catalog image

百合居温泉(長野県/栄村)

 2011(平成23)年3月12日の長野県北部地震で大きな被害を受けた長野県・栄村。今回は村内にある「百合居温泉」を訪問したいと思います。プレハブ小屋の質素な佇まいですが泉質や湯使いは素晴らしく、村民憩いの場として親しまれています。 ▼JR東日本・飯山線の横倉駅に降り立ちました。  ▼途中、千曲川に架かる橋を渡り、駅から歩いて15分ほどで…。  ▼田んぼの中にプレハブ小屋が見えてきます。  ▼こちらが「百合居温泉...

catalog image

沓掛温泉 小倉乃湯(長野県/青木村)

 「沓掛温泉は上田市の西、青木村役場から鹿教湯温泉に抜ける山間の途中にあり、旅館3件の小さな温泉地です。平安時代、国司の滋野親王が目を患い入浴したところ完治したので、薬師堂を建立し温泉守護神を崇めて開湯されたという歴史ある温泉です。 地名の旧称から『浦野の湯』と呼ばれた時代もあり、文化7年(1810年)『旅行用心集諸国温泉292ヶ所』にも記載されるほど、昔は湯治客で大変賑わい、近隣の温泉地をはるかにしのい...

catalog image

田沢温泉 有乳湯(長野県/青木村)

 「十観山の山間にある飛鳥時代後半の開湯と言われる田沢温泉は、昔から子宝の湯として、また乳の出が良くなる温泉としても知られています。 小さな温泉街には、島崎藤村の『千曲川のスケッチ』にも登場する『ますや』など古き良き湯治場の歴史を感じさせる木造の旅館が並んでいます。 ややぬるめの湯にじっくりと浸かると、ゆったりとした時間が流れ、日頃の喧噪と慌しさをわすれさせてくれる温泉地です。」(青木村HPより)...

catalog image

からまつの湯(北海道/中標津町)~2019厳寒

 前回訪問から4年余りが経った2019(平成31)年1月、北海道・中標津町にある養老牛温泉の無料露天風呂「からまつの湯」を再び訪問する機会に恵まれました。 ▼養老牛温泉へ向かう途中の道で。裏摩周を通って斜里へ抜けるルートは冬季閉鎖です。  ▼無料露天風呂「からまつの湯」に到着しました。  ▼自然に囲まれた、何も変わらない風景。  ▼バウシベツ川沿いにある浴槽も以前と変わりありません。  ▼浴槽にコンコンと源泉...

catalog image

標茶温泉 富士温泉(北海道/標茶町)

 「標茶町市街地にある温泉旅館で、大衆銭湯としても昔から利用されております。薄い茶褐色の温泉で、源泉100パーセントのかけ流しの温泉です。」(標茶町観光協会HPより) ▼北海道の道東・標茶町の市街地にある…。  ▼「標茶温泉 富士温泉」にやって来ました。入浴料は360円(訪問日当時)でした。  ▼浴室です。山々を描いた壁画が印象的。  ▼円形と長方形の浴槽は薄い茶褐色のモール泉で満たされています。  ▼素晴ら...

catalog image

憩の家 かや沼(北海道/標茶町)※閉業※

 「『憩の家かや沼』の温泉は、釧路湿原国立公園で唯一の天然温泉です。恵まれた泉源環境から、全ての浴槽で循環使用や再湧かし無しの天然温泉掛け流しであることが自慢です。 大浴場は男女ともに4つの浴槽と打たせ湯があり、湯冷めしにくく肌に優しい温泉です。いつ入っても清潔で気持ちのよい天然温泉を、ぜひお楽しみください。」(公式HPより) ▼北海道・標茶町の釧路湿原近くにある…。  ▼「憩の家 かや沼」にお世話に...

catalog image

真賀温泉館(岡山県/真庭市)

 「旭川沿い国道313号から階段を少し上がった所にある風情のある木造共同浴場『真賀温泉館』。付近の温泉宿の湯元となっており、天然の岩風呂がある湯治場として古くから知られています。 岩の割れ目から湧き出す温泉を天然石で囲った浴槽は、男湯、女湯家族湯、幕湯に分かれており、底は天然の岩盤でできています。岩盤に直接穴を空け、差し込んだ竹筒から流れ出る温泉は、風情満点です。」(湯原温泉郷HPより) ▼岡山県・真...

catalog image

湯原温泉 砂湯(岡山県/真庭市)

