FC2ブログ
avatar image

小さな鉄道博物館 十勝晴駅(北海道/音更町)

 北海道・帯広市の北隣にある音更町に、鉄道好きが高じて自宅に鉄道博物館を作ってしまった方がいらっしゃると聞いて、お邪魔してみました。

 展示物の数々を“館長さん”自ら丁寧に解説してくださいます。前後の予定もあり、滞在できた1時間では到底時間が足りません。絶対また来ます。

 ▼木製扉は旧型客車の車内引き戸だそうです。
 2016_0626(026).jpg

 ▼入口の木製扉と同じ車両にあった座席も置かれています。
 2016_0626(029).jpg

 ▼壁一面に飾られたサボの数々!
 2016_0626(027).jpg

 ▼館長の穂積規さんはこれらの展示物を一品一品、丁寧に解説してくださいます。
 2016_0626(028).jpg

 ▼タブレットにJR北海道誕生時のヘッドマーク、札幌市電の電停標識…。
 2016_0626(030).jpg

 ▼札幌市電の方向幕なんかもあります。ちなみにこの方向幕、布製なんですよー。
 2016_0626(031).jpg

 ▼右下は札幌市営地下鉄の入口を示す標識でしょうか。
 2016_0626(032).jpg

 ▼こちらはJR北海道の特急列車の方向幕ですね。
 2016_0626(034).jpg

 ▼JR北海道や北海道ちほく高原鉄道の制服も!
 2016_0626(035).jpg

 ▼札幌市営地下鉄・南北線2000形電車の方向幕に…。
 2016_0626(036).jpg

 ▼同じく2000形電車の車両製造銘板。
 2016_0626(037).jpg

 ▼記念切符やオレンジカードの類も大切に保存されています。
 2016_0626(038).jpg

 ▼こちらは北海道ちほく高原鉄道で使用されていた物品の数々。
 2016_0626(039).jpg

 ▼1日中いても飽きることはありませんが、今回は時間切れ。絶対また来ます。
 2016_0626(040).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道河東郡音更町柳町南区12-7 地図
 ・電話番号  0155-31-8336(自宅)/0155-31-8071(十勝晴駅)
 ・営業時間  10:00~18:00 
 ・定休日    原則として毎週日曜日のみ開館

 訪問日:2016年6月26日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback