Post image

さはこの湯(福島県/いわき市)

 「江戸末期の様式を再現した情緒あふれる純和風の建物が訪れる人を魅了します。うたせ湯のある岩風呂『宝の湯』と、八角形の形をした木の香り漂う檜風呂『幸福の湯』があり、男女が日替わりで入浴できます。源泉掛け流しの天然硫黄泉は、皮膚病、婦人病、高血圧症などに効果があり旅の疲れを癒してくれます。」(公式HPより) ▼JR東日本・常磐線の湯本駅から徒歩10分ほどで、「さはこの湯」に到着します。  ▼入浴料は230...

Post image

みゆきの湯(福島県/いわき市)

 「平成18年11月に、三函にあった『東湯』の老朽化に伴い、JR湯本駅前に新しく作られた共同浴場。常磐炭鉱の石炭と煉瓦工場をイメージしたデザインの建物で、施設内は男子浴室と女子浴室、介護浴室の3つの浴室とロビーがあり、男女の浴槽は高温・常温の2種類がある。」(いわき市観光情報サイトHPより) ▼JR東日本・常磐線の湯本駅とは目と鼻の先…。  ▼駅前からのびる道を1分ほど歩くと…。  ▼「みゆきの湯」があります...

Post image

深川ターミナル(北海道/深川市)

 深川ターミナルは、北海道・小樽市に本社を置く北海道中央バスが、北海道・深川市に設置していたバスターミナル施設です。2007(平成19)年7月31日をもって閉鎖されました。 その後もテナントの一部は営業を継続していましたが、2008(平成20)年4月21日をもって営業を終了し、同年10月に解体が始まったそうです。 ▼在りし日の深川ターミナル。画像左側の空間からバスが出てきます。  ▼中央バス子会社の北空知バス(現空知中...

Post image

上の湯(福島県/いわき市)

 映画「フラガール」の舞台として知られる「スパリゾートハワイアンズ」がある福島県・いわき市のいわき湯本温泉。今回は、温泉街に3箇所ある共同浴場のうち、北の外れに位置する「上の湯」を訪問します。 ▼他の2箇所と異なり、観光客がほとんど来ない「上の湯」。  ▼番台に入浴料100円(訪問日当時)を払って中へ入ります。  ▼機能性を重視したシンプルな脱衣場。  ▼源泉温度は58.0℃。浴槽のお湯は激熱でした。  ▼2017...

Post image

小さな鉄道博物館 十勝晴駅(北海道/音更町)

 北海道・帯広市の北隣にある音更町に、鉄道好きが高じて自宅に鉄道博物館を作ってしまった方がいらっしゃると聞いて、お邪魔してみました。 展示物の数々を“館長さん”自ら丁寧に解説してくださいます。前後の予定もあり、滞在できた1時間では到底時間が足りません。絶対また来ます。 ▼木製扉は旧型客車の車内引き戸だそうです。  ▼入口の木製扉と同じ車両にあった座席も置かれています。  ▼壁一面に飾られたサボの数々! ...

Post image

大塩温泉共同浴場(福島県/金山町)

 「会津川口から只見方面に向かい、横田の二本木橋を渡り1kほど先を左折、民宿たつみ荘の隣に共同浴場がある。湯船は7~8名が入れる大きさで温度が低いため昼ころより加熱します。  色は灰色に濁っており、地元は肌がすべすべになる美人の湯としても有名です。近くに春先3~5月頃まで自噴する露天風呂があります。」(金山町商工会HPより) 2015(平成27)年8月8日にリニューアルオープンして綺麗な設備に生まれ変わったとの...

Post image

カムイワッカ湯の滝(北海道/斜里町)

 「カムイワッカ湯の滝では毎年滑落事故が発生しています!全国的に有名になった“カムイワッカ湯の滝”は、シーズン中は多くの人でにぎわいます。流れ落ちるお湯の川を登っていくのは気持ちのよいものです。 しかし、ここは自然のままの川であり安全や快適さを求める設備や整備は一切おこなっていません。登山に『沢登り』というジャンルがありますが、“カムイワッカ湯の滝”を登っていくには、沢登りの初歩の知識と技術と同じもの...

