Post image

雲母共同浴場(新潟県/関川村)

 新潟県北部の関川村には、荒川に沿って5つの温泉地があり、「えちごせきかわ温泉郷」を形成しています。今回は5つある温泉地のうちの一つ「雲母(きら)温泉」にある共同浴場を訪ねたいと思います。 ▼そうと知らなければ絶対に気付かない「雲母共同浴場」。看板も見当たりません。  ▼玄関を入ると、部外者も入浴可能との掲示があります。  ▼入浴料100円(訪問日当時)を入れて中へ…。  ▼衣類用の棚があるだけの、シンプル...

Post image

姥湯温泉 桝形屋(山形県/米沢市)

 「姥湯温泉 桝形屋は、吾妻連峰の北側、標高1300Mの奥深い谷間に位置し、南画世界を思わせる奇岩怪岩が聳え立つ絶壁に三方を囲まれております。 桝形屋の背後にはコメツガ・ブナ・ダケカンバなどの原生林時折カモシカが姿を見せるといった仙境の中に宿を構えております。 姥湯温泉のそのすぐれた景観は山形県内の温泉中第一といわれ、とくに春の新緑・秋の紅葉は見事です。岩壁から噴き出す湯口は、六ヶ所。桝形屋にはそのうち...

Post image

高速夜行バス 津輕号

 「津輕号」は、青森県のバス会社、弘南バスが運行する高速夜行バスです。十分な間隔を保った独立3列シートの他、仕切りカーテン・読書灯・木目調の床など、快適なバスの旅を楽しめる設備・内装になっています。 通常座席(片道7,500円・繁忙期は9,000円)でも十分快適ですが、プラス1,000円で、追加でクッションやコンセントなどが装備された「あずましーと」を選択することができます。数あるバス事業者の中でも先鋭的な事業展...

Post image

勝浦漁港魚市場(和歌山県/那智勝浦町)

 那智山訪問の後、前夜に「桂城」のご主人から教えていただいたイベントをのぞいてみるため、勝浦漁港魚市場へ向かいます。魚市場の隣の特設会場で、「勝浦漁港 にぎわい広場 朝市」が開催されています。  毎週日曜日に開催される「勝浦漁港 にぎわい広場 朝市」では、まぐろの他、地元産物や郷土料理などが展示・販売されています。また、用意されたベンチに座って、海産物や料理をその場で食べることもできます。  ▼こちらは...

Post image

熊野古道大門坂(和歌山県/那智勝浦町)

 紀伊勝浦の温泉とまぐろを堪能した翌日は早起きして、那智勝浦の定番コース「熊野那智大社・那智山青岸渡寺・那智の滝」へ。  バスで那智山へ向かう途中、「大門坂」というバス停で途中下車。ここから那智山までは古道が残されており、少しの間ですが、昔の人々が熊野三山へお参りする時の気分を味わうことができます。  ▼「大門坂」でバスを降りて、脇に入る道を歩いて進みます。   ▼階段を登ったところに鳥居が見えます。...

Post image

桂城(和歌山県/那智勝浦町)

 「はまゆ」でひとっぷろ浴びたら、そろそろ夕食の時間。紀伊勝浦といえばまぐろ。町の中心街にはまぐろ料理のお店が何店もあるのですが、宿の方のアドバイスに従って、「桂城(かつらぎ)」というお店に入ります。  …と、これが大正解。お店のご主人の従兄が魚の仲買業を営まれているとのこと、確かな素材とご主人の料理の腕前でまぐろの醍醐味を堪能。魚市場で開催されるイベントを教えていただいたり、料理をサービスしていた...

Post image

はまゆ(和歌山県/那智勝浦町)

 橋杭岩のある和歌山県・串本町から同・那智勝浦町へ移動。町内にある南紀勝浦温泉の共同浴場「はまゆ」を訪問します。  ▼「天然温泉公衆浴場 はまゆ」。那智勝浦町の中心街から少し外れたところにあります。  ▼昔懐かしい雰囲気の脱衣場。  ▼木製のロッカーも懐かしさに一役買っています。  ▼浴場は湯船が1つのシンプルな造り。湯船が意外と深いです。  ▼翌朝の様子。営業は13時からなので、朝風呂には入れませんでした...

Post image

橋杭岩(和歌山県/串本町)

 「橋杭岩(はしぐいいわ)は、和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。同町の大字鬮野川(くじのかわ)小字橋杭の海岸から紀伊大島方面へ大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長きにわたって連続してそそり立っている。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれている。」(Wikipediaより) ▼近くの「弘法大師堂」から1枚。  ▼「弘法大師堂」は高台にあるので、岩々が整然と並んでいるの...

Post image

みなと食堂(北海道/函館市)

 なかみち食堂に続き、函館市の大盛り店としてご紹介するのは、北海道大学(水産学部)近くにある「みなと食堂」です。おすすめは「から揚げ定食」。フワフワの衣と柔らかくてジューシーな鶏肉で、一度食べたら病みつきになること間違いなしです。  以前訪問した時は「ホネなし」と「ホネあり」が選べたのですが、今回訪問時にはそのような掲示が見当たりませんでした。「ホネなし」に統一されたのかな。  ▼北海道大学(水産学...

Post image

【下諏訪共同湯めぐりNo.01】菅野温泉(長野県/下諏訪町)

 JR東日本・中央本線の下諏訪駅周辺には多くの温泉旅館や共同浴場があり、下諏訪温泉街を形成しています。今回は、下諏訪駅の一番近くにある共同浴場「菅野(すげの)温泉」を訪問したいと思います。 ▼建物脇の細い通路を歩いて行くと…。  ▼立派な看板がお出迎え。  ▼券売機で入浴券(220円・訪問日当時)を購入。なぜか券の表示は「みなみ温泉」…。  ▼入浴券は番台へ。昭和を感じさせる番台ですね。  ▼脱衣場は意外と...

Post image

うさぎや(北海道/夕張市)

 北海道・夕張市内で「小倉屋」に続いて訪問したのは、シナモンドーナツのお店「うさぎや」です。シナモンの香り豊かな球形のドーナツの中にはたっぷりの餡子が。揚げてあるのにくどくないサクサクの皮とのコンビネーションが絶妙です。  ▼JR北海道・石勝線の鹿ノ谷駅近くにある「うさぎや」。   ▼店内に入ると、段ボール(発送用でしょうか)などが積まれ、雑然としています。  ▼ショーケースにはお目当てのシナモンドー...

Post image

急行「きたぐに」

 寝台特急「日本海」に続き、2012(平成24)年3月のダイヤ改正で定期列車としての運行を終了することが発表された急行「きたぐに」。1961(昭和36)年に金沢~新潟間を結ぶ急行として誕生してから50余年、日本海沿岸の足として活躍してきました。  また、「きたぐに」は、定期列車として唯一583系電車を使用していることでも知られています。昼夜兼行の特急用車両として1967(昭和42)年に登場した583系電車は、夜は寝台特急とし...

Post image

フカサワ温泉(山梨県/昭和町)

 山梨県・甲府市の南西側に隣接する昭和町には、日帰り入浴施設「フカサワ温泉」があります。加温・加水・循環なしの源泉掛け流しで、温泉ファンの間でも有名な施設です。薄いコーヒー色の温泉につかり、日々の疲れを落とします。 ▼内湯です。湯船に薄いコーヒー色の温泉が注がれています。  ▼露天風呂です。  ▼清潔感ある脱衣場。  ▼入浴料を払う窓口付近には、地元で採れた野菜類が所狭しと並べられています。  ▼地元...