 「湯原温泉の原風景で昔そのままの天然の露天風呂です。川底の砂を噴き上げながらお湯が湧いている事から『砂噴き湯:砂湯』と呼ばれています。地元の皆さんにより管理され無料で開放されています。塩素添加による消毒や濾過装置など使っていませんので利用者のマナーが求められます。」(湯原温泉郷HPより) ▼岡山県・真庭市の湯原温泉にやって来ました。  ▼湯原温泉の案内板。砂湯は温泉街の一番奥にあります。  ▼湯原...

catalog image

奥津温泉(岡山県/鏡野町)

 「美作三湯の一つ奥津温泉は江戸時代より開かれ、温泉街となってきたのは大正時代のこと。『足踏み洗濯』が行われる露天風呂を中心に、川沿いにしっとり風情のある老舗旅館や民宿が立ち並びます。」(「かがみの旅とくらし」HPより) ▼岡山県・鏡野町にある奥津温泉にやって来ました。  ▼温泉街の駐車場にある案内板と…。  ▼温泉スタンド。  ▼吉井川に架かる奥津橋を中心に温泉街が広がります。  ▼左岸にあるのが洗濯...

catalog image

開聞温泉(鹿児島県/指宿市)

 鹿児島県・指宿市の「開聞温泉」を訪問します。県道242号線から路地を少し入ったところ、開聞岳の麓から長崎鼻に至る海岸線の林の中に静に佇む共同浴場です。 ▼2018(平成30)年7月の某日…。  ▼鹿児島県・指宿市の山川岡児ケ水地区にある開聞温泉にやって来ました。  ▼開聞岳の麓から長崎鼻に至る海岸線の林の中に静に佇む共同浴場です。  ▼営業時間は9:30~18:00です。  ▼早速、中へ入りましょう。  ▼番台は無人でし...

catalog image

ふれあい温泉 ぼんたん湯(鹿児島県/阿久根市)

 鹿児島県・阿久根市を二分する高松川近くにある阿久根温泉。「美容と健康に効果のある美人湯」として親しまれる強食塩泉は、皮膚病、婦人病に効果があるとされています。  今回は阿久根温泉にいくつかある入浴施設のうち、栄屋旅館の経営する「ふれあい温泉 ぼんたん湯」を訪問し、“美人湯”を堪能したいと思います。 ▼鹿児島県・阿久根市の阿久根温泉にやって来ました。  ▼訪問するのは、「ふれあい温泉 ぼんたん湯」。  ▼...

catalog image

竹屋旅館 本館(鹿児島県/薩摩川内市)

 「地元の観光に熱意を持たれているご主人によって近年リニューアルされた建物は時が止まったような街並みの温泉街にあるためかモダンな雰囲気が際立っています。 1階の内装は現代風に改装されていますが2階や浴場はあえて改修を最低限にとどめ共用の炊事場や2層の湯船など昔ならではの湯治宿の様式を残しています。」(川内高城温泉HPより) ▼鹿児島県・薩摩川内市の川内高城温泉にある「竹屋旅館 本館」で1泊お世話になりま...

catalog image

みやこ温泉(鹿児島県/鹿児島市)

 「地下800mから湧く炭酸水素塩泉で、お肌がツルツルになる美肌の温泉です。湯量豊富で源泉かけ流し、いつ行ってもお掃除がゆきとどいていて、地元の常連さんの笑顔が湯船にはじけます。 きれいな人はさらに綺麗に、よかにせはハンサムに変身。入って良し、飲んで良し、一度入ればとりこになる温泉です。近くには篤姫の屋敷や南洲神社などあり、歴史散策もおすすめです。」(「かごしま銭湯・温泉郷」HPより) ▼鹿児島県・鹿...

catalog image

坂元温泉(鹿児島県/鹿児島市)

 「地元で親しまれている、町の小さな温泉銭湯です。浴室はまわりに視界を遮る建物がないので、明るい陽光が差し込んできます。『流れ風呂』『超音波・気泡風呂』『冷水風呂』、それに『薬草ミストサウナ』が付いています。肌がツルツル・スベスベになる美人の湯は、飲用もできます。」(「かごしま銭湯・温泉郷」HPより) ▼鹿児島市内の坂元地区にやって来ました。目指すはこちらの建物、「坂元温泉」です。  ▼地元の人々に...

catalog image

東温泉(鹿児島県/三島村)

 秘湯ファン・野湯ファンなら誰でも一度は行ってみたいと思う場所…鹿児島県・三島村の「東温泉」。薩南諸島北部に位置する硫黄島という周囲14.5kmの火山島にあります。 ▼ついに鹿児島県・三島村の「東温泉」にやって来ました。  ▼薩南諸島北部に位置する周囲14.5kmの硫黄島…。  ▼東温泉はその硫黄島の南部にあります。これは過去に使用されていた湯船?  ▼岩礁上に造られた湯船は3つ。  ▼そこに自然湧出の源泉が掛け流さ...

