Post image

伊勢湾フェリー

 伊勢湾フェリーは、三重県の鳥羽港と愛知県の伊良湖港を結ぶ定期航路を運航しています。陸路だと伊勢湾や三河湾を大回りしなければなりませんが、フェリーを使うとわずか1時間。しばしの間、運転から解放されて船旅気分を味わうことができます。 ▼鳥羽港で出発を待つ伊勢湾フェリーの「鳥羽丸」。  ▼乗船したらすぐ出港しました。  ▼フェリーターミナルがどんどん小さくなっていきます。  ▼船内には座席がずらりと並んで...

Post image

姥乃湯(宮城県/大崎市)

 「鳴子温泉の街の中でも開湯400年という歴史のある宿です。また、その敷地内に4本の泉質が異なる源泉を有する贅沢な宿でもあります。 湯量豊富な鳴子温泉の中でも、4つの泉質を堪能できるのは姥乃湯だけ。4つの源泉は自家源泉で、全ての温泉が源泉かけ流しの温泉です。」(公式HPより) ▼義経伝説の残る鳴子温泉の「姥乃湯」。  ▼旅館部と自炊部があります。  ▼今回は自炊部の部屋に宿泊。宿泊料は1泊3,400円(訪問日当...

Post image

らぁめん みそ家(長野県/長野市)

 「麺はごく太ちぢれ麺 みそは信州大吟醸 最上級にこだわって 頑固一徹みそらぁめん」(店頭の看板より) JR東日本・長野駅前にあるラーメン店です。メニューは味噌のみ。看板の台詞に惹かれて、フラフラと店内に入って行きます。 ▼長野駅から歩いて2~3分のところにある「らぁめん みそ家」。  ▼「味噌らぁめん」650円(訪問日当時)を注文。こだわりを感じます。  ▼整然と並べられた調味料類。 <データ(訪問日時...

Post image

かんなわ荘(大分県/別府市)

 大分県・別府市内で1泊することになり、宿泊予約サイトであれこれチェック。宿泊させていただいたのは、鉄輪温泉にある「かんなわ荘」というお宿です。 品数が多い食事と温泉が付いて、1泊2食で6,500円(当時の宿泊予約サイト価格)。ご夫婦の心のこもったおもてなしとコストパフォーマンスに大満足です。 ▼通された部屋は、テレビ・冷暖房完備の綺麗な部屋。  ▼お風呂は鉄輪温泉の源泉かけ流し。  ▼湯口には温泉の成分が...

Post image

JR東日本岩泉線

 2010(平成22)年7月31日に発生した土砂崩れによる脱線事故のため、全線で不通となっていたJR東日本・岩泉線が2014(平成26)年4月1日付で廃止となることが正式に決まりました。 少し古いですが、2001(平成13)年11月に訪問した際の様子をご紹介して、名実ともに消えゆく岩泉線を偲びたいと思います。 ▼途中駅の岩手和井内駅。  ▼岩手和井内駅で折り返す列車ダイヤが朝に1本だけ組まれていました。  ▼こちらは終点の岩...

Post image

石武温泉(大分県/由布市)

 湯布院温泉の共同浴場めぐり。加勢の湯共同温泉、荒木共同温泉に続いて最後に訪問したのは、由布院駅から西の方角、「石武温泉」です。  ▼正面から見ると、木が邪魔をしてしまいますが…。  ▼この建物は間違いなく「石武温泉」。  ▼風情のある浴室。  ▼2つある浴槽のうち、1つにはお湯が入っていません。  ▼注意点が書かれた張り紙。  ▼入浴料は100円(訪問日当時)です。  ▼丁寧に管理されているのが分かります。...

Post image

鳳蘭亭(岩手県/釜石市)※閉業※

 岩手県・釜石市内で昼食を食べられるお店を探していると、国道283号線沿いに中華料理店を見つけました。名前は「鳳蘭亭」。 もとは県内の大槌町にあったのですが、震災により現在の場所に移転したのだそうです。震災に負けずに本日も営業中です。  ▼ガソリンスタンド(ENEOS)と紳士服店の間にあります。  ▼「野菜炒め定食」700円(訪問日当時)はボリュームたっぷり。  ▼スープもピリ辛で美味しかったです。ごちそ...

Post image

湯の峰温泉公衆浴場(和歌山県/田辺市)

 「湯の峰温泉は四世紀ごろに熊野の国造、大阿刀足尼(おおあとすくね)によって発見され、後に歴代上皇の熊野御幸によってその名が広く知られる様になりました。 開湯1800年。日本最古の湯として愛される湯の峰温泉は、今も昔ながらの温泉情緒を残し、湯の町の風情を感じる事が出来ます。古の人々は熊野詣の旅の途中、湯の峰で湯垢離を行い、聖地での禊ぎと旅の疲れを癒しました。」(熊野本宮観光協会HPより) 和歌山県・田...

