Post image

西藤原駅(三重県/いなべ市)

 「三岐線の終着駅である西藤原駅は、蒸気機関車を2両並べた外観のユニークな駅舎です。また、駅舎プラットホームの一部を利用して作られた駅前公園では、三岐鉄道開業時の蒸気機関車など3両の鉄道車両を展示しており、全面が芝生で覆われた公園として、ご家族連れのグループや地域の皆様をはじめとした多くの方々に、憩いの場としてご利用いただいております。 さらに西藤原駅は、鈴鹿山脈北部・藤原岳の登山口ともなっており、...

Post image

開聞温泉(鹿児島県/指宿市)

 鹿児島県・指宿市の「開聞温泉」を訪問します。県道242号線から路地を少し入ったところ、開聞岳の麓から長崎鼻に至る海岸線の林の中に静に佇む共同浴場です。 ▼2018(平成30)年7月の某日…。  ▼鹿児島県・指宿市の山川岡児ケ水地区にある開聞温泉にやって来ました。  ▼開聞岳の麓から長崎鼻に至る海岸線の林の中に静に佇む共同浴場です。  ▼営業時間は9:30~18:00です。  ▼早速、中へ入りましょう。  ▼番台は無人でし...

Post image

西大山駅(鹿児島県/指宿市)

 「JR日本最南端の駅」として有名なJR九州・指宿枕崎線の西大山駅。沖縄県の「ゆいレール」開業に伴い、「日本最南端の駅」の地位は返上しましたが、開聞岳が一望できる素晴らしいロケーションに魅了され多くの観光客が訪れます。 ▼薩摩富士と呼ばれる開聞岳を望みながら…。  ▼「JR日本最南端の駅」であるJR九州・指宿枕崎線の西大山駅にやって来ました。  ▼幸せを届ける「黄色い郵便ポスト」が設置された駅前には、...

Post image

みかわの郷 カルミア店(愛知県/豊橋市)

 「自家製ラー油とカレー南蛮のコラボが絶品。トマト、山芋、チーズ、そして創業50年秘伝のタレとうどんのハーモニーを心ゆくまでお楽しみください。」(豊橋観光コンベンション協会HPより) ▼豊橋駅の駅ビル「カルミア」内にある「みかわの郷」を訪問。  ▼注文はやっぱり「豊橋カレーうどん」890円(訪問日当時)。  ▼出てきた丼には、カレーうどんの上に自家製ラー油がたらされ…。  ▼ウズラの卵やミニトマトが載ってい...

Post image

枕崎駅(鹿児島県/枕崎市)~2018炎暑

 鹿児島県・指宿市の枕崎駅は、JRグループで日本最南端を走る指宿枕崎線の終点です。駅には「本土最南端の始発・終着駅」の碑が設置されています。 2006(平成18)年までは現在の場所から少し離れたところに旧駅舎とホームがありました。その後、駅は現在の場所に移動、2013(平成25)年には新駅舎も完成しました。 新駅舎完成前だった前回訪問から7年近くが経った2018(平成30)年11月に再訪の機会が得られましたので、最新...

Post image

一福(鹿児島県/枕崎市)

 JR九州・指宿枕崎線の終点・枕崎駅前にある「一福」という食事処を訪問。地元名物の鰹(かつお)料理を味わいたいと思います。 ▼JR九州・指宿枕崎線の終点・枕崎駅前にある…。  ▼「一福」という食事処にやって来ました。  ▼お目当ては地元名物の鰹(かつお)料理。「かつお定食(松)」1,500円(訪問日当時)を注文します。  ▼タタキの他、腹皮天ぷら・内臓煮・かつお味噌・酢の物…など様々な小鉢が並んでいます。 ...

Post image

ふれあい温泉 ぼんたん湯(鹿児島県/阿久根市)

 鹿児島県・阿久根市を二分する高松川近くにある阿久根温泉。「美容と健康に効果のある美人湯」として親しまれる強食塩泉は、皮膚病、婦人病に効果があるとされています。  今回は阿久根温泉にいくつかある入浴施設のうち、栄屋旅館の経営する「ふれあい温泉 ぼんたん湯」を訪問し、“美人湯”を堪能したいと思います。 ▼鹿児島県・阿久根市の阿久根温泉にやって来ました。  ▼訪問するのは、「ふれあい温泉 ぼんたん湯」。  ▼...

Post image

矢場とん 矢場町本店(愛知県/名古屋市)

 東海地方のご当地グルメ「みそカツ」を食しに愛知県・名古屋市の繁華街へ。訪問したのは1947(昭和22)年創業の老舗とんかつ店「矢場とん」の矢場町本店です。 ▼中京圏のご当地グルメ・みそカツで有名な「矢場とん 矢場町本店」にやって来ました。  ▼「わらじとんかつ」は定食で1,728円(訪問日当時)。とんかつはみそとソースの2味にしてもらいました。  ▼「ふんわりカリッ!」と揚げられたとんかつと秘伝のみそだれの組み...

