Post image

角間温泉(長野県/山ノ内町)

 「蓮如上人の発見と伝えられる古い歴史を持つ温泉地で、かつては林芙美子、古川英治、横山大観等文化人の来場が多いことでも知られています。 いずれの旅館のお風呂も天然の温泉のかけ流しで、その他に特色ある3つの共同浴場があり、宿泊者は無料で利用できます。アトピー性皮膚炎・火傷・あせも等に優れた効きめがあり、お客様には大変喜ばれております。 北信五岳を眺める山あいの静かな角間温泉はかつての場治場の雰囲気を...

Post image

霧立亭(北海道/幌加内町)

 「霧立亭があるのは、蕎麦の作付面積、生産量ともに日本一を誇る北海道幌加内町です。(中略)そんな幌加内町にある霧立亭は、札幌市から約170km、旭川市から約70kmもあり、幌加内市街地から約25km北へ向かった添牛内と言う地区にあります。 国道275号線と国道239号線が交わった珍しい道沿いにあり、旧郵便局を改装してOPENした店舗なのです。当店では温・冷合わせて15種類以上のお蕎麦のメニューがあり、100%幌加内産の玄そば...

Post image

からあげ太閤(大分県/宇佐市)

 「からあげ専門店発祥の地」として知られる大分県・宇佐市。元祖からあげ処しょうすけに続いて、1988(昭和63)年創業の「からあげ太閤」を訪問します。 ▼住宅街の一角にある「からあげ太閤」。  ▼「骨なしからあげ」は100g200円(訪問日当時)。アツアツで美味。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    大分県宇佐市閤492-3  地図 ・電話番号  0978-33-3766 ・営業時間  10:00~19:00 ・定休日    月曜日(...

Post image

快速「くびき野」

 2015(平成27)年3月の北陸新幹線延伸により消えゆく列車は北越だけではありません。JR東日本・信越本線の新井駅と新潟駅を結ぶ快速「くびき野」も廃止となることが発表されました。 ▼T15編成。2010(平成22)年12月29日、新井駅にて。  ▼T18編成。2012(平成24)年1月8日、直江津駅にて。  ▼T15編成。2012(平成24)年4月1日、新潟駅にて。  ▼T16編成。2012(平成24)年9月8日、直江津駅にて。  ▼T16編成。2012(平...

Post image

つつはの湯(鹿児島県/湧水町)

 時が止まったかのような、という表現がぴったりの佇まい。鹿児島県・湧水町の「つつはの湯」は、その空間に一歩足を踏み入れると、得も言われぬ感覚に陥ります。 誰もいない浴室で湯船に浸かると、聞こえるのはチョロチョロという湯口からの温泉が流れる音だけ。至福の時間です。 ▼こちらが「つつはの湯」です。  ▼その佇まいに暫しの間、圧倒されます。  ▼番台は無人でしたので、200円(訪問日当時)を湯銭入に投入します...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.13】京町温泉 ※別府八湯温泉道No.91

 餅ヶ浜温泉と同じく別府駅から見て北の方向、「京町温泉」にやって来ました。こちらも1階が温泉で2階が公民館という構造で、住民の方々の憩いと連携の場になっています。 ▼「京町温泉」にやって来ました。  ▼軒先には独自の源泉タンクがあります。  ▼入浴料は100円(訪問日当時)です。番台さんがいらしたので手渡ししました。  ▼明るい色彩の浴室。  ▼無色透明の温泉が掛け流されています。お湯は熱め、でも気持ち良い...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.12】餅ヶ浜温泉 ※別府八湯温泉道No.174

 JR九州・日豊本線の別府駅から線路伝いに北へ歩くこと20分弱。公民館の1階にある「餅ヶ浜温泉」を訪問します。 ▼1階が共同浴場、2階が公民館という、典型的な別府共同浴場の造り。  ▼軒先には源泉のタンクと祀られている弘法大師。  ▼入浴料100円(訪問日当時)を料金箱に入れ、いざ浴室へ。  ▼こじんまりとした浴室。  ▼壁に張り付いた浴槽には、少し色味がかった源泉が掛け流されています。  ▼源泉の温度は48.4℃...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.11】的ヶ浜温泉 ※別府八湯温泉道No.177

 的ヶ浜温泉は交通量が多い国道10号線沿いにある共同浴場です。以前は地元専用だった時期もあるようですが、現在は外来者も入浴することができます。2階は公民館という別府共同浴場の典型的な構造になっています。 なお、いくつかのサイトを拝見すると、最近、男女別の浴室が入れ替わったそうです。訪問される方はご注意願います。 ▼右手が男湯で左手が女湯でしたが、最近、入れ替わったようです。  ▼番台の方に入浴料100円(...

Post image

【マルトマ食堂通いNo.11】さんまの蒲焼き丼・ホタテ刺身

 マルトマ食堂を訪問すると、店頭メニューに「アツアツさんまの蒲焼き丼」の文字が。しかも300円!秋の味覚ですし、今回はこれを注文してみましょう。 ▼「さんまの蒲焼き丼」300円&「ホタテ刺身」500円(いずれも訪問日当時)。  ▼丼にさんまが豪快にのっている姿に圧倒されます。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    北海道苫小牧市汐見町1-1-13 地図  ・電話番号  0144-36-2023 ・営業時間  6:00~14:00  ...

Post image

特急「北越」

 2015(平成27)年3月のダイヤ改正で北陸新幹線・長野~金沢間が開通しますが、それと同時に並走する在来線は第三セクターへの移管など大きな変化を余儀なくされます。 金沢~新潟間を結ぶ特急「北越」の廃止もその一つです。北陸地方の主要都市を結ぶ列車として、また上越新幹線から北陸地方への乗り継ぎ列車として活躍してきましたが、北陸新幹線開通によりその役目を終えます。 なお、列車名の消滅もさることながら、使用さ...

Post image

龍虎 西銀座店(熊本県/熊本市)※閉業※

 「1972年創業の熊本ラーメンの老舗。たかがラーメン!されどラーメン!店主こだわりの熊本ラーメンをぜひ一度ご賞味下さい。他にも、熊本名物の太平燕や、ちゃんぽんなど豊富なメニューのお食事処としても人気の、なんでんうまか店!」(熊本民主商工会HPより) ▼繁華街の中心にある「龍虎 西銀座店」。  ▼「ギューザ」の次に注文したのは…。  ▼「スペシャルラーメン」850円(訪問日当時)。お腹いっぱいです。 <データ...

Post image

湯端の湯(福島県/南会津町)

 「集落奥の旧道沿い、温泉神社ふもとに立つ共同浴場です。外来者向けの男女別の浴室のほか、地元専用の計3つがあり、女性用が改装前の浴槽。いずれも小ぶりでシンプルです。」(南会津町観光物産協会HPより) 福島県・南会津町の湯ノ花温泉にある4つの共同浴場。最後に訪問するのは「湯端の湯」です。 ▼神社の麓にある「湯端の湯」。建物前には広いスペースがありますが…。  ▼路線バスの通行ルートになっており、バス通行...

Post image

常盤軒(北海道/音威子府村)

 道北の音威子府村は、北海道内で最も人口の少ない自治体です。森林資源を生かして工芸による村おこしを推進しています。 村の特産品はそば。畠山製麺という会社が製造するそばは殻のついたまま製粉したそば粉を使用しているため、色が真っ黒でそばの香りが強いのが特徴です。 今回は、JR北海道・宗谷本線の音威子府駅構内にあるそば屋「常盤軒」で、音威子府そばを味わいたいと思います。 ▼音威子府駅。村との合築で立派な...

Post image

吉岡温泉(鳥取県/鳥取市)※閉業※

 「宝泉寺第十三世住職著『温泉略縁起』は、吉岡温泉は応和2年 葦岡長者により発見されたと伝えています。また、江戸初期の鳥取藩医師 小泉友賢は著書『吉岡温泉記』に凡そ次のような言い伝えを記しています。 顔に悪瘡のできた一人娘の病気平癒を薬師如来に祈願したところ、満願の夜お告げがあり、お告げに従ってうつろ田を掘ると、世にも珍しい湯が湧き出た。早速その湯を汲んで娘の瘡を洗うと、元の美しい姿となった。」(...

Post image

はこだて柳屋(北海道/函館市)

 「『いかようかん』は5年前、当社の菓子職人が本店の改築記念にディスプレイ用に作ったものを商品化しました。コーヒー風味のようかんはイカの足などを丁寧に再現、1日限定50個の販売で、価格は1本1,188円。」(公式HPより) 函館が誇るお土産「いかようかん」。コーヒー餡と求肥の和菓子なのですが、問題はその姿。包みには「生採れたて一パイ入」「けっして刺身にしないで下さい」などの文字が躍っていますが…。 ▼中身をあ...

Post image

寝台特急「北斗星」

 寝台特急「北斗星」の廃止が正式に発表されました。北斗星は1988(昭和63)年3月、個室や食堂車、ロビーカーなどを備えた豪華寝台列車のはしりとして、青函トンネル開通と同時に誕生しました。 最盛期は3往復が定期列車として上野~札幌間1,200km余を結んでいましたが、利用客の減少や車両の老朽化を理由に本数は徐々に減り、2015(平成27)年3月のダイヤ改正で最後の1往復も定期列車としての運行を取りやめることになりました...

Post image

アサヒ湯(北海道/帯広市)~2014厳寒・清秋

 温泉の泉質は数多くありますが、コーヒー色をしたモール泉は入浴すると気泡が身体にまとわりつき、浴後には肌がスベスベに感じられることから「美人の湯」として知られています。 この泉質は北海道の十勝川温泉が有名ですが、帯広市内でも楽しむことができます。今回は、JR北海道・根室本線の帯広駅から徒歩10分ほどのところにある「アサヒ湯」を訪問します。 ▼入浴料金420円(訪問日当時)でモール泉を楽しむことができます...

