Post image

勘七湯(宮城県/大崎市)

 「宮城・鳴子温泉郷は5つの温泉地からなり、泉質の豊かさでは全国一を誇っております。その中央に位置する東鳴子温泉は江戸時代から伊達家岩出山城主の療養地として栄え、その後も湯質が良いことで多くの人々が湯治療養を目的にこの地を訪れるようになりました。  勘七湯も創業が天明4年(1784年)と歴史は古く私で七代目となりますが、家族6人と数人の従業員だけによる家庭的な宿として、古い伝統を守りながらも新しい湯治のス...

Post image

東急7700系電車

 東京急行電鉄(東急)の7700系電車が、2018(平成30)年11月24日のさよなら運転を以って引退しました。7700系電車は7000系電車の車体を再利用して、冷房化や床下機器の全面交換等の改造を施し、1987(昭和62)年に登場した車両です。 7000系電車の製造が1962~66(昭和37~41)年ですので、車体自体は50年以上走り続けていることになります。なお、7000系電車をルーツとする車両は東急から姿を消しましたが、一部の7000系電車は...

Post image

さざなみ温泉(秋田県/北秋田市)

 秋田県・北秋田市には塩辛い強塩泉質の温泉が数多く存在します。今回はその中の一つ、合川地区にある「さざなみ温泉」を訪問したいと思います。 なお、この温泉は現在、温泉機材故障のため浴槽での入浴ができないとの情報があります。訪問する際は事前にご確認されることをお薦めします。 ▼「さざなみ温泉」の外観。  ▼木製の看板が立派です。  ▼入口の券売機で入浴券350円(訪問日当時)を購入、受付に渡します。  ▼営...

Post image

京急2000形電車

 少し前の話になりますが、京浜急行電鉄(京急)の2000形が2018(平成30)年3月28日の運用を以って引退、形式消滅しました。1982(昭和57)年12月に優等列車用として登場した同形式は、2扉クロスシート車として72両が製造されました。 その後、後継車の登場により、ドアの3扉化やドア間座席のロングシート化の改造工事を経て急行や普通列車の運用にあたっていましたが、加速性能が低いことなどにより運用に制約が生じることや老...

Post image

しんとろの湯(宮城県/大崎市)

 「東北の宮城県に位置する鳴子温泉郷の中山平温泉は、古来より湯治が盛んないで湯で、環境省指定の国民保養温泉地です。全国11種類の泉質のうち、5種の豊富な源泉が楽しめ、美肌の湯・美人の湯として知られています。アルカリ度の高い、ぬるぬるした感触が得られる湯のため、ウナギ湯という名称でも親しまれています。」(中山平温泉観光協会HPより) ▼中山平温泉の各施設は、JR東日本・陸羽東線の中山平温泉駅周辺に点在し...

Post image

うなぎの東海亭(宮城県/登米市)

 宮城県北の登米市に、うなぎ屋さんの人気店があると聞いてやって来ました。明治8年創業の「うなぎの東海亭」。築130年の蔵を移築・改装した店内で、秘伝のタレで焼かれたうなぎ料理を味わいます。 ▼創業明治8年。「うなぎの東海亭」にやって来ました。  ▼2006(平成18)年、山形県・鶴岡市にあった築130年の蔵を移築したそうです。  ▼玄関から店内に入ると…。  ▼趣のある空間が広がっています。  ▼食事は「うな重 二段...

Post image

せせらぎ荘(福島県/二本松市)

 「日本でも珍しい酸性泉を有する福島県二本松市岳温泉。安達太良山の8合目から約8,000メートルかけてお湯をひいています。当館は、その安達太良山の源泉かけ流しの湯が堪能できる、長期滞在可能なお宿です。」(公式HPより) ▼岳温泉の「せせらぎ荘」で日帰り入浴を楽しみます。  ▼日帰り入浴料は600円(訪問日当時)です。  ▼フロントで料金を支払うと、浴室までのルートを丁寧に教えていただきました。  ▼フロントか...

Post image

ラーメン二郎 三田本店(東京都/港区)

 東京・三田に本店がある「ラーメン二郎」。これまでは都内や地方のお店を訪れていましたが、このたび本店を訪問する機会に恵まれました。満を持しての本店訪問時の様子をご紹介します。 ▼2017(平成29)年12月の某日、港区三田の「ラーメン二郎 三田本店」を訪問。  ▼「ラーメン」600円(訪問日当時)。野菜増し&ニンニク少なめ。本店の味を堪能しました。  ▼1時間ほど並んだでしょうか。行列は絶えることがありません。 ...

Post image

根室駅(北海道/根室市)

 JR北海道・根室本線の終点、根室駅に降り立ちます。1921(大正10)年の開業時は日本最東端の駅でしたが、1929(昭和4)年から1959(昭和34)年までは根室拓殖鉄道の歯舞駅に、1961(昭和36)年以降は新設された東根室駅にその座を譲っています。 ▼まずは、2013(平成25)年1月訪問時の様子。  ▼日の短い冬の朝、根室駅に降り立ちました。  ▼根室駅の隣にあるバスセンター兼観光案内所から、納沙布岬等へ向かう路線バスが...

Post image

みちのく(岩手県/盛岡市)※移転※

 岩手県・盛岡市街から国道4号線を北上すると、右手にオレンジ色の看板をしたラーメン屋さんが目に飛び込んできました。ちょうど昼食時ですので、飛び込みで入ってみましょう。 ▼オレンジ色の看板をしたラーメン屋さん「みちのく」。  ▼一番人気の「もやしらーめん」700円(訪問日当時)を注文。  ▼醤油味のあんかけで冷え切った身体が温まります。  ▼毎週水曜日が定休日だそうです。さて、次の目的地を目指しましょう。 ...

Post image

五城目町のラーメン店(秋田県/五城目町)

 秋田県の中央に位置する五城目町では、ラーメンに天かすを入れて食べる「たぬきラーメン」を提供するお店が複数あるそうです。今回はそのうち2軒をハシゴした時の様子をご紹介します。 ▼まずは「大黒屋」を訪問。  ▼「たぬきラーメン しょうゆ味」500円(訪問日当時)を注文します。  ▼ラーメンに天かす…初体験です。  ▼続いて訪問したのは、大黒屋の隣にある「うのき食堂」。  ▼こちらでは、たぬきラーメンを「天ぷら...

Post image

標茶温泉 味幸園(北海道/標茶町)

 「湯けむり漂う大浴場はモール臭たっぷりの温泉。あちこちがさび色に変色した浴室も、秘湯風情を一層盛り上げてくれるでしょう。」(標茶町観光協会HPより) ▼北海道・標茶町にある「味幸園」にやって来ました。  ▼モール泉の温泉を楽しむことができる日帰り入浴施設です。  ▼建物の前には、大きな庭園が広がっています。  ▼受付ヨコの券売機で入浴券400円(訪問日当時)を購入します。  ▼営業時間は10時から21時まで...

Post image

港線跡地(北海道/根室市)

 北海道・根室市にはその昔、根室駅と根室港を結ぶための貨物専用の路線が敷設されていました。港線(通称臨港線)という、根室駅~根室港駅間2.3kmの路線です。 1934(昭和9)年に開業し、戦前から戦中、戦後にかけて、鮮魚貝類や木材、石炭、塩などが輸送されていましたが、漁獲高の減少やトラック輸送の普及により、1965(昭和40)年に廃止となりました。 現在、路線だった場所の一部は遊歩道として整備されており、そこに鉄...

Post image

川湯公衆浴場(北海道/弟子屈町)

 北海道・弟子屈町の川湯温泉は、「源泉100%かけ流し宣言」をしている温泉街です。20軒余りのホテルや旅館、土産物店、飲食店等があります。 温泉を楽しむためには、ホテルや旅館の日帰り入浴を利用する他、温泉街に1軒ある公衆浴場を利用する方法があります。今回はこの「川湯公衆浴場」を訪問したいと思います。 ▼北海道・弟子屈町の川湯温泉にやって来ました。「ゆ」のマークのところに行くと…。  ▼そこに「川湯公衆浴場...

Post image

東根室駅(北海道/根室市)

 稚内駅は日本最北端の駅として有名ですが、最北端があれば最東端もあります。日本最東端の駅は、同じく北海道の根室市にある根室本線の終点・根室駅…ではなく一つ手前の東根室駅です。 線路が大きくカーブして東側から根室駅に到着するようになっているためです。今回は、2017(平成29)年11月に列車で東根室駅に降り立った時の様子をご紹介します。 ▼JR北海道・根室本線で根室の一つ手前の東根室駅に降り立ちました。  ▼...