Post image

ニューモンブラン(北海道/根室市)

 名物のエスカロップを味わうために立ち寄った北海道・根室市。「食事と喫茶 薔薇」の次に訪れたのが、根室駅近くにある「ニューモンブラン」です。 エスカロップは1963(昭和38)年頃、「モンブラン」という洋食店のシェフが考案したのが始まり、とのこと。モンブランで働いていた料理人さんが独立してこちらのお店を開業したそうです。 ▼「食事と喫茶 薔薇」に続いて訪問した「ニューモンブラン」。  ▼「エスカロップ」890...

Post image

食事と喫茶 薔薇(北海道/根室市)

 北海道・根室市の名物料理、エスカロップ。タケノコが入ったバターライスの上にトンカツを乗せ、デミグラスソースをかけたメニューです。 10年以上前に「どりあん」というお店でエスカロップを味わいましたが、今回再びエスカロップが食べたくなり、根室市に立ち寄りました。 最初に訪問したお店は「食事と喫茶 薔薇」。純喫茶然とした店内で、音の良さそうなスピーカーから流れるピアノジャズを聴きながら味わうエスカロップ...

Post image

民宿わたなべ(北海道/浜中町)

 「皆さま、民宿わたなべのホームページをご覧下さいまして、ありがとうございます。当宿は、太平洋と霧多布湿原を一望できる、静かで豊かな自然に囲まれた場所にございます。運が良ければ可愛らしいキツネや鹿に出会うことも…。 お食事は、花咲カニ、カキ、サンマ、ウニ、ホッキ、時しらずなど、浜中町でとれた新鮮な海の幸をふんだんに使った料理が並びます。 凝った料理はできませんが、煮る・焼く・蒸すをベースに、素材その...

Post image

コタン共同浴場(北海道/弟子屈町)

 北海道の道東に位置する屈斜路湖。湖畔には数々の野湯が点在していますが、管理人さんが常駐する共同浴場もありますので、今回はこちらを訪問したいと思います。場所は地元有志によって作られた露天風呂「コタンの湯」のすぐ近くです。 ▼屈斜路湖畔に佇む「コタン共同浴場」。  ▼受付にいる管理の方に入浴料200円(訪問日当時)を払って中へ入ります。  ▼管理の方のおかげで、脱衣場は綺麗に保たれています。  ▼そして、...

Post image

生野駅(北海道/遠軽町)

 北海道・遠軽町にあるJR北海道・石北本線の生野駅。周辺に目立った建物はなく、山間部に挟まれた狭い農地にある秘境駅です。上り下り合わせて1日3本しか停車しないこの駅に、朝の上り列車で降り立ちます。 ▼7時41分、生田原発遠軽行の上り列車で生野駅に降り立ちます。  ▼ちなみに上り列車で生野駅に停車するのは朝のこの1本のみ。次の列車は5時間後!  ▼7時42分、列車は遠軽を目指して出発してしまいました。  ▼1946(...

Post image

湿原温泉 民宿つるい(北海道/鶴居村)

 釧路湿原やタンチョウヅルで有名な、北海道・鶴居村。この鶴居村の市街地に、源泉掛け流しの温泉民宿があると聞いて、宿泊にやって来ました。その名は「湿原温泉 民宿つるい」。 ▼「湿原温泉 民宿つるい」にやって来ました。  ▼1泊2食付6,500円(訪問日当時)でお世話になります。  ▼早速、お風呂に入りましょう。  ▼日帰り入浴もできるそうですが、水曜日は定休日です。  ▼浴室には浴槽が2つ。どちらの浴槽にも温泉が...

Post image

浅虫温泉 松の湯(青森県/青森市)

 青森県・青森市の浅虫温泉は、海水浴場や水族館もある観光地として賑わい、一時は「東北の熱海」と呼ばれた時期もありました。その温泉街の一角にあるのが公衆浴場「松の湯」。新鮮な浅虫の湯を安価で楽しむことができます。 ▼温泉街で見つけた「松の湯」の表記。ですが、こちらは以前使われていた入口です。  ▼反対側に回ると、新しい入口がありました。  ▼入浴料は350円(訪問日当時)です。脱衣場で服を脱いで浴室へ入る...

Post image

ホテル三春(岩手県/盛岡市)※閉業※

 「つなぎ温泉最奥の高台に位置し、周囲は静閑で自然環境と景色は良好です。一般観光、ビジネス出張、温泉療養-長期滞在の三本立て営業の宿です。 主たる営業は温泉療養-長期滞在型温泉旅館で、休養、保養、療養がテーマで、本格的温泉療養ができます。ビジネス、療養、観光ともに40才以上の中高年層が圧倒的に多く、落ち着いた雰囲気の宿です。」(公式HPより) ▼1泊2食の一人旅プランで11,880円(訪問日当時)。 ※価格は...

Post image

インデアン まちなか店(北海道/帯広市)

 「インデアンのカレーは高級レストランのように特別の日に選ばれるものではないかもしれません。だけど月に何度も足を運んで下さる常連さんがいたり、晩ごはんにとお鍋を持ってルーを買いに来て下さるお母さん達がたくさんいらっしゃいます。 そんな風に皆さんの生活に溶け込んだ存在であることに、私達は喜びを感じています。おふくろの味とも違うどこか懐かしくてあたたかい『十勝の味』をご賞味下さい。」(公式HPより) ...

Post image

後生掛温泉(秋田県/鹿角市)~2017晩秋

 「抜群の環境と優れた温泉の恵みを享受した名湯、後生掛温泉。名物の『箱蒸し』をはじめ、バラエティに富んだ入浴方法で『八幡平伝説の湯』をご堪能ください。 春は新緑、夏の清々しさ、秋冬の冴えた空気に立ち上る湯煙――都会とはまさに別世界・手つかずの自然に囲まれ、温泉での寛ぎとともに季節の移ろいをお楽しみください。 雄大な自然に包まれ、効能あふれる温泉がもたらす療養の効用を体感。湯治村でゆったりとした寛ぎの...

Post image

快速「風っこ只見線新緑」号

 JR東日本が2000(平成12)年にキハ40系気動車を改造して登場させた「びゅうコースター風っこ」。車体側面が大きく開口しており、外気を感じながら旅を楽しむことができます。 2017(平成29)年5月4~6日の3日間、この車両が只見線の会津若松~会津川口間で快速「風っこ只見線新緑」号として1往復ずつ運行されました。その時の様子です。 ▼会津坂下駅で出発を待つ、快速「風っこ只見線新緑」号の会津若松行。  ▼窓が大きな...

Post image

温泉民宿 原生亭(北海道/小清水町)

 北海道の網走市と小清水町に跨る濤沸湖畔にモール泉を堪能することができる温泉施設があります。鄙びた感じの建物を前にすると一瞬、入るのを躊躇いますが、お湯は本物。意を決して入ってみましょう。 ▼国道244号線を走っていると目に飛び込んでくる「原生亭」の看板。  ▼これまた趣のある看板に導かれて進んでいくと…。  ▼「温泉民宿 原生亭」に到着しました。玄関は裏手だそうです。  ▼こちらが玄関です。受付で入浴料3...

Post image

モッタ海岸温泉(北海道/島牧村)

 北海道・島牧村にある「モッタ海岸温泉」。道内でも数少ない、天然ラジウムを含有する温泉です。その濃度たるや、国内有数と言われる秋田県の玉川温泉と同程度なのだとか。今回はこの珍しい泉質の温泉を堪能するべく、一軒宿の「モッタ海岸温泉旅館」を訪問します。 ▼国道229号線沿いにある看板に導かれ、高台に上がっていくと…。  ▼「モッタ海岸温泉旅館」があります。  ▼建物の隣には源泉槽が。時折ボコボコと音を立てて...