Post image

水口第一共同浴場(静岡県/熱海市)※閉業※

 静岡県・熱海市で共同浴場に立ち寄ります。水口第二共同浴場に続いて訪問するのは「水口第一共同浴場」。第二浴場と同じく地元密着度の高いところです。  ▼近くの商店で300円(訪問日当時)を払って入浴券を購入。方法は第二浴場と同じ。   ▼こちらが「水口第一共同浴場」です。  ▼多くのサイトで「男女別が分からない」と紹介されていた入口ですが、見やすい表示が。  ▼きちんと整理整頓された脱衣場。  ▼入浴券は左の...

Post image

いろは 本店(山形県/河北町)

 最近、ご当地グルメとしてメキメキ頭角を現してきた「かほく冷たい肉そば」。一寸亭本店に続いてご紹介するのは、味・人気・歴史…どれも甲乙つけがたい「いろは 本店」です。  ▼「冷たい肉そば(普通)」650円(訪問日当時)。これぞご当地グルメ、かほくの味。   ▼河北町役場から南に700mほどのところにあります。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    山形県西村山郡河北町谷地中央2-1-15 地図  ・電話番号  02...

Post image

一寸亭 本店(山形県/河北町)

 「鶏ダシで醤油味の、冷たい汁そばです。肉といっても、豚でも牛でもなく、鶏肉(親鳥)を使っています。コクのあるダシに負けないようなコシの強い田舎蕎麦が特徴。 そばの上には、コリコリとした食感がくせになる『親鳥』と小口切りの『ねぎ』がのるシンプルかつ奥深いそばです。素朴でありながら一度食べるとまた食べたくなる…長い間地元の人々に愛され続けてきた故郷の味です。」(かほく冷たい肉そば研究会HPより) 創...

Post image

鶴亀温泉(熊本県/人吉市)

 熊本県・人吉市の人吉温泉。堤温泉に続いて訪問するのは「鶴亀温泉」です。真夏の炎天下を歩いて汗が噴き出ましたが、縁起の良い名前の共同浴場でその汗を流して、心身ともにリフレッシュです。  ▼真夏の炎天下を歩いて「鶴亀温泉」にやって来ました。   ▼入口の立派な看板が出迎えてくれます。  ▼脱衣場から少し下ったところにある浴槽。中央で2つに仕切られています。  ▼恵比寿様の湯口から絶え間なくお湯が注がれてい...

Post image

羽根屋 本店(島根県/出雲市)

 「江戸時代末期に創業。大正天皇をはじめ、数々の御皇室の方の御食膳に供する光栄に浴し、地元は勿論、遠来の御客様にも大変好評を得ております。 代々受け継いだ伝統を重んじ貫くことを基本に、新しいものも取り入れ、美味しいそば作りのため日々努力しています。地元の素材を生かした地産地消のそば作りをしています。」(公式HPより) ▼JR西日本・山陰本線の出雲市駅。立派な構えの駅から徒歩10分ほどで…。  ▼献上そ...

Post image

湯乃谷温泉(宮崎県/えびの市)※閉業※

 岡松温泉に続いて訪れたのは、宮崎県・えびの市の「湯乃谷温泉」。一般のご家庭のお風呂が少し大きくなった感じの温泉。管理されている方々への感謝の念を忘れずに、ありがたく入浴させていただきます。  ▼風光明媚な景色の中を歩いていると、温泉タンクが見えてきました。   ▼こちらが「湯乃谷温泉」。母屋の軒先で料金250円(訪問日当時)を払って浴場へ。  ▼浴場の入口に掲げられている効能などが書かれた看板。  ▼右...

Post image

津曲温泉(鹿児島県/霧島市)※閉業※

 緑鮮やかな稲穂の海に浮かぶ温泉マーク…。鹿児島県・霧島市の隼人町松永地区にある「津曲温泉」は、赤い大きな温泉マークが目印で、遠くからでも見つけることができます。 ▼一見よくある田園風景ですが、真ん中の建物に何やら赤いマークが…。  ▼温泉マークでした。これが「津曲温泉」。地元の方のための共同浴場です。  ▼建物の正面に来ました。大きい…。こりゃ目立つはずです。  ▼外来者も料金箱に150円(訪問日当時)を...

Post image

【マルトマ食堂通いNo.07】ホッキ塩ふりやき定食

 ホッキの定食メニューが続く「マルトマ食堂通い」。今回もご多分に漏れずに「ホッキ塩ふりやき定食」1,200円(訪問日当時)を注文。ホッキの味をシンプルに楽しむにはシンプルな料理法が一番ですね。 ▼「ホッキ塩ふりやき定食」1,200円(訪問日当時)。  ▼ホッキの味をシンプルに楽しむにはこれが一番。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    北海道苫小牧市汐見町1-1-13 地図  ・電話番号  0144-36-2023 ・営業...

Post image

安楽温泉 佐藤温泉(鹿児島県/霧島市)※閉業※

 妙見温泉や日当山温泉など有名な温泉を抱える鹿児島県・霧島市の新川渓谷温泉郷。今回はこの温泉郷を構成する温泉の一つである安楽温泉に降り立ち、「佐藤温泉」という情緒豊かな温泉場で湯浴みを楽しみます。 ▼安楽温泉の「佐藤温泉」。目の前の道路は国道223号線です。  ▼大浴場の入浴料は300円(訪問日当時)。玄関で家の方に支払って中へ進みます。  ▼大浴場は本当に広いです。そして…。  ▼見た人全てが驚嘆、温泉の...

Post image

【宮城交通回顧録No.39】利府線・公立黒川病院前行

 2007(平成19)年3月31日に廃止となった利府線は、JR東日本・東北本線の利府駅と大和町の公立黒川病院とを結ぶ路線でした。 廃止後は、大和町民バスが町内のみ代替運行しています。今回は、宮城交通が利府線を運行していた頃の公立黒川病院の様子をご紹介します。 ▼利府駅前発しらかし台団地経由のバスが終点・公立黒川病院前に到着しました。  ▼病院前に立ち並ぶバス停標識。  ▼全部で4本あります。  ▼宮城交通のバス...

Post image

近鉄観光メルヘン(三重県/鳥羽市)

 黒く濃厚なタレと軟らかく煮てコシをなくした極太緬が特徴の「伊勢うどん」。三重県・伊勢市を中心に食されています。 伊勢市内には伊勢うどんを提供するうどん屋や食堂が点在していますが、残念ながら訪問する時間がなく、近鉄の駅の軽食コーナーに伊勢うどんのメニューがあったので、注文してみました。 ▼近鉄・鳥羽駅の軽食コーナー「メルヘン」。  ▼「伊勢うどん」390円(訪問日当時)を注文。  ▼コシのない太い麺はま...

Post image

前島(静岡県/富士宮市)

 B級グルメの草分け的存在である静岡県・富士宮市の「富士宮やきそば」。独特のコシがある麺や仕上げにイワシの削り粉がふりかけられるなど、いくつか特徴があるようです。 市内で富士宮やきそばを提供するお店の中には、駄菓子屋の店舗に鉄板があって、お客の前でやきそばを焼いてくれるという形態のお店があります。今回はその中の一つ、「前島」というお店を訪問します。 ▼「焼そば」目当てで来る人が多くなりましたが、看...

Post image

【宮城交通回顧録No.38】蔵内南

 本吉三陸線は、旧本吉町(現在の気仙沼市)の津谷市街と蔵内地区とを結ぶ路線です。蔵内地区の終点「蔵内南」の近くには、海蝕による小岩が多く釣りの好適地とされる蔵内海岸があります。現在も1日4本(平日のみ)がミヤコーバスによって運行されています。  ▼JR東日本・気仙沼線の蔵内駅から歩いて10分ほど…。  ▼宮交気仙沼バスの終点「蔵内南」です。  ▼折り返しのバスがやってきました。  ▼ここから津谷案内所まで...

Post image

駅前飯店 急行(北海道/木古内町)

 JR北海道の木古内駅前にある「駅前飯店 急行」。店主の女性がお店を開いた当時、木古内には普通列車しか走っておらず、「いつの日か木古内駅に急行列車が来るように」と願って名付けたそうです。今回はこのお店の名物料理である焼きそばをいただきます。 ▼味わいのある店構え。  ▼味わいのある店内。  ▼昭和の時代で時計の針が止まったかのようです。  ▼「やきそば大」1,000円(訪問日当時)。  ▼2015(平成27)年の...

Post image

堤温泉(熊本県/人吉市)

 熊本県南部の人吉温泉には、以前訪問した元湯の他、風情ある共同浴場が数多く存在します。今回訪問するのは、人吉市内の総合病院と酒造工場に隣接したところにある「堤温泉」という共同浴場です。  ▼見るからにレトロな雰囲気が感じられる建物の外観。   ▼番台に200円(訪問日当時)を…と思ったら人がいない。仕方なくお金を置いて中へ。  ▼古いながらもきれいに整理整頓された脱衣場。  ▼温めのお湯がこんこんと掛け流さ...

Post image

【宮城交通回顧録No.37】いわかがみ平

 ミヤコーグループが運行していた栗駒山線は、くりこま高原駅と「駒の湯温泉」や栗駒山の登山口である「いわかがみ平」とを結ぶ観光路線でした。 2008(平成20)年にミヤコーグループは撤退、栗原市の委託を受ける形でグリーン観光バスが当該路線を運行するようになりました。 その後、2010(平成22)年には「がんばろう!くりこま号」として、2011(平成23)年には「ありがとう!くりこま号」として、それぞれ紅葉期のみミヤコ...

Post image

岩の湯(栃木県/那須塩原市)

 箒川(ほうきがわ)に沿って点在する栃木県・那須塩原市の塩原温泉郷。不動の湯に続いて訪問したのは、同じく福渡温泉にある「岩の湯」という露天風呂です。  ▼「岩の湯」は不動の湯と同じく温泉街とは川を挟んで反対側にあります。   ▼「露天風呂のきまり」を読み、筒型の料金箱に入浴料200円(訪問日当時)を入れます。  ▼浴槽は四角形のものと…。  ▼丸石で縁取られた円形のものと、2つあります。  ▼円形の浴槽には、...

Post image

飯沼駅(岐阜県/中津川市)

 岐阜県・恵那市に本社を置く明知鉄道は、地元の自治体などが出資して運営する第三セクター方式の鉄道会社です。 この会社が旧国鉄から引き継いだ明知線には、あることで「日本一」の駅があります。それは「日本一勾配(線路の傾斜)がきつい」駅。今回は、岐阜県・中津川市の山間にある「飯沼駅」を訪問します。 ▼飯沼駅を緩やかに下っていく恵那行列車。  ▼飯沼駅の駅名標。  ▼ここが勾配日本一の駅であることを謳ってい...

Post image

伊勢奥津駅(三重県/津市)~2011盛夏

 JR東海・名松線の終点、伊勢奥津駅を訪問します。三重県・津市の山間にある小さな集落にある駅です。名松線の名が示すとおり、名張と松阪を結ぶ計画でしたが、1935(昭和10)年に伊勢奥津駅まで延伸したところで、名張までの区間は建設されませんでした。 また、2009(平成21)年の台風18号による被害で、現在も家城~伊勢奥津間が不通になっています。JR東海は当該区間のバス転換を自治体に申し入れましたが、地元の強い要...

Post image

桜井食堂(福島県/喜多方市)

 喜多方ラーメンのお店(老麺会登録店)の中で、JR・磐越西線の喜多方駅から一番近いのが「桜井食堂」です。乗り換えの合間に駆け込み、蔵のまちのラーメンを味わいます。 ▼JR・磐越西線の喜多方駅前通りにある「桜井食堂」。  ▼喜多方ラーメンのお店の中で一番駅近にあります。  ▼「蔵ラーメン(しょうゆ味)」700円(訪問日当時)。生姜やわかめのトッピングが特徴的。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    福...

Post image

【草津共同湯めぐりNo.03】地蔵の湯

 「湯畑」から「ホテル大東館」の渡り廊下をくぐる路地を歩いて行くと、地蔵堂や地蔵源泉による湯畑があるちょっとした広場に出ます。今回は、この広場に面したところにある共同浴場「地蔵の湯」を訪問します。 草津の共同浴場は湯畑源泉からの引湯が多いのですが、この「地蔵の湯」は目の前にある地蔵源泉より引湯しています。 ▼「地蔵の湯」。2006(平成18)年に建て替えられました。  ▼浴室と脱衣場が一体になっています。...

Post image

JR東日本の123系電車

 123系電車は、手荷物・郵便輸送の廃止・縮小に伴って余剰になった荷物電車などを改造することによって、旧国鉄およびJR各社が1986(昭和61)年から1988(昭和63)年にかけて投入した近郊型電車です。 JR発足後は、JR東日本・JR東海・JR西日本の3社が123系電車を保有していましたが、来る2013(平成25)年3月のダイヤ改正で、JR東日本が保有している1両が運用から外れることとなりました。 JR東日本の123系電車が...