FC2ブログ
avatar image

松川温泉 松楓荘(岩手県/八幡平市)

 「大自然が残る八幡平松川渓谷沿いに位置する松川温泉『元湯松楓荘』。もっとも歴史が古く1062年(平安時代)に発見され、1743年(寛保3年)高橋与次郎が開湯したのが始まり伝えられています。

 渓谷沿いにある山小屋を思わせるようなぬくもりのある木造建てです。昔は湯治客で賑わいを見せておりましたが、いまではその鄙びた風情を求めて秘湯ファンが訪れています。

 2本の源泉を持つ湯量豊富な自慢の湯は、『あつめ』『ぬるめ』と2種類の温度が楽しめる新感覚趣向の内風呂と、巨岩の男女別の内風呂、混浴露天風呂が楽しめます。」(公式HPより)

 ▼松川温泉の「松楓荘」で1泊お世話になります。
 2016_1108(025).jpg

 ▼予約したのは、前沢牛が楽しめる「Aコース」。
 2016_1108(028).jpg

 ▼料金は平日の宿泊で1泊2食10,842円(入湯税別・訪問日当時)。
 2016_1108(047).jpg

 ▼建物前にある温泉玉子を作るためのコーナー。熱そうです…。
 2016_1108(021).jpg

 ▼建物の裏手を覗くと、各浴室に温泉を配湯するためのたくさんの管が。
 2016_1108(038).jpg

 ▼「梅」という部屋に通していただきました。
 2016_1107(017).jpg

 ▼夕食です。前沢牛はすき焼きにしました。ボリュームいっぱいで大満足。
 2016_1107(013).jpg

 ▼廊下を進むと浴場があります。お風呂は24時間入浴可能。おやすみなさい。
 2016_1108(002).jpg

 ▼翌朝です。まずは夜明け間もない混浴の露天風呂へ。
 2016_1108(012).jpg

 ▼白濁した温泉が得も言われぬ美しさです。
 2016_1108(004).jpg

 ▼そして、こちらが以前からある内湯です。
 2016_1108(007).jpg

 ▼真ん中の大きな岩で男女が仕切られています。
 2016_1108(008).jpg

 ▼こちらのバケツや…。
 2016_1108(009).jpg

 ▼木の幹をくり抜いた桶のお湯がかけ湯になります。
 2016_1108(010).jpg

 ▼ところで、この宿には以前、洞窟風呂がありました。
 2016_1108(015).jpg

 ▼それは橋を渡った川の対岸にあったのですが…。
 2016_1108(023).jpg

 ▼雪崩により入浴禁止になってしまいました。橋も撤去されています。
 2016_1108(035).jpg

 ▼代わりにできたのが…。
 2016_1108(034).jpg

 ▼こちらの新しい内湯。「新感覚趣向の内風呂!?」(公式HPより)だそうです。
 2016_1108(029).jpg

 ▼「あつめ」「ぬるめ」の2種類の浴槽があります。
 2016_1108(030).jpg

 ▼かけ湯は、浴室の壁に沿って流れています。
 2016_1108(033).jpg

 ▼朝食もボリュームたっぷり。しっかりした食事は良い1日の始まりです。
 2016_1108(045).jpg

 ▼名残惜しいですが、そろそろ出発しなければならない時刻です。
 2016_1108(043).jpg

 ▼お世話になりました。
 2016_1108(026).jpg

 ▼再訪を誓って、松川温泉を後にします。
 2016_1108(048).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    岩手県八幡平市松尾寄木1-41 地図
 ・電話番号  0195-78-2245
 ・営業時間  チェックイン15:00 チェックアウト10:00 
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「松川温泉 松楓荘」(公式HP)

 訪問日:2016年11月7~8日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback