Post image

坂本温泉(鹿児島県/三島村)

 薩南諸島北部に位置する硫黄島。周囲14.5kmの火山島に約120人の島民が住んでいます。島には複数の野湯が存在していて、その中でも「東温泉」は温泉ファンが一度は行きたい場所として、しばしば全国の露天風呂ランキングに取り上げられます。 東温泉を訪問する前に、今回は島の北部にある「坂本温泉」をご紹介したいと思います。無色透明の食塩泉は腰痛・肩こり・神経痛・はれもの等に効果があるそうです。潮の干満によって入浴...

Post image

ゴールデンランド 木曽岬温泉(三重県/木曽岬町)

 本当に営業しているのだろうかと不安になってしまうその佇まい…。ネットでその存在を知って居ても立っても居られずやって来ました、三重県・木曽岬町の「ゴールデンランド 木曽岬温泉」。 複数のサイトによると、建物入口に「本日4/7より 下水工事 休業します。木曽岬温泉」という貼紙が掲示され、2019(平成31)年4月から休業中のようです。再開はあるのでしょうか。 ▼田園風景が広がる三重県・木曽岬町。右手奥はナガシマス...

Post image

【讃岐うどんめぐりNo.03】2018盛夏~2019緑樹

 2013年の訪問以来、ご無沙汰していた本場・香川県の讃岐うどんめぐり。2018(平成30)年から2019(令和元)年にかけて、何度か香川県を訪問する機会に恵まれ、その度に時間を作ってうどん店を訪問しました。その時の様子をまとめてご紹介したいと思います。※価格はいずれも訪問日当時のもの ▼2018(平成30)年7月に訪問したのは「宮武製麺所」。  ▼高松琴平電鉄(ことでん)の仏生山駅から徒歩1分の場所にあります。  ▼何故...

Post image

ことでんの終点三景

 高松琴平電気鉄道(通称「ことでん」)は香川県・高松市に本社を置く鉄道会社です。琴平線(高松築港~琴電琴平32.9km)、長尾線(瓦町~長尾14.6km)、志度線(瓦町~琴電志度12.5km)の3路線を運行しています。 他社からの譲渡車両が多く活躍していることで有名で、その出自も京急や京王、名古屋市営地下鉄…と多岐にわたっています。また、大正・昭和初期に製造されたレトロ電車が動態保存されており、月1回の特別運行日には...

Post image

博多温泉 元祖元湯(福岡県/福岡市)

 福岡県・福岡市の住宅街にひっそりと佇む温泉施設があるのをご存知でしょうか。博多温泉発祥の地として温泉ファンの間では有名な「博多温泉 元祖元湯」です。場所は南区の横手地区というところにあります。 西日本鉄道(西鉄)・天神大牟田線の井尻駅から徒歩15分ほど。大橋駅等からの路線バスでも行くことができます。手作り感あふれる浴室やコンプレッサーによって突如勢いよく噴き出る温泉など、その独特の雰囲気に圧倒され...

Post image

福寄食房 七福堂(愛知県/瀬戸市)

 愛知県・瀬戸市のご当地グルメ「瀬戸焼そば」。一見すると普通の焼きそばですが、豚の煮汁をダシにした醤油風味であることが特徴です。昭和30年代に瀬戸の参土神である深川神社参道を中心に始まったと言われています。 今回は市内で「瀬戸焼そば」を提供している数あるお店の中から、深川神社に程近い「福寄食房 七福堂」で焼きそばをテイクアウトし、周辺を散策しながら地元の味を楽しみたいと思います。 ▼深川神社に程近い「...

Post image

能古島内線(福岡県/福岡市)~後編

 西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」。前編に続き後編では、終点「アイランドパーク」の様子と渡船場を経由して姪浜まで戻るまでをご紹介したいと思います。 ▼8時10分、朝一番のバスに乗って終点「アイランドパーク」に到着しました。  ▼「のこのしまアイランドパーク」の最寄りバス停ですが…。  ▼訪問したのが開園時刻の9時よりも前だったため、周囲は閑散としています。  ▼バスは建物ヨコにあるペンキ...

Post image

能古島内線(福岡県/福岡市)~前編

 博多湾のほぼ中央に浮かぶ人口約720人の能古島(のこのしま)。大都市のすぐ近くにありながら、わずか10分の船旅で自然を満喫できるとあって、週末やシーズン中は多くの行楽客で賑わいます。 行楽客の多くは港から路線バスを使って島の北端にある「のこのしまアイランドパーク」へ向かいます。この路線バスこそ、西日本鉄道(西鉄バス)唯一の離島路線「能古島内線」です。 2018(平成30)年6月のとある平日に能古島を訪問しま...

Post image

博多玉(福岡県/福岡市)

 所用で西鉄・天神大牟田線の大橋駅に降り立ちました。昼食時でしたので駅周辺をウロウロしていると、「ラーメン」と書かれた赤い提灯を発見。早速、入ってみましょう。 ▼西鉄・天神大牟田線の大橋駅から徒歩1~2分のところにある「博多玉」。  ▼博多ラーメンの専門店です。注文したのは「ラーメン」500円(訪問日当時)。  ▼極細麺がスルスルと口の中に入っていき、あっという間に完食です。ごちそうさまでした。 <データ...

