FC2ブログ
avatar image

須川高原温泉(岩手県/一関市)

 「岩手、宮城、秋田の3県にまたがる栗駒山の中腹にある温泉です。栗駒山の北方、中央火口丘である剣岳の北麗に位置する須川高原温泉。標高1,126m、灌木や溶岩、豊富な高山植物に囲まれた温泉です。

 歴史は古く、徳川時代から湯治場として親しまれ300年以上もの間、みちのくの秘湯として多くの人々の心を、身体を慈しんできました。ゆたかな大自然のふところに位置する温泉からの眺望は雄大で、遠く鳥海山や月山までも望むことができます。

 春から夏にかけては栗駒山登山の基地として、また秋には全山が紅色に染まり、紅葉狩りの人々の宿として人々の疲れを癒し続けています。」(公式HPより)

 ▼須川高原温泉にお世話になります。
 2016_0906(002).jpg

 ▼旅館部の部屋に通していただきました。
 2016_0906(040).jpg

 ▼早速、お風呂に入りましょう。 
 2016_0906(031).jpg

 ▼まずは、旅館部にある大浴場(内湯)。
 2016_0906(012).jpg

 ▼大浴場の先には小さな露天風呂があります。
 2016_0906(015).jpg

 ▼そして、こちらが湯治部にある中浴場。
 2016_0907(055).jpg

 ▼こじんまりとしていますが…。
 2016_0906(028).jpg

 ▼浴槽の大きさに比して大量の温泉がかけ流されているので、鮮度抜群です。
 2016_0906(026).jpg

 ▼ここで夕食。品数いっぱい。
 2016_0906(034).jpg

 ▼天ぷらは揚げたてのものが出てきました。
 2016_0906(035).jpg

 ▼ライトアップされた大日岩。もう一つのお風呂は翌朝に回します。
 2016_0906(038).jpg

 ▼翌朝、まずは周辺の散策から。お隣にある「栗駒山荘」は…。
 2016_0907(011).jpg

 ▼県境を越えて秋田県にあります。源泉は須川高原温泉と同じなのだそうです。
 2016_0907(015).jpg

 ▼そしてその源泉。大日岩の脇から…。
 2016_0907(046).jpg

 ▼毎分6,000リットルもの強酸性みょうばん緑ばん泉が湧出しています。
 2016_0907(026).jpg

 ▼山道を少し進むと、蒸気浴(おいらん風呂)の施設もあるらしいのですが…。
 2016_0907(027).jpg

 ▼場所がよく分からず、引き返してきてしまいました。残念。
 2016_0907(019).jpg

 ▼いよいよ午前6時、大露天風呂が開放される時刻です。
 2016_0907(043).jpg

 ▼目を奪われるのは、名前の通りスケールの大きな露天風呂。
 2016_0907(036).jpg

 ▼自然と調和していて、いつまでも長湯したくなる素晴らしいお風呂です。
 2016_0907(034).jpg

 ▼朝食もボリュームがあって大満足。ごちそうさまでした。
 2016_0907(054).jpg

 ▼須川高原温泉には車のほか、一関駅からバスで訪問することもできます。
 2016_0907(048).jpg

 ▼路線バスタイプの車両が狭隘な山道を1時間30分かけてやって来ます。
 2016_0907(010).jpg

 ▼お世話になりました。再訪を誓って、須川高原温泉を後にします。
 2016_0907(003).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    岩手県一関市厳美町祭畤山国有林46林班ト 地図
 ・電話番号  0191-23-9337
 ・営業時間  チェックイン16:00 チェックアウト10:00 
 ・定休日    11月上旬~4月下旬(冬期間閉鎖)

<参考HP>
 ・「須川高原温泉」(公式HP)

 訪問日:2016年9月6~7日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback