Post image

宝湯(北海道/白老町)

 北海道・白老町にある温泉銭湯「宝湯」は、国道36号線沿い、JR・室蘭本線の萩野駅から歩いて5分くらいのところにあります。開業当時は普通の銭湯だったそうですが、1976(昭和51)年に近くの工場が温泉を掘り当てたことから、その温泉を引湯して現在に至っています。 建物に入ると、番台や籐製のかごなど、昔ながらの銭湯を感じさせるアイテムがいっぱい。そして、浴場には富士山のタイル絵が…。古めかしいライオンの口から注...

Post image

坂の街を走る路面電車

 函館市交通局は、異国情緒漂う北海道・函館市において、全長10.9kmの路面電車を運行しています。この路面電車の撮影場所としてお気に入りなのが「青柳町電停」です。 青柳町電停は、両隣の電停からの上り勾配を登りきったところにあります。港を望む坂の上から路面電車を撮るのは定番の構図ですが、坂のてっぺんの電停にたたずむ路面電車、という構図も、「坂の街」の象徴的な情景です。  ▼坂のてっぺんにある電停に、路面電...

Post image

ニシン・カズノコ弁当(北海道/名寄駅)

 東西南北に路線が延び、鉄道交通の要衝としての役割を果たしてきた、北海道・名寄駅。その名寄駅の駅弁は、「角舘(かくだて)商会」という会社が調製元。豊富な種類と独特のアレンジによって、多くの駅弁ファンを魅了してきました。 名寄本線と深名線という「両腕」を失った名寄駅は、乗換駅から単なる中間駅へ…。そんな状況下で駅弁というビジネスモデルが成り立つわけもなく、創業100年を翌年に控えた2009(平成21)年6月末...

Post image

旅館山一(北海道/稚内市)

 日本最北端の都市、北海道・稚内市にある「山一」という旅館に宿泊しました。2007(平成19)年に新築したばかりの真新しい設備と、豪華絢爛な食事。これで1泊2食7,000円はお得です。※価格は宿泊予約サイトのもの ▼豪華な夕食。かにに天ぷら、煮物など…。お腹いっぱいです。  ▼稚内名物のたこしゃぶもあります。  ▼刺身も新鮮そのもの。  ▼大晦日の宿泊だったので、年越しそばまでいただきました。  ▼朝食はお正月バージ...

Post image

しかりべつ湖コタン(北海道/鹿追町)

 2010(平成22)年1月20日より「2010しかりべつ湖コタン」がスタートしました。北海道のほぼ中央に位置する然別湖。道内の湖では最も高い標高にあります。そこで開催されるイベント「しかりべつ湖コタン」は、冬を楽しむ企画が目白押しです。 全面凍結した湖上の「イグルー」や氷上露天風呂、氷のグラスで飲み物が出てくる「アイスバー」など、どれも寒いからこそ体験できるものばかり。今回は、昨年の2009(平成21)年開催時の...

Post image

【マルトマ食堂通いNo.01】ホッキカレー

 北海道・苫小牧市にある苫小牧漁港。ホッキ貝の漁獲量は日本一です。そんな苫小牧漁港の中にある「マルトマ食堂」は、漁港関係者のみならず観光客にも有名な超人気店で、時には店の外に長い行列ができるほどです。 初めての訪問なので、以前から気になっていた「ホッキカレー」を注文。カレーの辛みとホッキ貝の甘みの絶妙なコンビネーションがたまりませんでした。海鮮丼など他のメニューも豊富だったので(というか、こちらが...

Post image

貴志駅(和歌山県/紀の川市)

 貴志川(きしがわ)線は、「和歌山駅(JRと接続)」と「貴志(きし)駅」とを結ぶ、全長14.3kmの路線です。もともとは関西の大手私鉄「南海電気鉄道」の路線でしたが、2006(平成18)年、岡山県の「両備グループ」傘下の「和歌山電鐵」に運行が引き継がれました。 運行を引き継いだ和歌山電鐵は、「日本一心ゆたかなローカル線になりたい」をモットーに、「いちご電車」「おもちゃ電車」などのカラフルな電車の運行や、貴志駅...

Post image

ラッキーピエロ 函館駅前店(北海道/函館市)

 北海道・函館市を中心にチェーン展開しているハンバーガー屋さん、「ラッキーピエロ」。できたてを提供するため作り置きはしない、北海道産の食材を極力使用する…など、ハンバーガー作りにこだわりを持っています。 ロックバンド「GLAY」のメンバーが在函時代に通っていたことでも有名で、最近はメディアにもよく取り上げられるようになり、知名度は全国区になりました。 ▼今回訪問したのは、函館駅前店です。  ▼人気No....

Post image

食事処おさない(青森県/青森市)

 青森駅前の「食事処おさない」を訪問します。乗り換えの合間に腹ごしらえを…という時に便利なお店です。お店の前に「ホタテのおいしい店」という看板があるぐらいですので、ホタテ料理のメニューが充実。刺身にバター焼、フライなど、優柔不断な来店客を惑わせます。 迷った挙句、「ほたてフライ定食」1,200円を注文。お店の人に勧められるがまま、ソースではなく醤油をかけて食べると、ホタテの磯の香りが一層ひきたつような気...

Post image

上野深(北海道/浦河町)

 ジェイ・アール北海道バスの様似営業所は、西は日高支庁の浦河町から東は十勝支庁の広尾町までを結ぶ日勝線を担当しています。今回は、この日勝線の西の終点の一つ、「上野深(かみのぶか)」を訪問します。 上野深行のバスは、様似営業所出発後、JR北海道・日高本線沿いに国道336号線を走ります。浦河町の市街地周辺の住宅地をきめ細かく回った後、国道235号線の「浜荻伏公住前」まで行くと、バスはそこでUターンします。 ...

Post image

雄別ラーメン 真澄(北海道/釧路市)※閉業※

 北海道・釧路市のはずれにある阿寒町布伏内(ふぶしない)地区。ここからさらに山奥にある雄別炭鉱の従業員の住宅地として整備されましたが、1970(昭和45)年の炭鉱閉山により、この地区の人口も急速に減少、今では人気(ひとけ)がほとんどなくなりました。 「雄別ラーメン 真澄」は、そんな布伏内地区の中心部(だったであろう場所)にあります。釧路ラーメンの特徴である細縮れ麺を使用しています。このお店のこだわりは塩...

Post image

PASTA(北海道/帯広市)

 北海道・帯広市で評判のパスタ屋さんを訪問します。その名も「PASTA(パスタ)」。帯広駅から北へ向かうと、十勝川にかかる「十勝大橋」の少し手前にあります。車で5分ほど、歩けば20~30分はかかるでしょうか。 特徴は、豊富なメニューのバリエーションです。和風ソース・カルボナーラ…など、複数のソースから好きなものを選び、次に具を選び、最後にトッピングを選び…と、組み合わせが自由自在。お気に入りの1品が必ず見...

Post image

北海道旅弁当(北海道/札幌駅)

 札幌駅から出発するJR北海道の特急列車が車内販売用に積み込むのが、この「北海道旅弁当」です。ごはんに北海道産米「ななつぼし」を使用しているのをはじめ、帆立貝や鮭昆布巻き、牛肉の煮物など、道内各地の食材にこだわった内容が「売り」です。 ▼「北海道旅弁当」1,000円(訪問日当時)。  ▼道内各地の食材にこだわった幕の内弁当です。  ▼釧路行「スーパーおおぞら」の車内でいただきました。 <参考HP>  ・「...

Post image

寝台特急「北陸」&急行「能登」

 2010(平成22)年3月のダイヤ改正で、またも定期夜行列車が姿を消すことになりました。上野~金沢間を結ぶ、寝台特急「北陸」と急行「能登」です。両列車の廃止後は、多客期を中心に新たな臨時急行列車を運行するとのことです。 「北陸」は、日本で一番短い距離を走るブルートレインとして、観光客やビジネス客に親しまれてきました。使用可能な割引きっぷも多く、それゆえ乗車率も決して低いようには見えなかっただけに、廃止...