catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.10】厄除け巡浴外湯めぐり

 渋温泉の外湯(共同浴場)には各々スタンプが設置されていて、祈願手拭いにスタンプを押しながら巡ることができます。手拭いに9つ全ての外湯のスタンプを押したら、温泉街を見下ろす「渋高薬師」へ参詣。 薬師にもスタンプが設置されており、受印すれば満願成就。九(苦)労を流し、厄除け、安産育児、不老長寿のご利益があるといわれています。 ▼温泉街を一望することができる場所にある…。  ▼「渋高薬師」。78段の石段を登...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.09】九番湯 渋大湯

 「渋共同浴場めぐり」の9回目。九番湯の「渋大湯」を訪問します。9つある渋温泉の外湯(共同浴場)のうち、この渋大湯だけは日帰り入浴が可能です。 ▼九番湯の「渋大湯」です。  ▼こちらは建物の反対側。  ▼浴槽は温度調節のため、中央で仕切られています。  ▼金気臭のある黄褐色の温泉が注がれています。  ▼木造の壁と床が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。  ▼脱衣場も木を使った落ち着いた造り。  ▼なんと蒸...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.08】八番湯 神明滝の湯

 9つある渋温泉の外湯(共同浴場)を巡るシリーズ。八番湯は「神明滝の湯」です。裏手にある神明山から湧出し、昔は打たせ湯のようにお湯が落ちていたので、この名が付いたそうです。 ▼「神明滝の湯」です。  ▼浴室はお世辞にも広いとは言えません。  ▼浴槽も3~4人が入れば一杯に。  ▼それでも…。  ▼風情ある佇まいは筆舌に尽くしがたいものがあります。  ▼近くには「金具屋」という歴史ある旅館があります。  ▼映...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.07】七番湯 七操の湯

 「渋共同浴場めぐり」の7回目。七番湯の「七操の湯」を訪問します。最初は温泉が7本の滝となって湯舟に流れ落ちていたとのこと。また7つの病気に効くとか、7回入れば病気が全快するなどと言われており、この名前が付いたそうです。 ▼「七操の湯」です。  ▼浴場には、ほぼ正方形の浴槽が1つ。  ▼何だか湯船の中が汚れているなあと思ったら…。  ▼湯の花でした。貼り紙がある位ですので、同様の勘違いが多いのでしょう。  ...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.06】六番湯 目洗いの湯

 今回の「渋共同浴場めぐり」は、六番湯の「目洗いの湯」をご紹介します。眼病に効能があるためにこの名が付けられたようです。 ▼「目洗いの湯」です。  ▼浴槽は細長い形をしています。  ▼浴槽も床も…。  ▼湯口も木造りです。  ▼渋温泉には至る所にこうした狭い通路があります。風情がありますね。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    長野県下高井郡山ノ内町渋温泉 地図 ・電話番号  なし  ・営業時間 ...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.05】五番湯 松の湯

 9つある渋温泉の外湯(共同浴場)を巡るシリーズ。五番湯は「松の湯」です。地獄谷温泉からの引湯を祝って「松竹梅」から1文字取ったのが、名前の由来だそうです。 ▼「松の湯」です。竹の湯からは目と鼻の先にあります。  ▼タイル張りの綺麗な浴室。リニューアルされたようです。  ▼唯一木製なのがこの湯口。  ▼湯船に浸かり、天井を見上げて…。幸せなひと時。  ▼建物の近くで何やら湯気がもうもうと…。  ▼ここから温...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.04】四番湯 竹の湯

 渋温泉に9つある外湯(共同浴場)。四番湯は「竹の湯」です。竹の湯という名前の由来は、地獄谷温泉から竹を使って引湯したというものや、引湯を祝って名前を「松竹梅」から取ったというものなど、諸説あるようです。 ▼四番湯の「竹の湯」です。  ▼浴槽は縁も底もすべて木製です。  ▼熱いお湯が注がれています。  ▼それぞれ個性があって、渋温泉の外湯めぐりは飽きることがありません。 <データ(訪問日時点)>  ・所...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.03】三番湯 綿の湯

 渋温泉に9つある外湯(共同浴場)。三番湯は「綿の湯」です。二番湯の笹の湯から湯田中方面にほんの80mほど歩いて行ったところにあります。 ▼「綿の湯」です。  ▼浴槽は3~4人入れば一杯になりそうなサイズです。  ▼かけ湯の設備もあります。  ▼入浴すると…。  ▼切傷やおできの「わたわた」が取れることから…。  ▼その名がついたといわれています。  ▼宿泊した翌朝の横湯川の風景。  ▼次の温泉を目指しましょう。...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.02】二番湯 笹の湯

 渋温泉に9つある外湯(共同浴場)。二番湯は「笹の湯」です。一番湯の初湯から湯田中方面にほんの50mほど歩いて行ったところにあります。 ▼昔、笹薮から温泉が湧いていたので、この名前が付けられたのだそうです。  ▼台形のような形をした浴槽。  ▼訪問時はお湯張り中でした。ありがたく一番風呂を頂戴します。  ▼付近を流れる横湯川の橋に掲げられている「渋・温・泉」の提灯。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地 ...

catalog image

【渋共同浴場めぐりNo.01】一番湯 初湯

 長野県・山ノ内町にある湯田中温泉郷の一つ、渋温泉は、1,300年前に行基が発見したといわれ、豊富な湯量と泉質が特長です。 渋温泉の温泉街には9つの外湯(共同浴場)があり、宿泊者には外湯の鍵が貸し出され、無料で入浴することができます。 一番湯から九番湯まで名前が付けられていますので、まずは一番湯から訪問してみましょう。 ▼渋温泉の宿泊者に貸し出される外湯の鍵。これで共同浴場巡りをします。  ▼こちらは一番...