FC2ブログ
avatar image

山の宿 野中温泉(北海道/足寄町)

 「エゾ松の原生林に囲まれた、まさに静寂境に建つ宿。天然記念物『湯の滝」までは車で10分徒歩20分。北海道三大秘湖『オンネトー』までは車で5分。湖面に映る雌阿寒岳と阿寒富士の姿は、まさに神秘の世界。

 大自然にたたずむ手造りの露天風呂では、満天に輝く星を満喫できる。湯量豊富な硫黄泉は、釘を1本も使わない総トドマツ造りの湯船と相俟って肌に心地よい。」(民営国民宿舎WebガイドHPより)

 ▼雌阿寒岳の麓に位置する「山の宿 野中温泉」で1泊お世話になります。
 2016_0625(112).jpg

 ▼値段は1泊2食で8,200円。※価格は宿泊予約サイトのもの
 2016_0625(113).jpg

 ▼付近には、廃業したユースホステルを利用した日帰り専門の入浴施設と…。
 2016_0625(143).jpg

 ▼休業中の宿の建物が残るのみ。さて、チェックインしましょうか。
 2016_0625(118).jpg

 ▼広々とした玄関。左の隅の方に宿の犬が寝そべっています。
 2016_0625(134).jpg

 ▼通していただいた部屋は7号室。
 2016_0625(155).jpg

 ▼8畳のオーソドックスな和室です。
 2016_0625(137).jpg

 ▼早速、お風呂へ。長い廊下を進んでいくと…。
 2016_0625(135).jpg

 ▼綺麗な脱衣場があります。
 2016_0625(154).jpg

 ▼まずは内湯でお湯を堪能。身体にガツンと来る成分濃厚な硫黄泉です。
 2016_0625(128).jpg

 ▼硫化水素ガスが充満しないよう、窓は開けっぱなしです。
 2016_0625(123).jpg

 ▼温泉を使ったかけ湯の設備はありますが、他はシャワーもカランもありません。
 2016_0626(007).jpg

 ▼泉質に大満足。この後、翌朝のチェックアウトまで何度お世話になることか…。
 2016_0626(008).jpg

 ▼そしてこちらが露天風呂。
 2016_0625(125).jpg

 ▼女性用の露天風呂には屋根がかけられています。
 2016_0625(126).jpg

 ▼暗くなると灯りが幻想的。晴れた日の星空はさぞ綺麗なのでしょう。
 2016_0625(152).jpg

 ▼ここで夕食の時間です。温泉に入ってお腹も減り、ご飯が進みます。
 2016_0625(140).jpg

 ▼宿泊日は夏至の直後。夕食後も外がまだ明るいので少し散策。
 2016_0625(146).jpg

 ▼夕食にも出ていた蕗のお化け。宿の自称「蕗祭り」用の材料ですね。
 2016_0625(147).jpg

 ▼翌朝も付近を散策。
 2016_0625(115).jpg

 ▼浴室周辺に敷かれた温泉配管の数々。
 2016_0626(001).jpg

 ▼こちらが源泉の場所だそうです。
 2016_0626(002).jpg

 ▼朝食もボリュームたっぷり。後ろ髪を引かれる思いでチェックアウトを…。
 2016_0626(004).jpg

 ▼チェックアウト後、靄のかかったオンネトーを散策。
 2016_0626(012).jpg

 ▼オンネトーは宿から車で5分ほどのところ。怖いくらいの静寂に包まれた世界…。
 2016_0626(014).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道足寄郡足寄町茂足寄159 地図
 ・電話番号  0156-29-7321
 ・営業時間  チェックイン15:00 チェックアウト10:00 
 ・定休日    不明

<参考HP>
 ・「山の宿 野中温泉」(Facebook)
 ・「民営国民宿舎Webガイド」

 訪問日:2016年6月25~26日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback