Post image

【別府共同湯めぐりNo.31】雲泉寺温泉

 今回の「別府共同湯めぐり」は、ラクテンチ付近にある「雲泉寺温泉」を訪問します。流川通りを西へ進んで朝見川の少し手前、JR九州・日豊本線の別府駅から徒歩20分ほどのところにあります。 ▼「雲泉寺温泉」にやって来ました。  ▼受付は無人ですので…。  ▼“臨時入浴者”は入浴料100円(訪問日当時)を投入口に入れます。  ▼中へ入ると、建物内は脱衣場から浴室が一続きに。  ▼浴槽は浴室内の男女を仕切る壁に張り付く...

Post image

フェリーなんきゅう

 「山川と根占を繋ぐ "海の国道" フェリーなんきゅう 鹿児島県薩摩半島の山川と大隅半島の根占を結ぶカーフェリーです。是非ご利用下さい。」(公式HPより) ▼大隅半島を周遊した後、根占港より「フェリーなんきゅう」に乗船します。  ▼普通乗用車(4m未満)の車輛運賃は2,800円(運転手込・訪問日当時)。  ▼窓口で手続きを済ませた後…。  ▼しばらく外で海を眺めていると…。  ▼山川港から根占港へ向かう「フェリーな...

Post image

新湯温泉 霧島新燃荘(鹿児島県/霧島市)

 「赤松林に囲まれたひなびた風情の一軒宿。アトピー性疾患や水虫等に効果のある硫化水素の湯は乳白色で、リピーターも多い秘湯です。地元の食材を中心に使用した手作り料理も大好評です。」(霧島市観光協会HPより) 霧島温泉郷の東北東の方角に位置する新湯温泉「霧島新燃荘」。2011(平成23)年の新燃岳噴火の影響で長らく休業していましたが、2012(平成24)年の夏から営業を再開、以前の賑わいを取り戻しています。 ▼新...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.30】八幡温泉 ※別府八湯温泉道No.140

 「八幡温泉」はJR九州・日豊本線の別府駅から南へ徒歩15分ほどのところにある共同浴場です。昭和初期に地元の方が出資し合って設立したとのこと、そのお湯に浸かりながらしばし設立に尽力した故人たちに思いを馳せます。 ▼閑静な住宅街の中にある「八幡温泉」。民家のような建物の脇には…。  ▼高い櫓とその上に貯湯タンクがあります。  ▼入浴料100円(訪問日当時)を番台の方に渡します。  ▼浴室の中央に角の取れた長方...

Post image

やまがた辛味噌らーめん りゅうぞう(宮城県/仙台市)

 「昔、山形県・赤湯の辛味噌ラーメン人気店で修業を積んだ職人と、味・材料をとことん追求しないと気が済まない店主が、寝る間も惜しんで研究を重ね遂にたどり着いた味。 厳選した風味豊かな味噌と数十種類の香辛料をブレンドした深い味わいのある辛味噌。香り・太さとのどごしにこだわった自慢の自家製麺を特製スープで仕上げた至極の逸品。仙台市民に味わって頂きたく初見参。」(店頭看板より) ▼仙台駅の東口にある「やま...

Post image

【飯坂共同浴場めぐりNo.08】仙気の湯(福島県/福島市)

 「元和4(1618)年発見。昔は下湯と呼ばれ、切湯の川下にありましたが、昭和42年に現在のところに移築されました。ヘルニアによく効くことで有名です。」(飯坂温泉HPより) ▼福島交通・飯坂温泉駅から徒歩5分ほどのところにある「仙気の湯」。  ▼導専の湯から徒歩3分ほどの至近距離にあります。そういえば外観もそっくり。  ▼自動券売機で入浴券200円(訪問日当時)を購入して…。  ▼番台の方に渡します。  ▼広々とし...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.29】山田温泉 ※別府八湯温泉道No.138

 「山田温泉」は、JR九州・日豊本線の別府駅と東別府駅から夫々徒歩15分ほど。2つの駅のちょうど中間地点に位置しています。1958(昭和33)年の開業当初は木造の瓦葺きでしたが後に建て替え、2007(平成19)年に改装されて現在に至ります。 ▼住宅街に佇む「山田温泉」。  ▼営業時間は6時から23時まで。ただし9時から11時までは清掃時間です。  ▼「朝見1丁目2区自治会」が管理されています。  ▼こちらの投入口に入浴料100...

Post image

稚内駅(北海道/稚内市)

 北の大地に憧れ、最北端を目指してやって来る旅人たちを迎え入れてきたJR北海道・宗谷本線の稚内駅。45年間使用されてきた3代目駅舎は2011(平成23)年4月に役目を終え、新駅舎(駅ビル)が開業しました。 ▼晴れの日も…。  ▼雪の日も…。  ▼旅人を温かく受け入れてきた3代目駅舎。  ▼2010(平成22)年1月の訪問時、新駅舎(駅ビル)は建設中。  ▼宗谷バスの旧駅前ターミナル。こちらも駅ビル開業と同時に閉鎖・移転。...

Post image

祝梅温泉(北海道/千歳市)

 北海道・千歳市の外れにディープな雰囲気を持つ温泉施設があります。その名は「祝梅温泉」。まず敷地入口の大きなボーリングのピンで度肝を抜かれるでしょう。しかし温泉は素晴らしく、遠方からやって来る温泉ファンが後を絶たないそうです。 ▼「祝梅温泉」にやって来ました。来訪者を出迎えてくれるのは…。  ▼この大きなボーリングのピンです。どこから持って来るんでしょうねえ…。  ▼そしてこちらが温泉施設の建物。管理...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.28】蓮田温泉 ※別府八湯温泉道No.163

 今回の「別府共同湯めぐり」でご紹介するのは「蓮田温泉」。前回ご紹介の東蓮田温泉から目と鼻の先、距離にして300mしか離れていない場所にあります。 ▼東蓮田温泉よりもさらにジモ専感が感じられる「蓮田温泉」。  ▼入浴料は100円(訪問日当時)です。  ▼浴室の中央に配置された浴槽へ…。  ▼源泉枡から熱めのお湯が供給されています。  ▼入浴の心得。この温泉は「長生会」という組合が管理されているようです。  ▼脱...

Post image

悦中庵(青森県/八戸市)

 青森県・八戸市の「悦中庵」は、そばをタワー状にした「二八そば」が有名なお店です。今回は悦中庵で「ゲソ天二八ざる」910円(訪問日当時)にチャレンジしてみます。 ▼八戸大橋や蕪島から近い場所にある「悦中庵」。  ▼悩んだ末に「ゲソ天二八ざる」910円(訪問日当時)を注文。  ▼注文したものが目の前に置かれて驚愕します。  ▼そばはトルネードのように巻かれてタワー状になっています。  ▼ゲソ天もサクサクで美味...

Post image

【飯坂共同浴場めぐりNo.07】導専の湯(福島県/福島市)

 「昭和37年に作られた共同浴場で、この土地の地名から名付けられました。住宅街にある温泉で、地域の人々の共同浴場として親しまれています。」(飯坂温泉HPより) ▼福島交通・飯坂温泉駅から徒歩3分ほど、「導専の湯」へやって来ました。  ▼券売機で入浴券200円(訪問日当時)を購入して番台の方に渡します。  ▼貴重品用のロッカーも設置されている脱衣場。  ▼浴室内の画像は「飯坂温泉共同浴場」HPより拝借しており...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.27】東蓮田温泉 ※別府八湯温泉道No.164

 今回の「別府共同湯めぐり」は、浜脇地区の東蓮田温泉を訪問します。JR九州・日豊本線の東別府駅から徒歩10分ほどのところ、別府駅から見て南の方角に位置します。 ▼住宅街の一角にある「東蓮田温泉」。  ▼番台は無人でした。入浴料100円(訪問日当時)を箱に入れて中へ。  ▼浴室と脱衣場が一体になっています。  ▼浴室中央に配置されている浴槽。  ▼泉質はアルカリ性単純泉です。  ▼洗い場は広々としており、のん...