catalog image

氏家かきめし弁当(北海道/厚岸駅)

 「牡蠣等の煮汁とひじきでご飯を炊き上げ、カキ・ツブ・アサリの海の幸と、フキ・シイタケ等の山の幸を盛り付けた昔ながらのこだわり弁当、蓋を開けると磯の香り、濃厚な旨みがぎっしり詰め込んだ伝統の味を是非ご賞味下さい。」(公式HPより) ▼1917(大正6)年創業…ということは2017(平成29)年で創業100周年。老舗の駅弁屋さんです。  ▼お目当てはもちろん、「氏家かきめし弁当」1,080円(訪問日当時)。  ▼ご飯の上...

catalog image

鰹一本釣り弁当(鹿児島県/鹿児島中央駅)

 「試行錯誤をかさね半年をかけて開発いたしました。鰹だしを用いた鰹そぼろ入り炊き込みごはん、枕崎ぶえん鰹のづけの蒸し焼き、かつお出汁の出汁巻きたまご、鰹の腹皮の南蛮つけなど、鰹の町枕崎にふさわしい、とことん鰹にこだわったお弁当です。」(公式HPより) ▼鹿児島中央駅で購入。850円(掲載日時点)。第5回九州駅弁ランキング4位。 <参考HP>  ・「株式会社ぶるぺん」(公式HP)  訪問日:2008年8月20日...

catalog image

御弁当(鹿児島県/吉松駅)

 JR九州の肥薩線と吉都線が乗り入れる吉松駅。この駅には今では珍しくなった駅弁の立ち売りがあります。駅弁の名は「御弁当」。何と潔いネーミングでしょうか。 調製元は「たまり」という老舗の駅弁屋さん。九州新幹線開通に伴い誕生した特急「はやとの風」の運転開始を受け、駅弁の立ち売りが復活したそうです。 ▼「御弁当」630円(訪問日当時)。今は650円に値上がりしたようです。  訪問日:2008年8月20日...

catalog image

母恋めし(北海道/母恋駅)

 JR北海道・室蘭本線の母恋駅で販売されている「母恋めし」は、2002(平成14)年に誕生した比較的新しい駅弁。地元の室蘭郷土料理コンクール(弁当の部)で最優秀賞を獲得したこともあるそうです。 ▼JR北海道・室蘭本線の母恋駅に降り立ちました。「母恋めし」を購入します。  ▼ピンクの柄の風呂敷に包まれた「母恋めし」。  ▼訪問日当時の価格は失念しましたが、現在は1,058円で販売。  ▼中には、ホッキを使ったおに...

catalog image

かにめし(北海道/遠軽駅)

 駅弁のかにめしといえば長万部駅が有名ですが、ここ遠軽駅のかにめしも根強い人気があります。調製元は「おかむら」。柔らかく風味ある蟹のほぐし身に加え、いり卵と紅ショウガが食欲をそそります。 ▼かにめし900円(訪問日当時)。  ▼遠軽駅の売り子さんから購入。特急「オホーツク6号」の車内にていただきました。  訪問日:2010年5月17日...

catalog image

旭岳べんとう(北海道/旭川駅)

 北海道・旭川駅の駅弁「旭岳べんとう」。標準的な幕の内弁当ですが、味がよくしみ込んだ煮物や、ボリュームあるかに爪フライなど、おかず一品一品にこだわりが感じられます。 ▼「旭岳べんとう」890円(訪問日当時)。  ▼シュウマイの箇所には、いか飯や豚角煮が入っていることもあるようです。 <参考HP>  ・「旭川駅立売」(公式HP)  訪問日:2010年1月2日...

catalog image

鶏めし(秋田県/大館駅)

 秋田県・大館駅の駅弁「鶏めし」。「東の大館・西の折尾」と称され、鶏めしとしてはトップクラスの人気・知名度を誇ります。調製元である「花善」のHPを見ると、多くのメディアで高い評価を受けているようです。 ▼「鶏めし」850円(訪問日当時)。特急「いなほ8号」の車内にて。  ▼対向する寝台特急「日本海」が遅れたため、運良く駅の売店で買うことができました。 <参考HP>  ・「大館駅駅弁 鶏めし 花善」(公式H...

catalog image

ニシン・カズノコ弁当(北海道/名寄駅)

 東西南北に路線が延び、鉄道交通の要衝としての役割を果たしてきた、北海道・名寄駅。その名寄駅の駅弁は、「角舘(かくだて)商会」という会社が調製元。豊富な種類と独特のアレンジによって、多くの駅弁ファンを魅了してきました。 名寄本線と深名線という「両腕」を失った名寄駅は、乗換駅から単なる中間駅へ…。そんな状況下で駅弁というビジネスモデルが成り立つわけもなく、創業100年を翌年に控えた2009(平成21)年6月末...

catalog image

北海道旅弁当(北海道/札幌駅)

 札幌駅から出発するJR北海道の特急列車が車内販売用に積み込むのが、この「北海道旅弁当」です。ごはんに北海道産米「ななつぼし」を使用しているのをはじめ、帆立貝や鮭昆布巻き、牛肉の煮物など、道内各地の食材にこだわった内容が「売り」です。 ▼「北海道旅弁当」1,000円(訪問日当時)。  ▼道内各地の食材にこだわった幕の内弁当です。  ▼釧路行「スーパーおおぞら」の車内でいただきました。 <参考HP>  ・「...

catalog image

小鯛ずし(兵庫県/城崎温泉駅)

 旅の途中で城崎温泉駅に立ち寄り、駅弁「小鯛ずし」を買いました。『小鯛を三枚に卸し、塩漬けしたものを甘酢にくぐらせて押し寿司にしました。』(駅弁を販売する株式会社たで川のHPより)  ▼「小鯛ずし」870円。容器が魚の形をしています。  ▼城崎温泉駅は、観光客で賑わいます。  <参考HP>  ・「こうのとりの郷の駅弁屋 株式会社たで川」(公式HP)  訪問日:2008年8月16日...

catalog image

ほっきめし(北海道/苫小牧駅)

 北海道・苫小牧市は、ホッキ貝(北寄貝)の漁獲高が日本一。そのホッキ貝をふんだんに使った駅弁が、苫小牧駅の「ほっきめし」です。 炊き込み御飯の上に敷き詰められたホッキ貝は、プリプリしていて最高の歯ごたえ。柔らかさもちょうど良いです。また、御飯の中にもホッキ貝の貝柱やひもが入っています。 ▼ご当地ビールはお約束。  訪問日:2006年8月1日...

catalog image

いかめし(北海道/森駅)

 超有名駅弁、いかめし。「生イカの胴に生米(うるち米ともち米の混合)をつめて甘辛のたれでじっくり炊きあげた人気駅弁」(いかめしを販売する株式会社いかめし阿部商店HPより)。 出張や旅行時、列車で北海道入りするときは、これがないと始まりません。今や、駅売りよりも、デパートなどでやっている「駅弁大会」での販売量が圧倒的に多いとのことですが、やはり駅弁は列車に乗って景色を眺めながら楽しみたいものです。 ...