Post image

ラーメンきっさ えきばしゃ(北海道/小清水町)

 かつての駅事務室を改装して飲食店として営業しているJR北海道・釧網本線の駅々。今回は、オホーツク海沿いの止別駅にある「ラーメンきっさ えきばしゃ」を訪問します。 ▼県道250号線のつきあたりにある…。  ▼JR北海道・釧網本線の止別駅。  ▼1968(昭和43)年に改築された駅舎だそうです。  ▼駅の待合室には、特急列車から出た廃用品の座席が。  ▼昔の駅事務室を改装したのが「ラーメンきっさ えきばしゃ」です。...

Post image

丸山温泉(鹿児島県/薩摩川内市)

 鹿児島県・薩摩川内市の田園地帯にある市比野(いちひの)温泉。開湯は1662(寛文2)年、時の薩摩藩主が「天下の名湯」とたたえたと言われています。 今回は市比野温泉にある「丸山温泉」を訪問します。公衆浴場の他、家族湯や宿泊施設もあるとのこと、鄙びた雰囲気が昔ながらの風景を今に伝えています。 ▼市比野温泉の中心付近を進んでいると「丸山温泉」の看板が。  ▼車の場合は写真左手の駐車場へ。温泉へは細い下り道を...

Post image

不二屋食堂(福島県/金山町)

 JR東日本・只見線の会津川口駅で、次の列車まで時間があるので駅前をウロウロ。素朴な食堂を見つけたので入ってみます。 ▼会津川口駅から徒歩1分ほどのところにある「不二屋食堂」です。  ▼「タンメン」700円(訪問日当時)を注文。  ▼軽く辣油が効いていて美味でした。ごちそうさまでした。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    福島県大沼郡金山町川口森ノ上481-3 地図 ・電話番号  0241-54-2649  ・営業...

Post image

【野沢共同湯めぐりNo.11】熊の手洗湯

 「熊が発見したという古い湯。昔は伝説に因んで手洗湯、後に照湯、寺湯ともよばれていました。泉質は含石膏-食塩・硫黄泉。火傷・切傷に効果的。」(野沢温泉観光協会HPより)  ▼野沢温泉発祥の湯ともいわれている…。  ▼「熊の手洗湯」です。  ▼2つの浴槽には麻釜からの源泉と独自源泉が注がれています。  ▼浴場のすぐ近くには薬師堂があり…。  ▼祠の裏に、熊の手洗湯の独自源泉があります。 <データ(訪問日時点)...

Post image

まぐろ亭(宮城県/気仙沼市)※閉業※

 「気仙沼の遠洋まぐろ漁船が捕獲したまぐろを使ったまぐろ丼が自慢のまぐろ料理店です。夜はまぐろはもちろん旬の魚介類を肴に地酒も楽しめます。」(「復興 屋台村 気仙沼横丁」HPより) ▼宮城県・気仙沼市にある「復興 屋台村 気仙沼横丁」。  ▼そこに出店しているのが「まぐろ亭」です。  ▼注文したのは「バクダン丼」1,000円(訪問日当時)。  ▼まぐろやイクラにその他諸々。色々な食材が入っています。  ▼復興に...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.05】亀川筋湯温泉 ※別府八湯温泉道No.106

 別府八湯の一つ、亀川温泉の外湯「亀川筋湯温泉」を訪ねます。こじんまりとした湯屋、入浴料はお賽銭…など、味がある共同浴場です。 ▼亀川温泉のメインストリートを歩いていると…。  ▼辿り着いたのは「亀川筋湯温泉」。  ▼お賽銭が入浴料代わり。早速、中へ入ります。  ▼小さな浴槽が一つあるだけのこじんまりとした浴室。  ▼浴槽のすぐ脇で着替えます。  ▼こちらが湯口。お湯は激熱です。  ▼地元の人たちが通う裸...

Post image

坂内食堂(福島県/喜多方市)

 「麺は、ほどよく茹であげたシコシコとしたコシのある太めのちぢれ麺。極みは、とろ~りとろける自家製の特製焼豚、これだけを食べにくるお客様もいるという逸品。 秘伝のあっさり味の豚骨スープ。50年以上守り通してきた自信が、一度食べると忘れ得ぬラーメン中毒ファンを作ってしまう。」(公式HPより) ▼やって来ました、坂内食堂。  ▼「肉そば」900円(訪問日当時)。チャーシューに覆われて麺が見えません。  ▼平打...

Post image

【渋共同浴場めぐりNo.05】五番湯 松の湯

 9つある渋温泉の外湯(共同浴場)を巡るシリーズ。五番湯は「松の湯」です。地獄谷温泉からの引湯を祝って「松竹梅」から1文字取ったのが、名前の由来だそうです。 ▼「松の湯」です。竹の湯からは目と鼻の先にあります。  ▼タイル張りの綺麗な浴室。リニューアルされたようです。  ▼唯一木製なのがこの湯口。  ▼湯船に浸かり、天井を見上げて…。幸せなひと時。  ▼建物の近くで何やら湯気がもうもうと…。  ▼ここから温...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.04】四の湯温泉 ※別府八湯温泉道No.67

 今回の「別府共同湯めぐり」は、別府八湯の一つ、亀川温泉の外湯「四の湯温泉」を訪問します。熱海、有馬、道後に続く“四番目の名湯”としてその名が付けられたとのことです。 ▼「四の湯温泉」。入浴料は100円(訪問日当時)です。  ▼レトロ感あふれる浴室。  ▼広めの浴槽は透明なお湯で満たされています。  ▼これまたレトロな温泉分析表。  ▼ボコボコと音を立ててお湯が供給されています。  ▼温泉の前は公園。春には...

