Post image

急行食堂(山形県/新庄市)

 JR東日本・山形新幹線の終着駅・新庄。その新庄駅前には「急行食堂」という、ノスタルジーを感じさせる店名の定食屋さんがあります。 ▼JR東日本・山形新幹線の終着・新庄駅に降り立ちました。  ▼駅前にあるのが「急行食堂」。店名もさることながら…。  ▼店内の雰囲気もノスタルジーを感じさせてくれます。  ▼「野菜定食」750円(訪問日当時)を注文。  ▼旅行中は野菜が不足気味。ごちそうさまでした。 <データ(...

Post image

ローマの泉食堂(北海道/帯広市)

 JR北海道・根室本線の帯広駅から東の方向へ約1.5km。北海道・帯広市の「ローマの泉・ローマノ福の湯」は、近隣の十勝川温泉で有名なモール泉と同質の温泉が楽しめる場所として親しまれています。 その温泉施設の敷地内で営業しているのが「ローマの泉食堂」。名前こそハイカラですが、店内は大衆食堂そのもの。北海道新聞社刊「いとしの大衆食堂」でも紹介された“いとしき温泉食堂”の雰囲気を味わいたいと思います。 ▼左手が...

Post image

巽の湯(山形県/東根市)

 山形県・東根市にある東根温泉の公衆浴場めぐり。沖の湯と同じ日にもう一つ公衆浴場を訪問しました。その名は「巽の湯」です。 ▼東根温泉の公衆浴場「巽の湯」を訪問します。  ▼券売機で入浴券300円(訪問日当時)を購入し、受付でそれを渡します。  ▼浴室です。  ▼湯口から注がれる温泉は…。  ▼広々とした浴槽に流れ込み…。  ▼洗い場へとかけ流されています。  ▼休憩スペースも広々。  ▼県道120号線(羽州街道)...

Post image

【マルトマ食堂通いNo.12】マルトマ丼

 約1年ぶりにマルトマ食堂を訪問。今回は久しぶりということもあり、新鮮な魚介類の味が忘れらなかったので、定番の「マルトマ丼」を注文します。 ▼約1年ぶりの訪問です。  ▼「マルトマ丼」1,300円(訪問日当時)。相変わらず溢れんばかりの盛り。  ▼次回は陳列されているものをアラカルトで選んでみましょうか…。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    北海道苫小牧市汐見町1-1-13 地図  ・電話番号  0144-36-20...

Post image

沖の湯(山形県/東根市)※閉業※

 山形県・東根市の東根温泉にある公衆浴場。いしの湯に続いて別の日に訪問したのが「沖の湯」です。こちらも“民家のお風呂を借りている感”が半端ではありません。 ▼東根温泉の公衆浴場「沖の湯」にやって来ました。  ▼民家然とした佇まいに躊躇してしまいますが、「沖の湯」と書いてあるので…。  ▼入ってみると受付がありました。入浴料は200円(訪問日当時)です。  ▼はやる気持ちを抑えつつ、脱衣場で服を脱いで浴室へ…...

Post image

明明屋(岩手県/盛岡市)

 JR東日本・東北本線の盛岡駅で乗り換えの時間を使って腹ごなし。駅ビル「フェザン」の地下1階の飲食店で「明明屋」という盛岡冷麺のお店を見つけました。早速、入ってみましょう。 ▼駅ビル「フェザン」の地下1階にある盛岡冷麺のお店「明明屋」。  ▼「みょんみょんや」と読むそうです。…似た名前のお店がありましたね。  ▼注文したのは「当店オススメセット(Aセット)」。  ▼盛岡冷麺(辛味別)と…。  ▼小ピビンバ...

Post image

藤春食堂(秋田県/横手市)

 「アットホームな雰囲気のやきそば専門店で、2009年度から今年で7年連続の四天王受賞。子どもの頃から藤春のやきそばで育ったというファンも多く、昔から変わらぬ味が愛されています。オススメの特製やきそばは、麺が2玉、豚ももスライスものっておりボリュームたっぷりです。」(横手やきそば暖簾会HPより) ▼JR東日本・奥羽本線の柳田駅に降り立ちました。  ▼駅から徒歩5分ほどで「藤春食堂」に到着。  ▼店内は昔なが...

Post image

上関共同浴場(新潟県/関川村)

 新潟県・関川村の荒川沿いに5つの温泉地があり、「えちごせきかわ温泉郷」を形成しています。今回は温泉郷に3つある共同浴場のうち、「上関共同浴場」を訪問したいと思います。雲母共同浴場に続いて2箇所目です。 共同浴場のお湯も佇まいもさることながら、面白いのが料金箱。入浴料100円(訪問日当時)を入れると、クイズ番組の正解と間違いが一緒に来たような「ブーピンポン」という音が館内に響き渡ります。  ▼「上関共同...

Post image

今田商店(山形県/新庄市)

 山形県・新庄市の「今田(こんた)商店」。2014(平成26)年の暮れ、瀬見温泉で旅館を経営している先輩の手伝いで雪下ろしをしに来た帰りだという青年と陸羽東線の車内で一緒になり、教えてもらったお店です。 ▼「今田(こんた)商店」。つけ麺の美味しいお店として有名なのだそうです。  ▼つけ麺のスープは3種類。えーと、並盛は320gで800円(訪問日当時)と…。  ▼麺は太麺、スープは豚骨魚介をお願いしました。  ▼縮れ...

Post image

源来軒(福島県/喜多方市)

 「源来軒は、大正末期に中国から日本へやってきた祖父藩欽星氏が屋台から始めた、喜多方ラーメンの元祖と言われる老舗。何十年経っても、当時の作り方・味を守っている。おすすめは、手打ちラーメンと手作り餃子。」(老麺会HPより) ▼喜多方ラーメンの元祖と言われる老舗「源来軒」。  ▼10時の開店と同時にお客さんで賑わいます。  ▼「ラーメン(醤油)」650円(訪問日当時)を注文。  ▼あっさりとしたスープと縮れ麺...

Post image

大鰐温泉(青森県/大鰐町)~後編

 前編の続きです。後編では温泉街にある6箇所の共同浴場のうち、早朝から営業している3箇所を訪問したいと思います。 ▼最初訪問したのは「青柳会館」です。  ▼券売機で入浴券200円(訪問日当時)を購入して、番台に渡します。  ▼ロビーも…。  ▼脱衣場も、広々としたスペースがあります  ▼浴室もNo.1でご紹介した浴場より大きめです。  ▼続いて訪問したのは「霊湯大湯」。  ▼朝の6時から営業しています。  ▼入り口...

Post image

大鰐温泉(青森県/大鰐町)~前編

 「大鰐温泉は弱食塩泉で、神経痛やリューマチ性疾患などに格段の効果をみせます。文禄2(1593)年に津軽藩を開いた津軽為信が、難治の眼病にかかり、大鰐に涌く温泉で目を洗えば治るという、薬師如来のお告げを夢にみて、大石の下から涌き出る熱湯を発見したとも伝えられます。 温泉を湯治以外のことにも役立ててきました。温泉熱を利用したモヤシ栽培と味噌醸造です。 丑の日の丑の刻に入浴すれば病気にかからないとのことから...

Post image

ラーメン大将(青森県/黒石市)

 青森県・黒石市の「ラーメン大将」は、弘南鉄道・弘南線の終点・黒石駅前にあります。雪の降る寒い日に食べる味噌ラーメンは、身も心も温まります。 ▼リニューアルした店舗。看板には「元祖みそラーメン」の文字が。  ▼食券機で「みそラーメン大(1.5玉)」820円(訪問日当時)を購入。  ▼際立つ麺の黄色。寒い雪国の地で身も心も温まります。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    青森県黒石市一番町21-1 地図 ...

Post image

いしの湯(山形県/東根市)

 山形県・東根市の東根温泉。地元の名産にちなんで「さくらんぼ東根温泉」という愛称で親しまれています。開湯は1910(明治43)年、干ばつ対策として農業用水用の井戸を掘ったら温泉が出てきたのだそうです。 この東根温泉には公衆浴場が5箇所あります。今回はそのうちの一つ「いしの湯」を訪問します。5箇所の中で最も“民家のお風呂を借りている感”の強い公衆浴場です。 ▼入口からして民家然としている「いしの湯」。  ▼お家...

Post image

魚喰いの大間んぞく(青森県/大間町)

 「大間んぞく(おおまんぞく)は、漁師のオーナーを筆頭に一家団結してお店を盛り上げる、魚系食堂です。2001年には築地初競りで2020万という高値を打ち出した、最高のマグロを釣り上げました。 水揚げから加工まで完全自社加工でご提供しております。マグロをメインに海の幸が盛り沢山!本州最北端の味を心ゆくまでご堪能下さい。」(公式HPより) ▼本州最北端、青森県の大間崎にやって来ました。こちらは岬近くの食事処。...