catalog image

坂本温泉(鹿児島県/三島村)

 薩南諸島北部に位置する硫黄島。周囲14.5kmの火山島に約120人の島民が住んでいます。島には複数の野湯が存在していて、その中でも「東温泉」は温泉ファンが一度は行きたい場所として、しばしば全国の露天風呂ランキングに取り上げられます。 東温泉を訪問する前に、今回は島の北部にある「坂本温泉」をご紹介したいと思います。無色透明の食塩泉は腰痛・肩こり・神経痛・はれもの等に効果があるそうです。潮の干満によって入浴...

catalog image

ゴールデンランド 木曽岬温泉(三重県/木曽岬町)

 本当に営業しているのだろうかと不安になってしまうその佇まい…。ネットでその存在を知って居ても立っても居られずやって来ました、三重県・木曽岬町の「ゴールデンランド 木曽岬温泉」。 複数のサイトによると、建物入口に「本日4/7より 下水工事 休業します。木曽岬温泉」という貼紙が掲示され、2019(平成31)年4月から休業中のようです。再開はあるのでしょうか。 ▼田園風景が広がる三重県・木曽岬町。右手奥はナガシマス...

catalog image

博多温泉 元祖元湯(福岡県/福岡市)

 福岡県・福岡市の住宅街にひっそりと佇む温泉施設があるのをご存知でしょうか。博多温泉発祥の地として温泉ファンの間では有名な「博多温泉 元祖元湯」です。場所は南区の横手地区というところにあります。 西日本鉄道(西鉄)・天神大牟田線の井尻駅から徒歩15分ほど。大橋駅等からの路線バスでも行くことができます。手作り感あふれる浴室やコンプレッサーによって突如勢いよく噴き出る温泉など、その独特の雰囲気に圧倒され...

catalog image

奥沢温泉 中央湯(北海道/小樽市)

 「国道5号奥沢十字街より393号線を奥沢水源地方向に約1.2kmのところにある銭湯です。奥沢十字街と水源地の中間点にあるために中央湯となったそうです。昭和57年に400m掘削し約32度の温泉が湧き出し、奥沢温泉中央湯として営業しています。 泉質はアルカリ性単純泉で濾過機を使用して衛生に注意しており、爽やかな気分を演出してくれる温泉銭湯ですので一度入浴してみることをお奨めします。」(北海道公衆浴場業生活衛生同業組...

catalog image

松原温泉(北海道/千歳市)

 北海道・千歳市北側の市境付近にある「松原温泉」。国道337号線沿いの看板には「腐植質含有量道内一」の文字が…。そう、ここは濃い目のコーヒー色をしたモール泉で有名な温泉なのです。 ▼国道337号線沿いにある泉郷神社の鳥居。  ▼国道から脇に逸れる小径の先にあるのが…。  ▼松原温泉です。  ▼明治時代に開業した老舗の一軒宿でしたが…。  ▼よく見ると、看板中の「旅館」の文字が消されています。  ▼現在は日帰り入...

catalog image

盤石温泉(北海道/八雲町)~2018新緑

 あの良質な温泉と秘湯感が忘れられず、前回訪問の約1年半後に再び盤石温泉を訪れました。新緑の中に佇む盤石温泉は、雪中のそれとは違った趣で訪問者を迎えてくれます。 ▼道道67号線沿いにある看板。ここから道道を逸れてダート道を進んで行きます。  ▼雪がないため、今回は川を挟んで建物のすぐそばまで車を寄せることができました。  ▼小屋の裏手にある源泉からのパイプを眺めながら、小屋の正面へ…。  ▼約1年半ぶりの...

catalog image

三瓶温泉(島根県/大田市)~後編

  島根県・大田市の三瓶(さんべ)温泉は、三瓶山の南麓にある温泉地です。かつては「志学温泉」と呼ばれ、湯治場として賑わっていた時代の雰囲気を今に残しています。 今回は、JR西日本・山陰本線の大田市駅から路線バスで三瓶温泉を訪問し、温泉街に2軒ある共同浴場での湯浴みを楽しみたいと思います。後編は温泉街の中心にある鶴の湯を訪問します。 ▼亀の湯から温泉街の中心に戻ります。途中の道路からの1枚。  ▼こちら...

catalog image

三瓶温泉(島根県/大田市)~前編

 島根県・大田市の三瓶(さんべ)温泉は、三瓶山の南麓にある温泉地です。かつては「志学温泉」と呼ばれ、湯治場として賑わっていた時代の雰囲気を今に残しています。 今回は、JR西日本・山陰本線の大田市駅から路線バスで三瓶温泉を訪問し、温泉街に2軒ある共同浴場での湯浴みを楽しみたいと思います。前編は温泉街の中心から少し外れた場所にある亀の湯を訪問します。 ▼大田市駅の近くにある石見交通・大田バスセンター。年...

catalog image

鳥山温泉 ゆりの里活性化センター(北海道/乙部町)

 1998(平成10)年、農業・農村の活性化のための施設としてオープンした「ゆりの里活性化センター」。70.3℃のナトリウム-硫酸塩・塩化物泉が掛け流しで楽しむことができる入浴施設もあり、温泉ファンから高い支持を集めています。 ▼良泉があると聞いて、北海道の道南・乙部町にやって来ました。  ▼訪問したのは「ゆりの里活性化センター」。入浴料300円(訪問日当時)を払って中へ入ります。  ▼定休日は月・水・金曜日と多い...

catalog image

濁川温泉 中央荘(北海道/森町)

 北海道の道南・森町にある濁川温泉。1798(寛政10)年に薬師如来像が奉納されたという記録が残る歴史ある温泉です。新栄館に続いて、今回は道道778号線沿いにある「中央荘」で日帰り入浴を楽しみたいと思います。 ▼道道778号線沿いにある「中央荘」の看板とバス停。遠くに見えるのは地熱発電所です。  ▼こちらで日帰り入浴をお願いしたいと思います。  ▼玄関では金時人参を無人販売していました。つめ放題で1回100円…商売す...

catalog image

ホテル四国屋(北海道/長万部町)~2018新緑

 「長万部温泉の源泉宿“ホテル 四国屋”でございます。 北海道は源泉・食材の宝庫。 食材は山・海の幸が新鮮なままご提供できる事が自慢の一つです。 全国にはいろいろな温泉地がございますが、長万部温泉は昭和30年にガスの掘削作業中に偶然発見され、その後温泉街が出来上がった経緯がございます。また、”鉄道の地”として栄えた長万部は街中いたるところに、その頃の片鱗を見ることができます。 最近では、函館と札幌の中心に...

catalog image

留寿都温泉(北海道/留寿都村)

 「源泉100%使用の『ルスツ温泉』は、良質・眺望ともに素晴らしい留寿都自慢の天然温泉。疲労回復やさまざまな慢性疾患に効能を発揮します。 夜間は周囲の木々がライトアップされ、露店風呂感覚を楽しむことができます。ルスツリゾートから洞爺湖方面へ車で4分のところにあります。」(留寿都村HPより) ▼周囲を畑や林で囲まれた場所に建つ一軒の建物…。  ▼2000(平成12)年にオープンした村営の日帰り入浴施設です。  ▼...

catalog image

白老萩野温泉 萩野荘(北海道/白老町)

 北海道・白老町は製紙会社の工場操業開始とともに1960年代から人口が増大し、温泉付き宅地造成と分譲販売が進んできました。今回はその団地群の一つ「太平洋団地」の一角にある「萩野荘」を訪ねます。素泊まりにはなりますが宿泊も可能な温泉宿です。 ▼「萩野荘」は北海道・白老町の団地群の一つ「太平洋団地」の一角にあります。  ▼住宅街の中にある「萩野荘」。  ▼受付で入浴料300円(訪問日当時)を払います。といっても...

catalog image

川又温泉(北海道/登別市)

 川又温泉は北海道・登別市の鉱山町という地区の山中にあります。昔は湯治宿があって付近の炭鉱の鉱夫で賑わったそうですが、台風被害で宿が廃業、以降は温泉が自然湧出するだけの野湯となっています。 ▼登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」付近にある看板。ここからダート道を進んで行きます。  ▼予期せぬ場所に赤と黄色のテープが。路肩崩壊により通行止めです。  ▼やむなく通行止め地点からは徒歩。普段はこの「...

catalog image

リフレッシュプラザ 温泉998(北海道/神恵内村)

 「海水の1.3倍という塩分濃度が特徴で、炭酸ガスも豊富に含まれているので、体がぽかぽかに温まるだけだなくお肌もつるつるになります。他にもいろいろな効果があるようですので、ぜひご利用ください。」(神恵内村HPより) ▼北海道・積丹半島の西側に位置する神恵内村に「リフレッシュプラザ 温泉998」という温泉施設があります。  ▼施設名は、目の前を走る道道998号線に因んで名付けられているようです。  ▼入浴料500円...