Post image

吉浜駅(岩手県/大船渡市)

 三陸鉄道は、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県の三陸地方を走る第三セクターの鉄道会社です。北リアス線(宮古~久慈間)と南リアス線(盛~釜石間)があります。 震災直後は全線で不通となりましたが、徐々に復旧区間を増やし、2014(平成26)年4月には全線開通を果たす予定です。 三陸鉄道の完全復活は被災者の方々を勇気づける大きな要素となることでしょう。今回は訪問日当時は仮の“終着駅”だった南リアス線...

Post image

天下一品 博多駅前店(福岡県/福岡市)

 全国に店舗を構える「天下一品」。時々、無性に食べたくなることがあります。今回も出張中に“発作”が。近くの店舗を探して、天下一品ラーメンを味わいます。 ▼JR九州・博多駅から徒歩5分ほどのところにある「博多駅前店」。  ▼「こってりラーメン」650円(訪問日当時)。これに300円をプラスすると…。  ▼「黒だれ野菜炒め定食」になります。  ▼お腹いっぱい。ごちそうさまでした。 <データ(訪問日時点)>  ・所在...

Post image

前田温泉 カジロが湯(鹿児島県/霧島市)

 「霧島温泉のパイオニア『前田嘉次郎』の自家湯は昔も今も、誰もが気軽に楽しめる公衆温泉浴場です。」(公式HPより)ということで、鹿児島県・霧島市の霧島温泉郷にある唯一の立ち寄り湯「前田温泉 カジロが湯」を訪問します。 ▼視界が遮られるほどの湯煙。  ▼こちらが「前田温泉 カジロが湯」です。  ▼建物の外には温泉掘削の際のやぐらや…。  ▼温泉蒸気を利用した蒸し器が温泉街に来たと実感させてくれます。  ▼受...

Post image

山麓温泉(宮崎県/えびの市)

 JR九州・吉都線(えびの高原線)の京町温泉駅の裏手にある「山麓温泉」を訪問します。1961(昭和36)年に営業を開始、湯治宿や家族風呂も併設されています。 ▼「山麓温泉」。バス停はオブジェです、バスは来ません。  ▼建物の脇でひときわ目を引くのが…。  ▼こちらの温泉タンク。  ▼母屋で入浴料350円(訪問日当時)を払って中へ入ります。  ▼番台がありますが無人です。  ▼古めかしいマッサージチェアなどが良い味...

Post image

【渋共同浴場めぐりNo.04】四番湯 竹の湯

 渋温泉に9つある外湯(共同浴場)。四番湯は「竹の湯」です。竹の湯という名前の由来は、地獄谷温泉から竹を使って引湯したというものや、引湯を祝って名前を「松竹梅」から取ったというものなど、諸説あるようです。 ▼四番湯の「竹の湯」です。  ▼浴槽は縁も底もすべて木製です。  ▼熱いお湯が注がれています。  ▼それぞれ個性があって、渋温泉の外湯めぐりは飽きることがありません。 <データ(訪問日時点)>  ・所...

Post image

安楽温泉 鶴乃湯(鹿児島県/霧島市)

 妙見温泉や日当山温泉など有名な温泉を抱える鹿児島県・霧島市の新川渓谷温泉郷。以前訪問した佐藤温泉の近くにある、安楽温泉の「鶴乃湯」を訪問します。 ▼黄色い外壁が特徴の「鶴乃湯」。  ▼玄関を入ると受付が。その先は座椅子などが置かれた家主の生活スペースです。  ▼浴場へは受付脇の階段を下っていきます。  ▼浴室内は大小2つに分かれた浴槽と…。  ▼うたせ湯…。  ▼水風呂に…。  ▼露天風呂まで。  ▼まさに...

Post image

盛楼閣(岩手県/盛岡市)

 盛岡冷麺を食べに本場の岩手県・盛岡市へ。今回訪問するのは、JR東日本・盛岡駅すぐ近くの「盛楼閣」というお店です。観光ガイドなどには必ず載っている有名店です。 ▼「ワールドインGENプラザ」というビルの2階にあります。  ▼盛楼閣です。  ▼「盛岡冷麺」900円(訪問日当時)。辛味は別です。美味。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5 地図  ・電話番号  019-654-8752 ・...

Post image

豪雪と闘うラッセル車

 こうした風景を目にすると、広大かつ過酷な気象条件の地で、鉄道という重要な生活インフラを維持・管理するのは本当に大変なことだと痛感します。 ▼JR北海道・宗谷本線の名寄駅にて。  訪問日:2014年1月11日...