Post image

水明温泉(青森県/東北町)

 「水明温泉」は、青森県・東北町の県道211号線沿いにあります。青い森鉄道の上北町駅からは徒歩で約20分、林と畑に囲まれた静かな場所にある温泉旅館です。 ▼県道沿いにある「水明温泉」の看板。  ▼建物の玄関から入ると、広々としたロビースペースがあります。  ▼その奥の受付で日帰り入浴を申し入れます。入浴料は250円(訪問日当時)。  ▼受付から更に奥へ進んで浴室へ向かいます。  ▼脱衣場です。透明なビニールで...

Post image

尺別駅(北海道/釧路市)

 2019(平成31)年3月のダイヤ改正で廃止が予定されている北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅々。最後にご紹介するのは、直別駅の隣駅、根室本線の尺別駅です。 ▼国道38号線と道道361号線の交差点付近にある案内標識に従って…。  ▼根室本線の尺別駅にやって来ました。  ▼少ない利用者の割に広々とした待合室が虚しさを感じさせます。   ▼直別駅と同様、上下合わせて1日13本の列車が尺別駅に停車します。  ▼相対式ホーム2...

Post image

大黒屋食堂(青森県/三沢市)

 温泉巡りで青森県・三沢市を訪問中に小腹が空いたので、定食屋さんが目に飛び込んできました。バラ焼きや唐揚げ等の各種定食や麺類も提供している「大黒屋食堂」です。 ▼青森県・三沢市の「大黒屋食堂」。三沢警察署の近くにあります。  ▼バラ焼きや唐揚げも捨てがたかったのですが、ボリュームがありそうでしたので…。  ▼「中華そば」400円(訪問日当時)を注文。昔ながらの優しい味でした。 <データ(訪問日時点)>  ...

Post image

【惜別:夕張線No.02】南清水沢駅

 「惜別:夕張線」の第2回は、廃止区間の中で最も遅く開業した南清水沢駅です。1951(昭和26)年に近隣に高校(現在の夕張高校)が移転してきたことで住宅街が形成され、1962(昭和37)年に南清水沢駅が開業しました。 夕張線廃止後、この地区には拠点複合施設がオープンする予定で、多目的ホールや図書館等が開設される他、市内外の路線バスの発着拠点となります。              訪問日:2002年9月20日・2007年12...

Post image

池の端温泉郷 らんぷ温泉(青森県/東北町)

 「東北町池の端温泉郷の温泉旅館、『ランプのお宿』は鄙びた、懐かしい雰囲気を漂わせる温泉旅館。すべてお客様まかせの、湯治風呂のようで入浴料金は一回200円。」(公式HPより) ▼その名のとおり池の端にある「池の端温泉郷」。  ▼以前は数軒の温泉宿があったそうですが…。  ▼現在、営業しているのは、この「らんぷ温泉」のみ。  ▼受付で入浴料200円(訪問日当時)を支払います。  ▼脱衣場には…。  ▼1974(昭和49...

Post image

すもも沢温泉郷(青森県/七戸町)

 「七戸町と東北町のちょうど町境にあたる、李沢(すももざわ)地区の田園地帯の自然の中にある温泉です。加温、加水は一切せず、豊富に湧き出る源泉を、そのまま掛け流しにしています。湯船に浸かると、モール泉特有の泡が体につきます。 とろりとした湯と相まって、泡をぬぐった時のなめらかな感触は、ちょっと他の温泉では味わえないもの。時分時には常連さんで混み合う、人気の温泉です。」(公式HPより) ▼青森県道8号線...

Post image

直別駅(北海道/釧路市)

 北海道旅客鉄道(JR北海道)は2018(平成30)年12月、これまで行ってきた極端に利用者が少ない駅の廃止について、2019(平成31)年3月のダイヤ改正においても実施することを発表しました。今回ご紹介するのは根室本線の直別駅です。 ▼廃止が目前に迫る2019(平成31)年1月、JR北海道・根室本線の直別駅を訪問しました。  ▼2003(平成15)年の十勝沖地震により旧駅舎が倒壊し、建て直された駅舎。  ▼駅前にある湿原の遊...

Post image

ひばの湯 ぽぷら(青森県/東北町)

 青森県・東北町の往来ノ下地区に、「ひばの湯 ぽぷら」という施設があります。ヒバを使ったお風呂が名物の源泉かけ流しの温泉公衆浴場だそうです。早速、訪問してみましょう。 ▼浴場前の看板には「源泉かけ流し山小屋風ひば風呂」の文字が。  ▼こちらが「ひばの湯 ぽぷら」です。隣に「ポプラ保育園」があるので、同じ運営者でしょうか。  ▼入浴料は200円(訪問日当時)。自動券売機で入浴券を購入します。  ▼浴室です。...

Post image

【惜別:夕張線No.01】夕張駅

 2019(平成31)年3月31日の運行を最後に廃止されることが決まったJR北海道・石勝線の新夕張~夕張間16.1km(通称「夕張線」)。石炭輸送のために1892(明治25)年に開業した北海道炭礦鉄道の路線が前身となっています。開業当初は廃止区間に途中駅はなく、石炭産業の隆盛とともに清水沢、鹿ノ谷、沼ノ沢…と駅が次々と開業していきました。 廃止区間のある夕張市は炭鉱の町として栄え、1960(昭和35)年には117千人もの人口を...

