catalog image

阿下喜駅(三重県/いなべ市)

 三岐鉄道・北勢線の終点・阿下喜(あげき)駅を訪問します。1931(昭和6)年に北勢鉄道の駅として開業後、度重なる社名変更や事業譲渡を経て2003(平成15)年に三岐鉄道の駅となりました。 なお北勢線は、日本では数少なくなったナローゲージ(レール幅762mm)の旅客鉄道路線の一つです。日本で同じレール幅の路線は北勢線の他、同じく三重県の四日市あすなろう鉄道と富山県の黒部峡谷鉄道しかありません。 ▼度重なる社名変更...

catalog image

近江鉄道の起終点四景

 近江鉄道は滋賀県東部で鉄道・バス事業を行う地方私鉄です。鉄道は本線(米原~貴生川)・多賀線(高宮~多賀大社前)・八日市線(近江八幡~八日市)の3路線から構成されていますが、HP等では全路線が4つの区間に分けられ、夫々の区間に愛称とラインカラーが設定されています。 2018(平成30)年8月、近江鉄道に4つある起終点駅を訪問しましたので、その時の様子をご紹介します。訪問時に使用した切符は1日乗車券の「1デイス...

catalog image

富岡駅(福島県/富岡町)

 2011(平成23)年3月11日の東日本大震災により全線が不通になって以降、JR東日本・常磐線は復旧工事により運転再開区間が徐々に拡大してきました。2017(平成29)年10月21日には竜田~富岡間が復旧、不通区間は富岡~浪江間20.8kmを残すのみとなっています。 過去に南側の終点だった広野駅・竜田駅に続き、今回は現時点での終点・富岡駅を訪問したいと思います。なお、JR東日本は不通区間を2020(令和2)年3月までに復旧す...

catalog image

和歌山港駅(和歌山県/和歌山市)

 南海電気鉄道の電車に乗って、和歌山港線の終点・和歌山港駅に降り立ちます。かつて和歌山港線は和歌山港駅より一つ先の水軒駅が終点でしたが、2002(平成14)年に和歌山港~水軒間が廃止、和歌山港駅が終点となりました。 ▼南海電気鉄道の電車に乗って、和歌山港線の終点・和歌山港駅にやって来ました。  ▼島式1面2線のホームを持つ盛土駅です。ホーム部分が3階に相当します。  ▼改札口はホームから階段を下りた2階部分に...

catalog image

西藤原駅(三重県/いなべ市)

 「三岐線の終着駅である西藤原駅は、蒸気機関車を2両並べた外観のユニークな駅舎です。また、駅舎プラットホームの一部を利用して作られた駅前公園では、三岐鉄道開業時の蒸気機関車など3両の鉄道車両を展示しており、全面が芝生で覆われた公園として、ご家族連れのグループや地域の皆様をはじめとした多くの方々に、憩いの場としてご利用いただいております。 さらに西藤原駅は、鈴鹿山脈北部・藤原岳の登山口ともなっており、...

catalog image

枕崎駅(鹿児島県/枕崎市)~2018炎暑

 鹿児島県・指宿市の枕崎駅は、JRグループで日本最南端を走る指宿枕崎線の終点です。駅には「本土最南端の始発・終着駅」の碑が設置されています。 2006(平成18)年までは現在の場所から少し離れたところに旧駅舎とホームがありました。その後、駅は現在の場所に移動、2013(平成25)年には新駅舎も完成しました。 新駅舎完成前だった前回訪問から7年近くが経った2018(平成30)年11月に再訪の機会が得られましたので、最新...

catalog image

玉ノ井駅(愛知県/一宮市)

 愛知県・一宮市にある名古屋鉄道(名鉄)の玉ノ井駅。1914(大正3)年の開業当初は途中駅でしたが、1959(昭和34)年に休止中だった玉ノ井~木曽川港間が廃止され、尾西線の終点となりました。 ▼玉ノ井駅に到着した電車から改札口へ向かう人々。  ▼名古屋鉄道(名鉄)・尾西線の終点です。  ▼ここから先の線路はありません。  ▼駅の開業は1914(大正3)年。  ▼開業当初は途中駅でしたが…。  ▼1959(昭和34)年に休止...

catalog image

ことでんの終点三景

 高松琴平電気鉄道(通称「ことでん」)は香川県・高松市に本社を置く鉄道会社です。琴平線(高松築港~琴電琴平32.9km)、長尾線(瓦町~長尾14.6km)、志度線(瓦町~琴電志度12.5km)の3路線を運行しています。 他社からの譲渡車両が多く活躍していることで有名で、その出自も京急や京王、名古屋市営地下鉄…と多岐にわたっています。また、大正・昭和初期に製造されたレトロ電車が動態保存されており、月1回の特別運行日には...

catalog image

能古島内線(福岡県/福岡市)~後編

 西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」。前編に続き後編では、終点「アイランドパーク」の様子と渡船場を経由して姪浜まで戻るまでをご紹介したいと思います。 ▼8時10分、朝一番のバスに乗って終点「アイランドパーク」に到着しました。  ▼「のこのしまアイランドパーク」の最寄りバス停ですが…。  ▼訪問したのが開園時刻の9時よりも前だったため、周囲は閑散としています。  ▼バスは建物ヨコにあるペンキ...

catalog image

能古島内線(福岡県/福岡市)~前編

 博多湾のほぼ中央に浮かぶ人口約720人の能古島(のこのしま)。大都市のすぐ近くにありながら、わずか10分の船旅で自然を満喫できるとあって、週末やシーズン中は多くの行楽客で賑わいます。 行楽客の多くは港から路線バスを使って島の北端にある「のこのしまアイランドパーク」へ向かいます。この路線バスこそ、西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」です。 2018(平成30)年6月のとある平日に能古島を訪問しま...

catalog image

上松永(三重県/木曽岬町)

 木曽三川の河口部に位置する三重県・木曽岬町(きそさきちょう)。トマト生産が盛んで、三重県の総出荷量の約6割を占める農業の町です。郵便配達は隣の愛知県の郵便局が行うなど、生活基盤の一部は愛知県側に依っています。 以前は三重交通が町内に路線バスを運行していましたが2007(平成19)年に廃止、以降は町が自主運行バスを走らせています。今回は2路線ある自主運行バスのうち、中央線の終点・上松永を訪問します。 ▼出...

catalog image

東名古屋港駅(愛知県/名古屋市)

 名古屋鉄道(名鉄)・築港線は大江~東名古屋港間1.5kmを結ぶ路線で、中間駅はありません。終点の東名古屋港駅付近の工場への通勤客を輸送するため、旅客列車は朝夕のみ運転されます。また、同駅近くには全国でも珍しい平面交差(ダイヤモンドクロッシング)があります。 ▼名鉄・常滑線の大江駅から…。  ▼東名古屋港方面へ向かうため…。  ▼東名古屋港行の列車に乗り込みます。正面には行先系統板が掲げられており…。  ▼行...

catalog image

妙見山上(大阪府/豊能町)

 阪急バス・東能勢線の137系統は、大阪府・豊能町の余野から妙見山上に至る路線です。妙見山への行楽客を輸送するため、日祝のみ2往復が運行されていましたが、 2019(令和元)年7月13日の改正で路線廃止となりました(最終運行日は2019年7月7日)。2011(平成23)年9月に訪問した際の様子をご紹介したいと思います。 ▼池田駅から126系統・牧行きバスに乗って余野バス停で下車、137系統・妙見山上行きに乗り換えます。  ▼当時...

catalog image

広電宮島口駅(広島県/廿日市市)

 広島電鉄・宮島線の終点「広電宮島口駅」に降り立ちます。その名のとおり、宮島(正式名は厳島)の玄関口として、駅前からは宮島行きのフェリーが発着する賑やかな場所にあります。 ▼広島市の中心街で広島電鉄の路面電車に乗車し…。   ▼約1時間かけて、広電宮島口駅にやって来ました。  ▼現在の駅舎は、1994(平成6)年に改築されたものだそうです。  ▼観光客が多く行き交う駅前からは…。  ▼宮島へ向かうフェリーが発...

catalog image

碧南駅(愛知県/碧南市)

 名古屋鉄道・三河線の終点・碧南駅。1914(大正3)年の開業当時は大浜港駅という名前でしたが、1954(昭和29)年に現在の碧南駅へ改称、以降は長らく三河線の途中駅としての役割を果たしてきましたが、2004(平成16)年の碧南~吉良吉田間廃止に伴い、終着駅となりました。 ▼現在の駅舎は1947(昭和22)年竣工の二代目になります。トイレは新しく建てられたもののようです。  ▼2004(平成16)年まで、三河線は碧南駅から先の...

catalog image

宇美駅(福岡県/宇美町)

 JR九州・香椎線の終点・宇美駅を訪問しました。かつては旧日本国有鉄道(国鉄)・勝田線との接続駅でしたが、勝田線の宇美駅はもともと香椎線の宇美駅から100mほど離れた場所にありました。その勝田線も1985(昭和60)年には廃止されています。 ▼JR九州・香椎線の終点・宇美駅にやって来ました。香椎線のキハ40系気動車は間もなく見納めです。  ▼宇美駅の駅名標。  ▼駅の先は行き止まりです。  ▼以前は有人駅でしたが...

catalog image

女川駅(宮城県/女川町)

 東日本大震災以降しばらくの間、浦宿駅どまりだったJR東日本・石巻線。震災から4年余りが経った2015(平成27)年3月21日、終点の女川駅が新駅舎とともに復旧しました。 ▼2017(平成29)年の暮れ、復旧後初めて女川駅に降り立ちました。  ▼駅前広場にあるイルミネーションツリー。  ▼駅舎前には足湯の設備もあります。  ▼新しい女川駅は、従来の場所から約200m内陸側に移されたそうです。  ▼女川駅は完全復活しました...

catalog image

岳温泉(福島県/二本松市)

 JR東日本・東北本線の二本松駅前から福島交通の路線バスで約25ほどで、終点「岳温泉」に到着します。その名のとおり、岳温泉の温泉街の中心にあるバスターミナルです。 ▼福島県・二本松市の岳温泉。温泉街の中心に…。  ▼岳温泉のバスターミナルがあります。発着するバスを覆う建物には…。  ▼「福島交通岳温泉駅」の文字が。昔はバスターミナルを「駅」と呼ぶこともあったようですね。  ▼ターミナルの隣にある観光協会。...

catalog image

根室駅(北海道/根室市)

 JR北海道・根室本線の終点、根室駅に降り立ちます。1921(大正10)年の開業時は日本最東端の駅でしたが、1929(昭和4)年から1959(昭和34)年までは根室拓殖鉄道の歯舞駅に、1961(昭和36)年以降は新設された東根室駅にその座を譲っています。 ▼まずは、2013(平成25)年1月訪問時の様子。  ▼日の短い冬の朝、根室駅に降り立ちました。  ▼根室駅の隣にあるバスセンター兼観光案内所から、納沙布岬等へ向かう路線バスが...

catalog image

水間観音駅(大阪府/貝塚市)

 水間鉄道は貝塚駅~水間観音駅間5.5kmの鉄道路線を運営する会社です。バブル崩壊によって不動産事業が不振に陥り、2005(平成17)年に会社更生法適用を申請、飲食店経営の会社によって再建されたという数奇な運命をたどっています。今回はこの鉄道の終点・水間観音駅を訪問したいと思います。 ▼水間観音駅舎。水間寺、通称水間観音の最寄り駅です。  ▼駅の構内には…。  ▼昔ながらのローカル線の雰囲気が残っています。  ▼...

catalog image

浜寺駅前停留場(大阪府/堺市)

 1912(明治45)年に阪堺電気軌道開通と同時に開業した阪堺線の終点・浜寺駅前停留場。その後、鉄道の運営会社は幾度もの変遷を経てきたものの、味のある駅の佇まいは変わらぬままです。 ▼浜寺駅前停留場の駅舎。  ▼駅舎には定期券発売所があり、営業時間中は定期券や回数券を購入できます。  ▼日中、電車は12分間隔でやって来て、我孫子道方面へ戻って行きます。  ▼停留場から約100mのところに、南海電気鉄道・南海本線の...

catalog image

東鹿越駅(北海道/南富良野町)

 2016(平成28)年8月の台風10号による豪雨の影響で、今も一部区間が不通になっている根室本線。不通区間の西端・東鹿越駅は、付近に石灰石の採掘工場とかなやま湖があるだけの静かな無人駅です。 利用者も少ないため、一度はJR北海道が地元自治体に駅の廃止を申し入れましたが、台風豪雨の影響で図らずも鉄道の終点となってしまったため、営業を続けています。 ▼20時少し前、富良野方面からの列車が部活帰りの高校生たちを乗...

catalog image

勝山駅(福井県/勝山市)

 福井県・勝山市にある勝山駅は、えちぜん鉄道・勝山永平寺線の駅です。以前は路線が京福大野駅までだったため中間駅でしたが、1974(昭和49)年に勝山駅~京福大野駅間が廃止となり、同駅は終着駅となりました。 訪問したのは2008(平成20)年3月と2011(平成23)年8月でしたが、その後、2011(平成23)年11月には駅前ロータリーが完成、2013(平成25)年10月には駅舎が改修され、駅や駅周辺の雰囲気は大きく変わったようです。...