Post image

勝山駅(福井県/勝山市)

 福井県・勝山市にある勝山駅は、えちぜん鉄道・勝山永平寺線の駅です。以前は路線が京福大野駅までだったため中間駅でしたが、1974(昭和49)年に勝山駅~京福大野駅間が廃止となり、同駅は終着駅となりました。 訪問したのは2008(平成20)年3月と2011(平成23)年8月でしたが、その後、2011(平成23)年11月には駅前ロータリーが完成、2013(平成25)年10月には駅舎が改修され、駅や駅周辺の雰囲気は大きく変わったようです。...

Post image

中嶋旅館(岩手県/花巻市)

 「木造4階建の建物と天然の岩風呂・大理石風呂。館内のいたるところに古の優しさを伝えてくれる彫刻品の数々が昔の面影を偲ばせてくれます。」(公式HPより) ▼岩手県・花巻市の台温泉にある「中嶋旅館」で1泊お世話になります。  ▼1泊2食で9,870円(税込・訪問日当時)。 ※価格は宿泊予約サイトのもの  ▼通していただいたのは「つばき」という部屋。  ▼到着した時には既に布団が敷かれていました。  ▼食事前に「天...

Post image

大歩危駅周辺の観光地

 「三好市には、大歩危峡や黒沢湿原、紅葉の名所・竜ヶ岳、四国第二の高峰・剣山といった豊かな自然や、四国霊場第66番札所・雲辺寺、平家落人伝説の残る祖谷のかずら橋など、歴史的文化遺産など見どころいっぱい。」(大歩危・祖谷観光NAVIより) ▼JR四国の特急「南風」で大歩危駅に降り立ちました。  ▼駅のホームには祖谷のかずら橋のレプリカが。  ▼まずは、大歩危駅前から路線バスに乗って「大歩危峡」へ。  ▼5分...

Post image

出町温泉(青森県/青森市)

 青森県・青森市の住宅街の一角に佇む「出町温泉」は、古き良き時代の銭湯の雰囲気を味わうことができる場所。2015(平成27)年8月に訪問した時の様子をご紹介します。 ▼「出町温泉」。赤いネオンが温泉銭湯であることを知らせてくれます。  ▼入浴料は420円(訪問日当時)でした。  ▼広々とした脱衣場に…。  ▼広々とした浴室。  ▼2016(平成28)年6月から7月にかけて、リニューアル工事が行われたようです。 <データ(...

Post image

キハ183系「特急北斗」

 2018(平成30)年3月のダイヤ改正において、函館~札幌間の特急列車は全て新型車両による「スーパー北斗」に統一され、キハ183系「北斗」は姿を消す予定です。 これにより余剰となった比較的新しい年代の車両が、老朽化の進むキハ183系0番台を置き換えていくことになります。今回は2011・2012年頃の活躍の様子を、コメントなしでご紹介したいと思います。           <参考HP>  ・「平成30年3月ダイヤ改正につい...

Post image

鳴子温泉 滝の湯(宮城県/大崎市)

 宮城県・大崎市の鳴子温泉にある共同浴場「滝の湯」を訪問。「鳴子温泉神社の御神湯として千年の歴史をもつ古湯」(鳴子温泉郷観光協会HPより)だそうです。 ▼雪降る中、鳴子温泉にある共同浴場「滝の湯」にやって来ました。  ▼軒先の自販機で入浴券150円(訪問日当時)を購入。館内撮影禁止につき…。  ▼浴室の画像は「日帰り温泉Navi」様より拝借。木の湯樋から温泉が浴槽へ豪快に掛け流されています。  ▼主浴槽の奥に...

Post image

475系電車

 1962(昭和37)年の451・471系電車登場を皮切りに、旧国鉄が製造してきた交直両用急行形電車。最盛期には東北・北陸・九州の各地区で、急行「ときわ」「立山」「かいもん」などとして活躍しました。 その後、急行列車の特急化等により本来の役割を失った同系列は、改造を経て各地区の普通列車や快速列車の運用にあたっていました。 そして、2015(平成27)年3月のダイヤ改正をもって、最後まで活躍していた北陸本線での定期運...