Post image

鶴丸温泉(鹿児島県/湧水町)

 JR九州・吉都線の鶴丸駅の目と鼻の先にある「鶴丸温泉」を訪問します。このエリアにはモール泉の温泉が数多く存在しますが、鶴丸温泉のモール泉の濃度の濃さは九州屈指とのこと。ツルツルの浴感を楽しみたいと思います。 ▼趣のあるローカル線の無人駅。  ▼JR九州・吉都線の鶴丸駅です。  ▼鶴丸駅の目と鼻の先にあるのが…。  ▼「鶴丸温泉」です。旅館もやっているようです。  ▼65.8℃の良質なモール泉を味わうことが...

Post image

温泉民宿 桐(北海道/釧路市)

 北海道・釧路市の阿寒湖畔にある「温泉民宿 桐」に1泊お世話になります。お土産屋さんが併設された簡素な民宿ですが、さすが温泉街にあるだけあって、温泉の浴室は一級品です。 ▼1泊素泊まり3,500円(税別、訪問日当時)でお世話になります。  ▼お風呂のお湯は源泉100%かけ流し。55℃とかなりの高温です。  ▼トドマツでできた浴槽に身体を沈めると、浴室一面にお湯が溢れ出ます。  ▼翌日、早朝の阿寒湖温泉街を散策した後...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.39】松原温泉 ※別府八湯温泉道No.12

 今回の「別府共同湯めぐり」は、国道10号線から永石通りに入って少し進んだところにある「松原温泉」をご紹介します。JR九州・日豊本線の別府駅と東別府駅のちょうど中間あたりに位置し、徒歩でいずれも10~15分ほどかかります。 ▼モダンな2階建てのコンクリート造り。1階が「松原温泉」、2階が公民館です。  ▼建物の横に回ると、意匠をこらした造りになっているのが分かります。  ▼入口前のお地蔵様。地元の方でしょうか...

Post image

谷地温泉(青森県/十和田市)

 「八甲田山麓に開湯400年を誇る日本三秘湯『谷地温泉』があります。山の中の一軒宿といった風情で、古びた木造の建物は趣があり、周辺は高山植物が自生する谷地湿原が広がります。」(公式HPより) ▼日本三秘湯の一つ「谷地温泉」で1泊お世話になります。  ▼1泊2食で8,424円(消費税込・入湯税別)でした。閑散期だから少し安いのかな。  ▼忍者屋敷のような階段をのぼり…。  ▼通していただいた部屋は本館2階の23号室。...

Post image

とよ常 別府駅前店(大分県/別府市)

 「旬の息吹にあふれた大分豊後の地元の食材を使用しております。その日にとれた新鮮な魚や季節ごとの食材をつかった本日のおすすめも。創業からの味守り貫いている女将自慢の天丼をどうぞ、ご賞味みくださいませ。」(公式HPより) ▼「とよ常 別府駅前店」で軽く腹ごしらえを。天丼が名物だそうですが…。  ▼ごはんは重いので、大分名物の「とり天」を単品で注文。  ▼衣はサクサク、かかっているタレの味加減も絶妙です。...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.38】白湯温泉

 別府に「白湯温泉」という名の共同浴場は2つありまして、いずれも中島町という地区にあります。JR九州・日豊本線の別府駅からは西方向へ徒歩15分ほど。今回はそのうちの一つ、県道52号線から公園南通りを入って2軒目の民家の敷地内にある「白湯温泉」を訪問したいと思います。 ▼民家の敷地内にある「白湯温泉」。母屋に入浴をお願いしに行くと…。  ▼奥様ににこやかに対応いただき、わざわざ浴室の鍵を開けに来て下さいまし...

Post image

松川温泉 峡雲荘(岩手県/八幡平市)

 「松川温泉峡雲荘はブナやナラの原生林に囲まれた森の中の懐かしい古民家風の佇まいの宿で、自慢の源泉掛け流しの硫黄泉が旅人の心と体をあたたかく癒します。 八幡平の渓流のせせらぎが聞こえる露天風呂は木々の彩が鮮やかで、川風が肌に心地よく渡り、素朴で気取らない家庭的なもてなしと、岩手八幡平の郷土食豊かな食材を使った手づくり和風料理でおもてなし致します。」(公式HPより) ▼岩手県・八幡平市の「松川温泉 峡...

Post image

花岡温泉(秋田県/大館市)

 自然豊かな花岡川沿いに建っています。付近には大館の観光名所である鳥潟会館や花岡平和記念館などがあり、温泉とあわせて散歩をしながら楽しむことができます。(大館市観光協会HPより) ▼花岡川沿いにある…。  ▼「花岡温泉」を訪問します。  ▼入浴料は250円(訪問日当時)。券売機で入浴券を購入します。  ▼入浴券を受付の方に渡して、中へ進みます。  ▼綺麗に整理整頓されている脱衣場。  ▼浴室です。台形型の広...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.37】白湯温泉

 別府に「白湯温泉」という名の共同浴場は2つありまして、いずれも中島町という地区にあります。JR九州・日豊本線の別府駅からは西方向へ徒歩15分ほど。今回はそのうちの一つ、県道52号線に程近い「白湯温泉」をご紹介したいと思います。 ▼県道52号線から見える湯気抜きのある建物。これが…。  ▼「白湯温泉」です。建物の脇には…。  ▼源泉用でしょうか、コンクリートの貯槽があります。  ▼入浴料は竹筒に。入浴は100円、...

Post image

ニセコエクスプレス

 キハ183系5000番台(ニセコエクスプレス車両)は、スキー場で有名なニセコへのリゾート列車用の車両として、1988(昭和63)年12月に営業運転を開始しました。 JR北海道・苗穂工場における初の新製車両としてデビューし、ニセコをはじめ全道各地で活躍してきましたが、車両の老朽化により、平成29(2017)年11月4日のラストランを以って引退しました。 ▼吹雪の中、出発を待つ「ニセコエクスプレス」。ファイターズ仕様だった...

Post image

長万部温泉ホテル(北海道/長万部町)

 「とにかく食事が豪華な宿!料理のボリューム、品数、味が素晴らしい温泉ホテル。低料金の中で最高の食事を提供する事にこだわり、そして実践しています。  お客様に満足いただけるように、食事をお腹いっぱい食べて頂くように品数も多く、一品一品の量を多くし、次にまた来て頂けるように力を入れています。  季節に応じた旬の食材、特に長万部特産のカニやほたて、ホッキ等地元の海の幸を豊富にご用意。温泉ホテルの料理は長...

Post image

【別府共同湯めぐりNo.36】祇園温泉 ※別府八湯温泉道No.168

 「祇園温泉」は、JR九州・日豊本線の別府駅から南西の方向にあります。駅から歩くと20分ほどかかるでしょうか。朝見川沿いの建物の周囲は静かな住宅街に囲まれ、朝から地元の方が多く訪れています。 ▼朝見川に面したところにある2階建ての建物が…。  ▼「祇園温泉」です。2階は公民館になっています。  ▼番台にある投入口に入浴料100円(訪問日当時)を投入。  ▼浴槽は数年前に改修されたとのこと。水色が目に飛び込んで...

Post image

満願寺温泉 川湯(熊本県/南小国町)

 「満願寺川の中に湧く温泉。早朝の湯気が立ち込める風景は情緒豊か。湯の温度は少しぬるめで、地元の人が米を研いだり、野菜を洗うのにも使われている。露天風呂としても利用できるが、道路沿いのため昼間入るにはちょっと度胸が必要だとか。」(南小国町HPより) ▼川縁に設けられた屋根などの人工物。  ▼これが満願寺温泉「川湯」です。  ▼部外者は入浴料200円(訪問日当時)を…。  ▼備え付けの箱に投入してから入浴し...