Post image

竹屋旅館 本館(鹿児島県/薩摩川内市)

 「地元の観光に熱意を持たれているご主人によって近年リニューアルされた建物は時が止まったような街並みの温泉街にあるためかモダンな雰囲気が際立っています。 1階の内装は現代風に改装されていますが2階や浴場はあえて改修を最低限にとどめ共用の炊事場や2層の湯船など昔ならではの湯治宿の様式を残しています。」(川内高城温泉HPより) ▼鹿児島県・薩摩川内市の川内高城温泉にある「竹屋旅館 本館」で1泊お世話になりま...

Post image

みやこ温泉(鹿児島県/鹿児島市)

 「地下800mから湧く炭酸水素塩泉で、お肌がツルツルになる美肌の温泉です。湯量豊富で源泉かけ流し、いつ行ってもお掃除がゆきとどいていて、地元の常連さんの笑顔が湯船にはじけます。 きれいな人はさらに綺麗に、よかにせはハンサムに変身。入って良し、飲んで良し、一度入ればとりこになる温泉です。近くには篤姫の屋敷や南洲神社などあり、歴史散策もおすすめです。」(「かごしま銭湯・温泉郷」HPより) ▼鹿児島県・鹿...

Post image

坂元温泉(鹿児島県/鹿児島市)

 「地元で親しまれている、町の小さな温泉銭湯です。浴室はまわりに視界を遮る建物がないので、明るい陽光が差し込んできます。『流れ風呂』『超音波・気泡風呂』『冷水風呂』、それに『薬草ミストサウナ』が付いています。肌がツルツル・スベスベになる美人の湯は、飲用もできます。」(「かごしま銭湯・温泉郷」HPより) ▼鹿児島市内の坂元地区にやって来ました。目指すはこちらの建物、「坂元温泉」です。  ▼地元の人々に...

Post image

玉ノ井駅(愛知県/一宮市)

 愛知県・一宮市にある名古屋鉄道(名鉄)の玉ノ井駅。1914(大正3)年の開業当初は途中駅でしたが、1959(昭和34)年に休止中だった玉ノ井~木曽川港間が廃止され、尾西線の終点となりました。 ▼玉ノ井駅に到着した電車から改札口へ向かう人々。  ▼名古屋鉄道(名鉄)・尾西線の終点です。  ▼ここから先の線路はありません。  ▼駅の開業は1914(大正3)年。  ▼開業当初は途中駅でしたが…。  ▼1959(昭和34)年に休止...

Post image

のり一(鹿児島県/鹿児島市)

 鹿児島県・鹿児島市の繁華街・天文館の「のり一」を訪問。激戦区の天文館にあっても、1949(昭和24)年創業の老舗ラーメン店の人気が衰えることはありません。 ▼鶏ガラメインのあっさりスープ、「ラーメン(中)」は500円(訪問日当時)。  ▼胃にも財布にも優しい、老舗ラーメン店でした。 <データ(訪問日時点)>  ・所在地    鹿児島県鹿児島市山之口町9-3 地図  ・電話番号  099-222-4497 ・営業時間  11:30...

Post image

薩摩硫黄島の旅~後編

 中編からの続きです。薩摩硫黄島の旅は2日目。早朝から民宿の車を借りて島内を巡り、10時過ぎの船で硫黄島を出発、鹿児島港へ戻ります。 ▼島の西部にある「薩摩硫黄島飛行場」。1973(昭和48)年にヤマハリゾートホテルが作った飛行場です。  ▼滑走路は600m、ホテル閉鎖により三島村が1994(平成6)年に取得、日本初の村営飛行場となりました。  ▼訪問日時点では、鹿児島空港より週2便(月・水曜日)が運航されています。...

Post image

薩摩硫黄島の旅~中編

 前編からの続きです。「フェリーみしま」で硫黄島に上陸した後、三島村観光案内所で自転車を借りて島内を巡ります。借りた自転車は電動アシスト付きでしたが、島内の勾配はきつく移動には難儀しました。 ▼島内を巡るにあたり、観光案内所で自転車を借りたいと思います。  ▼「フェリーみしま」が港を出ていこうとしています。時はちょうど干潮の時刻。  ▼硫黄島にも熊野三山に似た地形があることを紹介している案内板や…。 ...

Post image

薩摩硫黄島の旅~前編

 秘湯ファンが憧れる東温泉や坂本温泉を訪問するためには、鹿児島県の離島である「(薩摩)硫黄島」に上陸しなければなりません。同島への道中の様子をご紹介したいと思います。 ▼薩摩硫黄島へのアクセスはフェリーが一般的です。  ▼鹿児島港の一角に「みしま旅客待合所」があります。  ▼窓口で乗船券を購入します。  ▼硫黄島までの運賃は片道3,600円(訪問日当時)です。  ▼こちらが硫黄島へ向かう「フェリーみしま」。...

Post image

東温泉(鹿児島県/三島村)

 秘湯ファン・野湯ファンなら誰でも一度は行ってみたいと思う場所…鹿児島県・三島村の「東温泉」。薩南諸島北部に位置する硫黄島という周囲14.5kmの火山島にあります。 ▼ついに鹿児島県・三島村の「東温泉」にやって来ました。  ▼薩南諸島北部に位置する周囲14.5kmの硫黄島…。  ▼東温泉はその硫黄島の南部にあります。これは過去に使用されていた湯船?  ▼岩礁上に造られた湯船は3つ。  ▼そこに自然湧出の源泉が掛け流さ...