Post image

ラーメン二郎 仙台店(宮城県/仙台市)

 東京・三田に本店がある「ラーメン二郎」。目黒店・歌舞伎町店に続いて、宮城県・仙台市の仙台店を訪問します。 ▼仙台店です。食券を購入してから行列に並びます。  ▼「小豚ラーメン」790円(訪問日当時)。ブタは5枚。野菜、ニンニク。美味。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    宮城県仙台市青葉区立町2-8 地図 ・電話番号  非公開 ・営業時間  11:30~14:30・17:00~21:00(日曜日は11:30~19:30) ・定...

Post image

湯之元温泉センター(鹿児島県/日置市)

 「浴場は明るく清潔に保たれており、大きな浴槽では大人数でも足を伸ばしてゆっくりとくつろげる。 泉温は61度と高く、一回小さめの浴槽に貯めてから、徐々に冷ましている。風呂上りはロビーが憩いの場になり会話も弾む。」(温泉ガイドブック「湯の路ぶらり散策」より) 鹿児島県・日置市の湯之元温泉。元湯・打込湯に続いて訪問したのは、温泉街の南端に位置する「湯之元温泉センター」です。こちらの入浴料も150円(訪問日...

Post image

元湯・打込湯(鹿児島県/日置市)

 「400年の歴史を持つ当温泉は天然温泉100%で掛け流し。源泉は単純硫黄泉の元湯と単純温泉の打込湯の2種類あるので二度楽しめる。 元湯は神経痛とリュウマチ、筋肉痛に、打込湯は皮膚病や胃腸病に効能があり湯治客も多く訪れる。」(温泉ガイドブック「湯の路ぶらり散策」より) ▼鹿児島県・日置市の湯之元温泉にやってきました。  ▼この「元湯・打込湯」は2つの種類の温泉を楽しむことができます。  ▼綺麗に管理された脱...

Post image

姉戸川温泉(青森県/東北町)

 青い森鉄道・小川原駅からは目と鼻の先。温めの湯温とヌルッとした感触で温泉ファンには有名な「姉戸川温泉」を訪問します。 ▼青い森鉄道・小川原駅から歩けばすぐ。「姉戸川温泉」にやって来ました。  ▼民家然とした入口から中へ…。  ▼出迎えてくれた男性に入浴料200円(訪問日当時)を渡します。浴場は右手。  ▼脱衣場も広々としています。そして…。  ▼こちらが浴室です。なんて素晴らしい光景なのでしょう。  ▼ヌ...

Post image

ローマノ福の湯(北海道/帯広市)

 「昭和51年(1976)、佐虎建業(有)の先代社長がサウナ・家族風呂の『ローマノ泉』の権利を譲り受ける。当時の家族風呂は沸かし湯だったので、燃料代を浮かせるために始めた温泉掘削を行い、昭和55年(1980)7月、深度1,200mで温泉が720リットル/分湧出した。 同年、家族風呂に温泉が引かれる。家族風呂で利用しても湧出量が多かった為、翌昭和56年(1981)夏に公衆浴場『ローマノ福の湯』が誕生する。」(公式HPより) ▼...

Post image

岡元温泉(鹿児島県/霧島市)

 「霧島市隼人町の公衆浴場『岡元温泉』。大人200円とリーズナブルな価格で泉質抜群の湯で体を癒すことが出来ます。朝は6:30から営業!朝風呂も最高ですよ!」(きりなびHPより) ▼霧島市隼人町の住宅街にある「岡元温泉」。  ▼受付で入浴料200円(訪問日当時)を払って浴場へ。  ▼広々とした脱衣場。  ▼以前は番台式だったのでしょうか、その跡が残されています。  ▼浴槽の中央が間仕切りされていて、熱めと温めの2つ...

Post image

島鉄フェリー

 「島鉄フェリーは島原半島南端の口之津港から天草鬼池港を結ぶ所要時間30分の航路をもつフェリーです。『フェリーくちのつ』、『フェリーあまくさⅡ』の2隻で、口之津・鬼池から、共に同時出港しております。ぜひ島原を訪れる際は天草へ、また天草を訪れる際は島原への航路として御利用ください。」(公式HPより) ▼口之津港の「バスのりば」兼「フェリーのりば」。  ▼建物には、昭和を感じる切符売り場やお土産屋さんが入っ...

Post image

市営浜の湯(長崎県/雲仙市)

 「温泉街の入り口に位置する市営の共同浴場です。地元の人たちとふれあえるのが魅力です。」(小浜温泉観光協会HPより) ▼熱量日本一といわれる、長崎県・雲仙市の小浜温泉。  ▼その温泉街の入口にあるのが「市営浜の湯」です。  ▼入浴料は150円(訪問日当時)です。  ▼広々とした脱衣場には…。  ▼年季ものの体重計が置いてあります。  ▼浴室内の画像は小浜温泉観光協会HPより拝借しております。 <データ(訪問...

Post image

おんのじ 榴岡店(宮城県/仙台市)

 「来る日も来る日も濃厚で旨いスープの開発に明け暮れ、試してない部位は無いと言えるほど豚のあらゆる部位を炊き続けました。そのスープに、鶏や魚介を加えるタイミングや、微妙な火加減を素材によって変えていくといった工程を繰り返し続けて仕上がった濃厚スープ。 それに負けない弾力と香りを持ち合わせた2種の小麦で打ち上げる太麺の開発を妥協無く積み重ねて、人生を掛けた渾身のつけ麺が出来上がりました。私たちが自信...

Post image

三久(大分県/日田市)

 「日田やきそば」のお店は既に三隈飯店と天龍を訪問済みですが、今回は新たに「三久」を訪問します。店主が毎朝作る、2種類の小麦粉を使った自家製麺が特長の人気店です。 ▼「三久」にやって来ました。  ▼広めの店内ですが、お昼時にはかなり混雑するとのこと。  ▼焼きそばのカブリモノ。イベント用でしょうか…。  ▼注文したのは「大盛やきそば」830円(訪問日当時)、スープ付きです。  ▼パリパリとした麺の食感が絶妙...

Post image

青葉直利庵(岩手県/一関市)

 岩手県・一関市の「青葉直利庵」は、極太の麺で有名な蕎麦屋さん。昼食時ともなれば、県内外からのお客さんで行列ができる人気店です。 ▼昼食時を少し外しましたが、店内には席空き待ちのお客さんがずらり。  ▼先に受付で注文してから席に座ります。テーブルの立派なメニュー表。  ▼注文したのは、「天大ざる」1,200円(訪問日当時)。  ▼蕎麦はうどんのような太さ。これが病みつきになります。  ▼お腹いっぱい。ごちそ...

Post image

鯖石温泉(青森県/大鰐町)※閉業※

 青森県・大鰐町の鯖石温泉はコンテナを使用した浴槽で温泉ファンの間では広く知られた存在でしたが、2016(平成28)年8月、残念ながら閉鎖となってしまいました。 ▼鯖石温泉は地元の人々や温泉ファンに愛された温泉でした。  ▼画像右下の投入口に入浴料100円(訪問日当時)を投入します。  ▼狭い脱衣場から浴室へ向かいます。  ▼浴室もこじんまりとしています。  ▼こちらが件のコンテナ浴槽。2~3人が入れば一杯です。...

Post image

だるま亭(北海道/夕張市)

 北海道・夕張市の若菜地区にある「だるま亭」。メニューにはご飯ものやラーメンやお寿司まであるオールマイティな食事処です。 ▼「だるま亭」。地元で親しまれている食事処です。  ▼落ち着いた雰囲気の店内。  ▼メニューにはご飯ものやラーメンやお寿司まであります。  ▼注文したのは、おすすめメニューの「カレーラーメン」750円(訪問日当時)。  ▼麺とカレースープの相性が抜群です。ごちそうさまでした。 <データ...