Post image

新潟交通の「なまず」

 国内で新潟にしかいない、というバスがあります。新潟市に本社を置く新潟交通の子会社、新潟交通観光バスが所有する通称「なまず」です。 「なまず」は、いすゞ自動車の「P-LV314Q」という型番のバス。北村製作所というメーカーが架装した車体を載せています。車体前面の特徴的な形から、こう呼ばれるようになりました。 1985(昭和60)年から約100台が製造され、新潟交通グループへ限定的に納入されました。現在は経年による...

Post image

ほっきめし(北海道/苫小牧駅)

 北海道・苫小牧市は、ホッキ貝(北寄貝)の漁獲高が日本一。そのホッキ貝をふんだんに使った駅弁が、苫小牧駅の「ほっきめし」です。 炊き込み御飯の上に敷き詰められたホッキ貝は、プリプリしていて最高の歯ごたえ。柔らかさもちょうど良いです。また、御飯の中にもホッキ貝の貝柱やひもが入っています。 ▼ご当地ビールはお約束。  訪問日:2006年8月1日...

Post image

相模屋旅館(福島県/福島市)

 福島県にある新野地温泉「相模屋旅館」。福島市内から国道115号線を西へ。山をかなり上ったところで県道30号線(国道115号線の旧道)に入り、県道をひたすら進むと到着します。 旅館の建物から木道を歩いて行くと露天風呂が。白濁した硫黄泉の掛け流しです。浴槽につかって眺める景色もすばらしく、開放感いっぱいです。 ▼表玄関はホテル風の造りですが…。  ▼風呂へ続く廊下は味わいがあります。  ▼露天風呂です。  ▼建...

Post image

元東急の「青ガエル」

 今でこそ、銀色のステンレス車両が幅を利かせている東京急行電鉄(東急)ですが、昔は濃緑色に塗られた電車が多く活躍していました。 その中でも、1954(昭和29)年に登場した5000系電車は、当時としては高性能&超軽量の画期的な車両でした。下ぶくれの愛嬌ある車体と緑色の塗装から「青ガエル」の愛称で親しまれました。 東急での運用を終えた「青ガエル」は、各地の地方私鉄に譲渡されていきました。しかし、そこでも廃車が...

Post image

レストランおーやま(北海道/夕張市)

 北海道・夕張市にあるレストラン「おーやま」を訪問します。帝国ホテルでシェフとして働いていたオーナーが、地元で本格的な料理をふるまいます。テレビや雑誌で取り上げられる時は、夕張産長芋を使った「長いもハンバーグ」がよく紹介されています。  ▼道沿いに大きな看板があります。  ▼お店は沼ノ沢駅舎内にあります。  ▼鳥の照り焼き定食です。マヨネーズも手作りなんでしょうか、とてもおいしいです。 <データ(訪問...

Post image

どりあん(北海道/根室市)

 エスカロップ。北海道・根室市の名物料理です。タケノコが入ったバターライスの上にトンカツを乗せ、デミグラスソースをかけたもの。 「エスカ」と聞いて知らない根室人はいないといわれるくらい、地元の人にとっては日常的なもので、市内の喫茶店やレストランならどこでも食べられますが、ひとたび根室を出ると、他の地域ではほとんど見られないという地域特殊性も魅力の一つです。 エスカロップは1963(昭和38)年頃、「モン...

Post image

はりまや交差点(高知県/高知市)

 高知市内にある「はりまや交差点」。四方から路面電車の線路が交差して、美しい模様になっています。昭和初期には「東洋一の交差点」と呼ばれていたそうです。近くには、観光名所「はりまや橋」があります。 ▼東洋一と呼ばれていたそうです。  訪問日:2006年11月4日...

Post image

新十津川駅(北海道/新十津川町)

 北海道・札沼(さっしょう)線の終点「新十津川(しんとつかわ)駅」を訪問します。札沼線は、札幌駅から一つ西隣の桑園(そうえん)駅より、石狩川に沿ってその右岸を北へ進む、全長約80kmのローカル線です。 沿線のベッドタウン化が進み、教育関連施設が多いことから「学園都市線」という愛称が付けられ、通勤・通学路線として発展中の同線ですが、それは札幌近郊に限った話。途中の北海道医療大学駅から先は、運転本数が極端...