Post image

浜児ヶ水区営温泉(鹿児島県/指宿市)

 「浜児ヶ水海岸では、自然に湧き出す温泉があり、この温泉を源泉として古い時代から砂むし温泉として利用してきた。 区民は共同作業で昭和2年源泉近くの海岸に男女混浴の露天風呂をつくり、昭和26年屋根付きの共同温泉「浜ん湯」を再建し、昭和54年に現在場所に移転。区民のコミュニティー、健康管理上の憩いの場として利用している。」(「いぶすき観光ネット」より) 徳光温泉に程近い、浜児ヶ水(はまちょがみず)区営温泉...

Post image

コーヒー屋 おおもり(山形県/東根市)

 山形県・東根市はサクランボの産地として有名ですが、焼き麩(ふ)の産地でもあります。この麩を使ったお好み焼き「おこふ」が、東根のご当地グルメとして脚光を浴びつつあります。今回は、「おこふ」を提供している「コーヒー屋 おおもり」を訪問したいと思います。 ▼「おこふ」500円(訪問日当時)。味を染みこませた麩と甘酸っぱいソースが決め手。  ▼JR東日本・さくらんぼ東根駅から徒歩5分ほどのところにあります。 ...

Post image

前田温泉(鹿児島県/湧水町)

 鹿児島県・湧水町の吉松温泉郷で、風情ある共同浴場を訪問します。「前田温泉」。JR九州・吉都線と国道268号線が交差する地点にあります。 ▼縦書きの看板だけが、この建物が共同浴場であることを教えてくれます。  ▼浴場は母屋の奥にあります。  ▼浴室です。  ▼人吉の新温泉や鶴亀温泉を彷彿とさせます。  ▼それにしてもこの鄙び具合…。  ▼よだれが出そうです。  ▼裏手には温泉のタンクが。  ▼来た甲斐がありま...

Post image

房総半島の211系電車

 かなり前の話題になりますが、2013(平成25)年3月のダイヤ改正を前にして、JR東日本・千葉支社管内の211系電車がその運用を終えました。  千葉支社管内の211系電車は、113系電車の置き換え用として、2006(平成18)年3月に宇都宮線や高崎線から転用されました。以来、約7年間活躍しましたが、今度は京浜東北線で使用されていた209系電車に押し出される格好で、引退となりました。  引退した車両の一部は、今度は115系電車の...

Post image

グリルみつば(大分県/別府市)

 まるい食堂訪問からずいぶん時間が経ってしまいましたが、続いて大分県・別府市で訪問するのは、とり天発祥のお店と言われる「グリルみつば」を訪問します。 ▼2005(平成17)年に現在の店舗に移転しました。  ▼「とり天定食」1,050円(訪問日当時)。  ▼諸説ありますが、ここがとり天発祥のお店として紹介されることが多いです。  ▼JR九州・日豊本線の別府駅からは徒歩5分ほど。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地...

Post image

温泉街のバスの車庫で

 夏の北海道。道東の有名な湖を目指して多くの観光客が訪れます。地元のバス会社も増便して対応。今日も1日、忙しくなりそうです。 ▼早朝の阿寒バス・川湯営業所にて。  訪問日:2013年7月28日...

Post image

まさ屋(北海道/富良野市)

 国民食のカレーとオムライスを組み合わせ、地元食材と提供スタイルにこだわった新カテゴリーのご当地カレー…。今回は「富良野オムカレー」を食べに、北海道・富良野市にやって来ました。 地元食材を使用するこだわりは半端ではありません。推進協議会が定める「富良野オムカレー6か条ルール」にもそれが表れています。 【富良野オムカレー6か条ルール】 ※2013年4月18日現在 第1条 お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝ら...

Post image

温泉津温泉(島根県/大田市)

 有福温泉で無色透明なお湯を堪能した後は、島根県を代表するもう一つの温泉街「温泉津(ゆのづ)温泉」を訪問します。  「旅の僧が、湯に浸かって傷を治している狸を見つけたとか、縁結びの神様大国主命が病気のウサギをお湯に入れて救ったことから始まったともいわれています。お湯に入って頂ければ、肌がスベスベするのが実感できます。  発見されてから約1300年の歴史を持ち、湯治場として評判の由緒ある温泉です。現在もそ...

Post image

停車場(北海道/網走市)

 藻琴駅の「トロッコ」を訪問した後は、藻琴駅のとなりの北浜駅で列車を下車。かつての駅事務室を改装した喫茶店「停車場(ていしゃば)」を訪問します。  ▼藻琴駅から乗った列車は、知床斜里へ向かいます。   ▼ここは釧網本線の北浜駅。  ▼オホーツク海にいちばん近い駅と言われています。  ▼待合室には旅行者のものと思しき名刺や定期券などが所狭しと貼られています。  ▼北浜駅舎の正面入口。  ▼こじんまりとした風...

Post image

有福温泉(島根県/江津市)

 「有福温泉は1350年以上も前、聖徳太子の時代(650年ごろ)に、天竺より入朝した法道仙人が山奥で見つけた温泉でした。古来より名湯がわく福有の里。有福温泉の名前はここからつけられたといわれています。 滾々と湧き出る無色透明な単純アルカリ泉は透き通るような美しい白肌を作る『美人の湯』として有名です。」(江津市観光協会HPより) 島根県・江津市の有福温泉には、3つの外湯があります。有福温泉に1泊して、3つの外...

Post image

祝!豊肥本線完全復旧

 2012(平成24)年7月の九州北部豪雨により、JR九州の豊肥本線は土砂流入・築堤崩壊・橋梁流出など甚大な被害を受けました。水圧によるものでしょうか、レールが飴細工のようにグニャグニャに曲がってトンネルから押し出されている写真はとても衝撃的でした。 最後まで不通となっていた宮地~豊後竹田間の運転が2013(平成25)年8月4日に再開され、熊本と大分を結ぶ観光路線は完全復活を遂げました。 ▼「九州横断特急」も文字...

Post image

【宮城交通回顧録No.43】柳津駅前

 JR東日本・気仙沼線の柳津駅に降り立ちます。この柳津駅には宮交登米バスによる佐沼方面とを結ぶバスが発着していました。 現在、佐沼方面へのバスは登米市民バスとして運行されています。また、震災により不通になっている気仙沼線の柳津以北を代替するBRT(バス高速輸送システム)の路線バスが乗り入れています。 ▼柳津駅前のバス停標識。  ▼佐沼方面に向かう宮交登米バスが待機しています。  ▼2013(平成25)年8月...

Post image

【草津共同湯めぐりNo.14】凪の湯

 「凪の湯」は、湯畑から西の河原公園へ向かう通り沿いから少し奥まったところにある共同浴場です。西の河原の源泉から引湯しているそうです。 ▼通りから少し奥まったところにある「凪の湯」。  ▼「関乃湯」と同様、草津温泉の紋の入った幕が。  ▼浴場は階段を少し下ったところにあります。  ▼3~4人が入れば一杯になりそうな浴槽。  ▼お湯はかなり熱いです。  ▼地元の方が大事に管理されている浴場です。  ▼さて、...

Post image

トロッコ(北海道/網走市)

 JR北海道・釧網本線は、道東の網走駅と釧路駅(正式には東釧路駅)を結ぶローカル線です。釧網本線には、かつての駅事務室を改装して飲食店として営業しているところがいくつかあります。今回はその中の一つ、オホーツク海沿いの藻琴駅にある喫茶店「トロッコ」を訪問します。 ▼網走発釧路行の快速「しれとこ」で藻琴駅に降り立ちます。  ▼半分以上はがれてしまっていますが、貝殻でできた駅名標がお出迎え。  ▼藻琴駅舎...

Post image

弥次ヶ湯温泉(鹿児島県/指宿市)

 鹿児島県・指宿市にある「弥次ヶ湯(やじがゆ)温泉」を訪問します。1892(明治25)年創業という老舗の共同浴場です。ここには2つの源泉があり、それぞれに浴室が設けられています。 ▼JR・指宿枕崎線の指宿駅と二月田駅のちょうど中間地点あたりにあるのが…。  ▼「弥次ヶ湯(やじがゆ)温泉」です。  ▼入浴料270円(訪問日当時)を払います。この時は無人。お金、置いときますよー。  ▼まずは「弥次ヶ湯」に入ってみま...

Post image

【宮城交通回顧録No.42】田尻線

 田尻線は、JR・古川駅前と同・瀬峰駅前を約35分で結ぶ路線です。訪問日当時はミヤコーグループの地域子会社・宮交大崎バスによる運行でした。 その後、2007(平成19)年の地域子会社統合に伴いミヤコーバスによる運行となり、2010(平成22)年3月31日の運行をもって廃止されました。 ▼出発までの間、古川駅前のロータリーで休息する田尻線の路線バス。  ▼訪問日当時の時刻表です。  訪問日:2003年8月20日...

Post image

桜亭(北海道/厚岸町)

 北海道・厚岸町といえば牡蠣が有名。町内にある料理屋さん「桜亭」で「かきコース(5品)」1,785円(訪問日当時)を注文して、名物に舌鼓を打ちます。 ▼カキ酢、カキフライ、カキの柳川風。  ▼カキ寿司、カキ汁。お腹いっぱい。  ▼JR・根室本線の厚岸駅から徒歩10分ほどのところにあります。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    北海道厚岸郡厚岸町真栄2-149 地図  ・電話番号  0153-52-3702  ・営業時間 ...