catalog image

朽木学校前(滋賀県/高島市)

 「朽木学校前」は滋賀県・高島市にある京都バス10系統の終点です。京都バス10系統は出町柳駅前を出発すると国道367号線沿いに八瀬駅前、大原を経て滋賀県に入り、葛川、栃生を経て朽木学校前に至ります。 京都府から隣県・滋賀県へ越県する唯一の路線で所要時間は1時間半ほど。以前は毎日運行されていましたが、2011(平成23)年から春から秋にかけての土休日のみ1日2往復の運行となりました。 ▼出町柳駅前で10系統「朽木学校...

catalog image

上二ツ家(青森県/八戸市)

 八戸市交通部が運行しているバス路線の終点の一つ「上二ツ家(かみふたつや)」を訪問します。国道340号線沿いにあるこの終点は、南部バス八戸営業所に隣接しています。 なお南部バスは2016(平成28)年11月の民事再生手続きの申し立てを経て、2017(平成29)年3月より「岩手県北自動車 南部支社」として再スタートを切っています。 ▼国道340号線沿いにある南部バス八戸営業所。  ▼営業所前には南部バスのバス停標識がありま...

catalog image

岳南江尾駅(静岡県/富士市)

 岳南電車・岳南線は、静岡県・富士市の吉原駅と岳南江尾駅を結ぶ9.2kmの路線です。かつては近隣工場の貨物輸送を行っていましたが、貨物輸送は2011(平成23)年度をもって廃止となり、厳しい経営が続いています。2013(平成25)年4月に、鉄道事業が岳南鉄道株式会社から子会社の岳南電車株式会社へ移管されました。 ▼訪問したのは2010(平成22)年9月。分社化前の岳南鉄道時代です。  ▼JRからの乗換駅である吉原駅から20分...

catalog image

金浜小学校前(青森県/八戸市)

 八戸交通部・種差線は、中心街や鮫、旭ヶ丘営業所から岬台団地北口を経て金浜へ至る路線です。途中、海岸沿いや狭隘な道路を走る区間もあり、乗りごたえ十分です。今回は種差線の終点「金浜小学校前」を訪問します。 ▼中心街(八日町)から出発するする「金浜小学校前」行き。  ▼終点の「金浜小学校前」は…。  ▼民家数軒の他、付近には何もありません。  ▼バスはここで5分程度停車して、また出発していきます。  ▼全日...

catalog image

稚内駅(北海道/稚内市)

 北の大地に憧れ、最北端を目指してやって来る旅人たちを迎え入れてきたJR北海道・宗谷本線の稚内駅。45年間使用されてきた3代目駅舎は2011(平成23)年4月に役目を終え、新駅舎(駅ビル)が開業しました。 ▼晴れの日も…。  ▼雪の日も…。  ▼旅人を温かく受け入れてきた3代目駅舎。  ▼2010(平成22)年1月の訪問時、新駅舎(駅ビル)は建設中。  ▼宗谷バスの旧駅前ターミナル。こちらも駅ビル開業と同時に閉鎖・移転。...

catalog image

竜田駅(福島県/楢葉町)

 2014(平成26)年6月1日の広野~竜田間の運転再開により、仮の終着駅となったJR東日本・常磐線の竜田駅。2017(平成29)年5月某日の朝、浪江駅からの代行バスで竜田駅に到着すると、ちょうど下り電車が駅のホームに入ってくるところでした。 電車から降りた人は意外と多く、ほとんどがスーツ姿。みな駅広場から少し離れた空き地を発着する貸切バスに吸い込まれていきました。電力会社や役場の関係者でしょうか。 常磐線の残...

catalog image

浪江駅(福島県/浪江町)

 東日本大震災に伴う原発事故により出されていた避難指示解除に伴い、2017(平成29)年4月1日よりJR東日本・常磐線の浪江~小高間の運転が再開されました。運転再開から1ヶ月余り経った5月、朝の原ノ町駅から浪江行き電車に乗車しました。 2両編成の電車が原ノ町駅を出発する時には地元の高校生がたくさん乗っていましたが、みな小高駅で下車。そこから先は10名ほどの乗客しかいませんでした。浪江駅周辺も人は疎ら。復興に向...