Post image

関の湯(鳥取県/倉吉市)

 鳥取県・倉吉市の関金温泉にある共同浴場「関の湯」にやって来ました。関金温泉の説明は以下のとおり。 「岡山県との県境、蒜山三山の懐に位置し、日本有数のラジウム含有量を誇り、『白金の湯』と呼ばれます。 約千二百年前に開湯したともいわれます。小鴨川の支流矢送川と滝川の合流点にあり、作州街道と大山への分岐点にあたる宿場町として、また湯治場として栄えていました。 現在は、国民宿舎や共同浴場が整備され、国民...

Post image

鵜泊温泉(鹿児島県/伊佐市)

 鹿児島県・伊佐市の「鵜泊温泉」を訪問します。古くから地元の方に親しまれているこの公衆浴場は、お湯や佇まいや場所の分かりづらさ、どれをとっても一級品です。 ▼入浴料は100円(訪問日当時)です。よく吠える犬がお出迎え。  ▼広めの脱衣場の先には…。  ▼この素晴らしい佇まいに思わず息をのみます。  ▼浴槽は広めで、同時に10人以上入ることができそうです。  ▼湯口から温泉がドバドバと掛け流されています。  ▼...

Post image

【飯坂共同浴場めぐりNo.02】切湯(福島県/福島市)

 「昔は上湯とも呼ばれた古くからある温泉で、切り傷によく効くといわれています。今の建物は昭和40年に改修したものです。飯坂温泉街の古くからある数少ない源湯の一つです。」(飯坂温泉HPより) ▼福島交通・飯坂線、通称「飯坂電車」で飯坂温泉駅に降り立ちました。  ▼使ったのは「いい電1日フリーきっぷ」。共同浴場の入浴券が付いて800円。  ▼飯坂温泉駅です。駅舎は2010(平成22)年に改装されました。  ▼温泉街を...

Post image

寿湯(鳥取県/湯梨浜町)~2014季夏

 鳥取県・湯梨浜町の東郷温泉は、最盛期には三朝温泉に次ぐ県内2位の集客力を誇る温泉郷でした。 東郷温泉の最寄り駅であるJR西日本・山陰本線の松崎駅から徒歩2~3分のところに、昔ながらの共同浴場があります。その名は「寿湯」。 ▼松崎駅からはこちらの狭い通路を通っていきます。  ▼こちらが「寿湯」です。  ▼番台が無人でしたので…。  ▼ボタンを押して、家人に入浴料200円(訪問日当時)を受け取ってもらいます。...

Post image

とよさと(長野県/野沢温泉村)

 長野県の野沢温泉街にある民宿「とよさと」で1泊お世話になります。スキー客で賑わうこちらの民宿のウリは手作り餃子。あっという間にビールが進みます。  ▼民宿「とよさと」。1泊2食で7,500円。※価格は宿泊予約サイトのもの。  ▼こちらが夕食です。餃子の他、鍋や酢の物など盛りだくさん。  ▼お腹いっぱいです。ごちそうさまでした。  ▼朝食も品数いっぱい。活力がわいたところで、さあ出発です。 <データ(訪問日時...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.10】東町温泉 ※別府八湯温泉道No.139

 大分県・別府市の浜脇エリアにある「東町温泉」。JR九州・日豊本線の東別府駅の近くにあり、付近には国道10号線も走る場所にありながら、昔ながらの佇まいを守っている貴重な共同浴場です。 ▼「東町温泉」にやって来ました。  ▼番台は無人でした。  ▼入浴料金100円(訪問日当時)を料金箱に投入します。  ▼各種案内が掲示されている通路を進んで行くと…。  ▼広々とした浴室。でもその割に…。  ▼浴槽は4~5人が入れ...

Post image

奥美濃園(岐阜県/郡上市)

 「滝百選の一つ阿弥陀ヶ滝、『湯の平温泉』『美人の湯白鳥』にも近く、長良川鉄道の終点北濃駅そばにある和風ペンションです。 冬は10ヶ所あるスキー場まで車で各25分の近さ。宿所有の全天候型テニスコートや町営貸しコートもあり、テニス合宿にも最適です。」(公式HPより) ▼「奥美濃園」です。宿の一角にはレストランもあります。  ▼いきなりですが、夕食です。  ▼飲食のお客さんに交じって、レストランでいただきま...

Post image

【宮城交通回顧録No.50】白石駅前案内所

 JR東日本・東北本線の白石駅前には宮城交通の案内所がありましたが、現在は取り壊されて駐車場になっています。 ▼白石駅前案内所前には多くのバスが集います。  ▼案内所内の系統図。廃止路線は、バス停名が塗りつぶされています。  ▼出発前までの間、しばし休憩するバス。  訪問日:2003年8月12・13日...

Post image

旅館 三之亟湯(宮城県/大崎市)

 「東北の宮城県に位置する鳴子温泉郷の中山平温泉は、古来より湯治が盛んないで湯で、環境省指定の国民保養温泉地です。 全国11種類の泉質のうち、5種の豊富な源泉が楽しめ、美肌の湯・美人の湯として知られています。アルカリ度の高い、ぬるぬるした感触が得られる湯のため、ウナギ湯という名称でも親しまれています。」(中山平温泉観光協会HPより) 宮城県・大崎市の中山平温泉にある「旅館 三之亟湯」で1泊し、美肌の湯...