郎温泉」という野湯もあるのですが…。
 奥2015_0521(018)

 ▼川の水量が多く近づくことができませんでした。画像中央がその野湯です。
 奥2015_0521(020)

 訪問日:2015年5月21日

大黒温泉(鹿児島県/鹿児島市)

 鹿児島県・鹿児島市の市街地からバスで国道3号線を北上して20分ほど。「純天然100%」の看板も誇らしげな「大黒温泉」にやってきました。43.9℃の源泉が加水・加温・循環なしの掛け流しで使用されています。

 ▼「大黒温泉」にやって来ました。
 2016_1121(010).jpg

 ▼「純天然100%」の看板が誇らしげに掲げられています。
 2016_1121(009).jpg

 ▼入口は道路(国道3号線)とは反対側にあります。
 2016_1121(008).jpg

 ▼入浴料は390円(訪問日当時)です。
 2016_1121(007).jpg

 ▼綺麗に整理整頓された脱衣場には…。
 2016_1121(004).jpg

 ▼1983(昭和58)年分析の成分表等が掲示されています。
 2016_1121(005).jpg

 ▼浴室の中央にある主浴槽。お湯の投入量が多く、新鮮そのもの。
 2016_1121(001).jpg

 ▼主浴槽の他、水風呂や低周波浴槽などがあります。
 2016_1121(002).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    鹿児島県鹿児島市伊敷8-22-20 地図
 ・電話番号  099-228-5300
 ・営業時間  6:00~22:00
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「九州八十八湯めぐり」(公式HP)

 訪問日:2016年11月21日

しばれる朝に

 ▼北海道・八雲町にて。
 2017_0121(043).jpg

 訪問日:2017年1月21日

公衆浴場平川温泉(青森県/田舎館村)

 青森県・田舎館村にある「公衆浴場平川温泉」。県道268号線沿いにある民営の入浴施設で、宿泊することもできます。雪の青森で身体を温めるべく、激熱の湯に浸かります。

 ▼「公衆浴場平川温泉」。夏は辺りに田園風景が広がります。
 2014_1214(089).jpg

 ▼入浴料は310円(訪問日当時)でした。番台の方にお支払いして中へ。
 2014_1214(096).jpg

 ▼脱衣場です。白い壁のおかげか、明るい雰囲気です。
 2014_1214(093).jpg

 ▼浴室です。浴槽は2つに仕切られていますが、どちらも激熱。
 2014_1214(094).jpg

 ▼サウナと水風呂も完備されており、至れり尽くせりの公衆浴場でした。
 2014_1214(102).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    青森県南津軽郡田舎館村大袋樋田3 地図
 ・電話番号  0172-58-2160
 ・営業時間  6:30~22:00
 ・定休日    不定休

 訪問日:2014年12月14日

阿寒湖畔展望台(北海道/釧路市)

 北海道東の阿寒湖の近くには「国設 阿寒湖畔スキー場」がありますが、夏季の間は展望台として開放されています。ゲレンデの斜面を利用した展望スポットからは、天気が良ければ阿寒湖や雌阿寒岳を望むことができます。

 ▼スキー場(展望台)は国道240号線から脇道に入ったところにあります。
 2016_0626(025-1).jpg

 ▼ゲレンデの斜面に作られたダート道を進むと…。
 2016_0626(025).jpg

 ▼車で行けるのはここまで。ここからを歩いていきます。
 2016_0626(021).jpg

 ▼ゲレンデの斜面を利用した展望スポット。
 2016_0626(019).jpg

 ▼残念ながら、雌阿寒岳は雲に隠れて見えませんでした。
 2016_0626(016).jpg

<参考HP>
 ・「国設 阿寒湖畔スキー場」(公式HP)

 訪問日:2016年6月26日

はこだて塩らーめん しなの(北海道/函館市)

 はこだてといえば塩ラーメン。北海道・函館市にはラーメン店が数多くありますが、「はこだて塩らーめん しなの」はJR北海道・函館駅前にある塩ラーメンにこだわったお店。早速、訪問してみます。

 ▼「はこだて塩らーめん しなの」。函館駅前のスマイルホテルの隣です。
 2017_0119(016).jpg

 ▼大本命!!の「はこだて塩ラーメン」700円(訪問日当時)を注文。
 2017_0119(017).jpg

 ▼あっさりとした塩味の美味しいラーメンでした。
 2017_0119(019).jpg

 ▼飲んだ後の〆には最高の一杯でした。
 2017_0119(020).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道函館市若松町20-10 地図
 ・電話番号  0138-22-5552
 ・営業時間  11:30~14:30・17:00~24:30
 ・定休日    日曜日

 訪問日:2017年1月19日

長いホームに

 ▼北海道・北見市にて。
 2013_0113(131).jpg

 訪問日:2013年1月13日

ふくや 大分駅前店(大分県/大分市)

 JR九州の大分駅前にあるラーメン店「ふくや 大分駅前店」を訪問します。2016(平成28)年5月にリニューアルオープンした綺麗な店内で、豚骨ベースのラーメンを味わいます。

 ▼2016(平成28)年5月にリニューアルオープンした「ふくや 大分駅前店」。
 2016_1120(194).jpg

 ▼メニュー選びに悩んだ挙句…。
 2016_1120(196).jpg

 ▼「野菜とんこつラーメン」730円(訪問日当時)を注文。
 2016_1120(197).jpg

 ▼大分駅の高架化に伴い、北口は工事を経て綺麗に整備されました。
 2016_1120(192).jpg

 ▼駅前のイルミネーションも輝いています。
 2016_1120(193).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    大分県大分市末広町1-1-25 地図
 ・電話番号  097-538-5165
 ・営業時間  11:00~24:00
 ・定休日    なし

 訪問日:2016年11月20日

曽木発電所遺構(鹿児島県/伊佐市)

 「曽木の滝の1.5キロメートル下流に、今でも明治の面影を強く残している曽木発電所跡があります。曽木発電所は明治42年に竣工し、その出力は当時国内でも最大級のもので、水俣のチッソなどにも送電を行っていました。

 昭和40年に鶴田ダムの完成とともに水没することになりましたが、現在では渇水期の5~9月頃に中世のヨーロッパの居城跡を思わせるレンガ造りの建物が姿をあらわします。その時期以外は大鶴湖の湖底に沈み、存在をも忘れさせます。」(伊佐市HPより)

 ▼駐車場に車を止めて…。
 2016_1121(076).jpg

 ▼展望所まで歩いて行きます。
 2016_1121(085).jpg

 ▼こちらの広場が「曽木発電所遺構展望所」です。
 2016_1121(078).jpg

 ▼ダム水位が低い5~9月のみ遺構の全容を見ることができますが…。
 2016_1121(079).jpg

 ▼訪問日は11月だったため、遺構は水没…しかし!赤い丸囲みをご覧下さい。
 2016_1121(083).jpg

 ▼建物の屋根の突起部分だけが辛うじて水面から顔をのぞかせています。
 2016_1121(081).jpg

 ▼竣工当時としては、国内最大級の出力を誇る発電所だったそうです。
 2016_1121(084).jpg

<参考HP>
 ・「伊佐市」(公式HP)

 訪問日:2016年11月21日
 | ホーム |  » page top