Post image

七戸駅跡のレールバス見学(青森県/七戸町)

 1962(昭和37)年に地元悲願の鉄道として開通した南部縦貫鉄道。「レールバス」の愛称で親しまれた小型車両による旅客輸送の他、農産物の輸送にも活躍しましたが、1997(平成9)年の運転休止を経て、2002(平成14)年に廃止されました。 現在、終点だった七戸駅構内は、七戸町や観光協会、レールバス愛好会によって保存活動が行われています。前回訪問時には入ることができなかった車庫を見学することができましたので、その時...

Post image

宇美駅(福岡県/宇美町)

 JR九州・香椎線の終点・宇美駅を訪問しました。かつては旧日本国有鉄道(国鉄)・勝田線との接続駅でしたが、勝田線の宇美駅はもともと香椎線の宇美駅から100mほど離れた場所にありました。その勝田線も1985(昭和60)年には廃止されています。 ▼JR九州・香椎線の終点・宇美駅にやって来ました。香椎線のキハ40系気動車は間もなく見納めです。  ▼宇美駅の駅名標。  ▼駅の先は行き止まりです。  ▼以前は有人駅でしたが...

Post image

桂温泉(青森県/三沢市)

 「平成14年に館内とお風呂場をリニューアルし、和風な雰囲気を重視した、おしゃれな温泉。ひばの湯・絹の湯・打たせ湯がお勧めです。 入り口に大きな赤い暖簾があり、お客様を出迎えてくれる。館内は和風で落ち着いた雰囲気、お風呂も木の壁で温泉旅館の内湯風の造りです。ひばの湯・絹の湯・打たせ湯がお勧めです。」(三沢市観光協会HPより) ▼スパハウスかわむらの次にやって来たのは、「桂温泉」。  ▼「ヒバの湯」「絹...

Post image

スパハウスかわむら(青森県/三沢市)

 「アメリカ村に2007年4月20日にオープンした繁華街にある温泉。天然かけ流しの温泉は豊富な湯量の温泉がこんこんと湧き出しています。座湯があり、岩椅子に座ってリラックスできます。」(三沢市観光協会HPより) ▼平畑温泉に続いて訪問したのは、「スパハウスかわむら」。  ▼大理石のイスにお湯が流れている座湯は、遠赤外線効果で癒されると評判です。  ▼浴室の画像は、「三沢市観光協会」「三沢タイムズ」の各HPより...

Post image

尻焼温泉 川の湯(群馬県/中之条町)~2019寒冷

 群馬県・中之条町の「尻焼温泉 川の湯」。前回訪問では川が増水していたため露天風呂には入ることができませんでしたが、今回は入浴が叶いました。川から湯気がもうもうと立ち込める景色は幻想的です。 ▼前回訪問のリベンジを果たすべく、再び尻焼温泉にやって来ました。  ▼長笹沢川に架かる橋から見た川の湯。湯気がもうもうと立ち込める景色は幻想的です。  ▼川の湯への入口付近には…。  ▼入浴にあたっての注意書きが掲...

Post image

平畑温泉(青森県/三沢市)

 「低張性弱アルカリ性高温泉は無色透明無味無臭。温泉は毎分600リットルと湯量豊富で水で湯温を調整している。館内の清掃が行き届き非常に清潔。 入口付近に酒処があり、温泉に入ってちょっと一杯の御仁にはおすすめ。平成22年6月12日にリニューアルオープンしました。」(三沢市観光協会HPより) ▼青森県・三沢市に点在する温泉銭湯の数々。今回は「平畑温泉」を訪ねます。  ▼入浴料は310円(訪問日当時)。pH8.63の温泉...

Post image

花鳥風月 酒田本店(山形県/酒田市)

 「四季折々、美しい自然がうつりかわる、酒田の地。店舗名『花鳥風月』には、酒田の地を愛する店主の気持ちが込められています。地元庄内で昔から親しまれてきた『酒田ラーメン』。そして先代店主達により守られてきた本物の味。 それをこれからも守り続け、より多くの方々に美味しい酒田ラーメンを知っていただき、庄内の活性化につながる橋渡しをしていくことことが、わたしたち世代の使命と考えます。ラーメン1杯でより多く...

Post image

三島湯(青森県/八戸市)※閉業※

 青森県・八戸市は銭湯王国。全国の銭湯が急激に数を減らしている中、八戸では多くの銭湯が現役で営業しています。その中でも1927(昭和2)年開業の「三島湯」は、八戸市内に現存する最古の銭湯として銭湯ファンの間では有名でした。 しかし、客数減少や店主の女将さんの高齢化、施設の老朽化等の理由により、2018(平成30)年4月29日の営業をもって91年の歴史に幕を下ろしました。今回は2018(平成30)年1月訪問時の様子を、コ...

Post image

【草津共同湯めぐりNo.19】碧の湯

 「草津共同浴場めぐり」のコーナーでは既に18の共同浴場をご紹介していますが、19番目の共同浴場ができたことを最近知って、訪問してみることに。これまでの共同浴場とは少し面持ちの異なる「碧の湯」です。 ▼19番目の共同浴場として誕生した「碧の湯」。建物が宿泊施設然としていますが…。  ▼それもそのはず。以前、旅館だった建物の浴場部分のみを共同浴場として開放しているのです。  ▼一般の入浴時間は10時から15時まで...