catalog image

【鶴見線の旅No.09】ヒネリのない駅名

  鶴見線には、同線や京浜工業地帯の発展に寄与した人物にちなんだ駅名や、周辺企業や施設にちなんだ駅名が多くあります。今回、そのいくつかをご紹介します。 ▼目の前に国道があるから「国道」駅。  ▼鶴見線の前身、鶴見臨港鉄道の設立者である浅野総一郎氏にちなんで「浅野」駅。  ▼安田財閥創設者である安田善次郎氏にちなんで「安善」駅。  ▼日本鋼管創業者である白石元次郎氏にちなんで「(武蔵)白石」駅。  ▼い...

catalog image

【鶴見線の旅No.08】鶴見駅

  鶴見線(旧鶴見臨港鉄道)の始点である鶴見駅は、もともと現在の場所にあったのではありません。1930(昭和5)年の開業当初は、今より100メートルほど手前(国道駅寄り)にありました。その後、1931(昭和6)年・1934(昭和9)年と2度の移転を経て、現在に至ります。 ▼鶴見線に乗るためには、鶴見駅の中にあるもう一つの改札を通らなければなりません。  ▼ステンレスの近代的な車両が出入りしますが、駅の佇まいは開業当初...

catalog image

【鶴見線の旅No.07】浜川崎駅

  浜川崎駅は鶴見線と南武支線の乗り換え駅ですが、一旦改札を出て道路を挟んだ反対側の乗り場に行かなくてはならないという、珍しい構造の駅です。  これは両線の生い立ちが異なる(鶴見線はもと鶴見臨港鉄道、南武支線はもと南武鉄道)ことによるものです。今回は、国道駅とともに昭和の雰囲気が色濃く残る浜川崎駅を訪問します。  ▼こちらは南武支線の浜川崎駅です。   ▼そしてこちらが鶴見線の浜川崎駅。  ▼乗り換えの...

catalog image

【鶴見線の旅No.06】戦争の傷跡

  大川支線には運河を渡る場所があるのですが、そこに架かる橋には第二次世界大戦中の空襲時にできた機銃弾のささくれが今も残っています。今回訪問するのは、鶴見線の小さな戦争遺跡「第5橋りょう」です。 ▼運河に架かる大川支線の「第5橋りょう」。  ▼戦時中にできた機銃弾のささくれがあります。  ▼鶴見線に残る小さな戦争遺跡です。  ▼およそ20年前に塗り替えられたようですが、サビだらけです。  訪問日:2010年9...

catalog image

【鶴見線の旅No.05】大川駅

  大川支線の終点・大川駅を訪問します。首都圏で最後までチョコレート色の旧型国電が活躍した場です。旧型国電が活躍していた頃は日中の運行もあったのですが、現在は朝夕のみ。休日に至っては朝2本・夕方1本の計3本しか電車が来ません。 とはいえ、隣の武蔵白石駅まで約1km・歩いて10分程度ですし、大川駅から歩いてすぐの「日清製粉前」バス停から川崎駅前行のバスが1時間に1~2本出ていますので、大川駅からの電車に乗り遅...

catalog image

【鶴見線の旅No.04】国道駅

  昭和の雰囲気を今に伝える国道駅。駅前を国道1号線(現在の国道15号線)が通っているから、というのが駅名の由来です。1930(昭和5)年に鶴見臨港鉄道の駅として開業して以来、駅の佇まいは全くと言っていいほど変わっていないといいます。 ▼国道駅。その名のとおり、駅の前を国道が通っています。  ▼駅の佇まいは、80年前の開業時から全くと言っていいほど変わっていないといいます。  ▼今も残る木枠の改札設備。  ▼急...

catalog image

【鶴見線の旅No.03】海芝浦駅

  今回ご紹介するのは海芝浦駅。この駅抜きで鶴見線を語ることはできません。ホームが海に面しており、駅の周辺が企業の私有地になっているので改札の外へは出られません。個性的な駅が多い鶴見線の中でも特異な存在となっています。 ▼終点・海芝浦に到着です。ホームの反対側は…海!  ▼「関東の駅百選」に認定されています。  ▼周辺は大手電機メーカーの私有地なので、改札の外へは出られません。代わりに…。  ▼同社が運...

catalog image

【鶴見線の旅No.02】扇町駅

  鶴見線はもとからJR(=旧国鉄)の路線だったわけではなく、鶴見臨港鉄道という会社の路線を、戦時中の1943(昭和18)年に国有化したものです。鶴見臨港鉄道は1926(大正15)年には、現在の路線の一部を貨物線として既に開業させています。 「鶴見線開業80周年」とは厳密には、国有化される以前の1930(昭和5)年10月28日、鶴見臨港鉄道が本線(鶴見~扇町間)の旅客営業運転を開始してから今年で80周年を迎えることを指し...

catalog image

【鶴見線の旅No.01】80周年記念パス

  2010(平成22)年、JR東日本の鶴見線・南武支線が開業80周年を迎えます。これを記念して、9月18日から「鶴見線・南武支線開業80周年記念パス」の発売が開始されました。 鶴見線は、鶴見駅から横浜・川崎市内の京浜工業地帯へ向かう、全長9.7kmの路線です。工場への通勤客輸送が主な役割ですが、昼間は列車の本数が極端に少ないことや、ほとんどが無人駅であることなど、都会でありながらローカルムード満点な路線として知ら...