Post image

名古屋ガイドウェイバス ゆとりーとライン

 「ゆとりーとラインは、鉄道とバスの利点を組み合わせたシステムです。道路の中央分離帯上に設けた高架専用軌道を、車両の前後輪に取り付けた案内装置の誘導で走り、さらに平面の一般道路も同一車両で連続して走行できる特性(デュアルモード)を備えています。 交通渋滞する区間では、高架専用軌道を走行します。交差点や踏切等がないので、朝夕のラッシュ時でも鉄道と同じようにダイヤどおりの定時・高速運行が可能です。高架...

Post image

どんど(北海道/小樽市)

 北海道の小樽市民なら誰でも知っているという焼きそば店があると聞いて、やって来ました。小樽駅前の長崎屋の地下1階にある「どんど」というお店です。 ▼「どんど」は、小樽駅前の長崎屋の地下1階にあります。  ▼注文したのは、「ジャンボ玉子」400円(訪問日当時)。  ▼焼きそばのサイズは「並」「大盛」「ジャンボ」「スーパージャンボ」の4種類です。ごちそうさまでした。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    ...

Post image

奥沢温泉 中央湯(北海道/小樽市)

 「国道5号奥沢十字街より393号線を奥沢水源地方向に約1.2kmのところにある銭湯です。奥沢十字街と水源地の中間点にあるために中央湯となったそうです。昭和57年に400m掘削し約32度の温泉が湧き出し、奥沢温泉中央湯として営業しています。 泉質はアルカリ性単純泉で濾過機を使用して衛生に注意しており、爽やかな気分を演出してくれる温泉銭湯ですので一度入浴してみることをお奨めします。」(北海道公衆浴場業生活衛生同業組...

Post image

滝川ターミナル(北海道/滝川市)

 北海道中央バスの滝川ターミナルは1949(昭和24)年に開設され、2度の移転を経て1988(昭和63)年に現在の場所へやってきました。その後、滝川駅の駅前広場整備事業が進められ、2018(平成30)年4月1日に新しいバス乗り場が完成、滝川ターミナルは前日の3月31日をもってその役割を終えました。 ▼現役時代の滝川ターミナル。2017(平成29)年6月の様子。1年後に訪問してみると…。  ▼ターミナルの役目を終え、それを表す表記等...

Post image

上松永(三重県/木曽岬町)

 木曽三川の河口部に位置する三重県・木曽岬町(きそさきちょう)。トマト生産が盛んで、三重県の総出荷量の約6割を占める農業の町です。郵便配達は隣の愛知県の郵便局が行うなど、生活基盤の一部は愛知県側に依っています。 以前は三重交通が町内に路線バスを運行していましたが2007(平成19)年に廃止、以降は町が自主運行バスを走らせています。今回は2路線ある自主運行バスのうち、中央線の終点・上松永を訪問します。 ▼出...

Post image

味道家 鰭龍(北海道/中川町)

 「店主は、横浜中華街・大阪と修行を重ね、大阪で出会った『とある店』に惚れ込み、味の道を究めるという信念で、その店の名前の一部をとり、『味道家』という冠をつけました。 鰭龍とは、中川町でクビナガリュウの化石が発掘され、クビナガリュウが、鰭竜類(きりゅうるい)に分類されるため、『地元に根付いたお店を!』という思いで名付けました。 幸いにも、水がおいしく、山菜にも恵まれ、山の幸、海の幸が新鮮なまま手に...

Post image

お食事処 ふじ田(北海道/稚内市)

 JR北海道・宗谷本線の終点・稚内駅。列車の出発時刻まで時間があったので、駅に隣接した商業施設をブラブラしていたら「お食事処」の文字を見つけました。ちょうど小腹が空いているな…ということで入ってみましょう。 ▼JR北海道・宗谷本線の終点・稚内駅。その稚内駅に隣接した商業施設「キタカラ」の1階に…。  ▼「お食事処 ふじ田」があります。  ▼「稚内丼A」1,130円(訪問日当時)を注文。  ▼ごはんの上に、ホタテ...

Post image

豊田小中学校跡(北海道/豊富町)

 北海道の道北をドライブしていたところ、道路沿いに複数の廃屋があるのを発見し、カメラに収めました。旅行から戻ってネットで確認すると、豊富町の豊田集落という場所だったようです。集落にあった豊田小中学校は1978(昭和53)年に閉校となりました。 ▼豊田小中学校があった場所。校舎は21世紀に入ってからもしばらく残されていたようですが…。  ▼現在は跡形もなくなっています。こちらは学校近くにあった教員住宅。  ▼近...

Post image

東名古屋港駅(愛知県/名古屋市)

 名古屋鉄道(名鉄)・築港線は大江~東名古屋港間1.5kmを結ぶ路線で、中間駅はありません。終点の東名古屋港駅付近の工場への通勤客を輸送するため、旅客列車は朝夕のみ運転されます。また、同駅近くには全国でも珍しい平面交差(ダイヤモンドクロッシング)があります。 ▼名鉄・常滑線の大江駅から…。  ▼東名古屋港方面へ向かうため…。  ▼東名古屋港行の列車に乗り込みます。正面には行先系統板が掲げられており…。  ▼行...

Post image

日曹炭鉱跡(北海道/豊富町)

 日曹炭鉱は道北の豊富町にあった炭鉱です。1937(昭和12)年に日曹鉱業による本格的な採掘が始まり、1940(昭和15)年には豊富駅と炭鉱を結ぶ鉄道も開通し、最盛期には人口3,000人を数えました。 しかし、炭鉱事故や海外炭流入による国内炭需要の減少等により1972(昭和47)年に閉山、鉄道も廃止されました。2018(平成30)年6月、付近を散策した時の様子をご紹介します。 ▼道道84号線沿いにある「日曹炭坑記念碑」の看板。奥...