FC2ブログ
avatar image

尼湯(山形県/米沢市)

 「80.3度と35.6度、2本の源泉井戸を持ち、総噴出量1300L/分を超える豊富な湯量。14ある温泉旅館のすべてが源泉掛け流しという小野川温泉では、観光や湯治客以外でも温泉を楽しむことができます。

 温泉街のほぼ中央にある共同浴場『滝湯』と『尼湯』は地元住民によって運営されてきました。今でも薬の名前の入った黄色い洗面器があり、昔なつかしい雰囲気があります。

 共同浴場の建物のすぐ横には、温泉玉子をつくる槽があり、誰でも作ることができます。泉質にラジウムを含むことから、小野川温泉では、温泉玉子をラジウム玉子と呼びます。」(山形県HPより)

 ▼小野川温泉のシンボル、共同浴場「尼湯」です。
 2014_0913(049).jpg

 ▼近くの商店で200円(訪問日当時)の入浴券を購入して…。
 2014_0913(055).jpg

 ▼浴室内へ入ります。
 2014_0913(052).jpg

 ▼「協組4号源泉」を使用しているとのこと。
 2014_0913(056).jpg

 ▼浴場の外には、ラジウム玉子体験用の湯槽があり…。
 2014_0913(053).jpg

 ▼排湯口には湯の花がこびりついています。成分が濃い証ですね。
 2014_0913(054).jpg

 ▼浴室内の画像他は山形県HPより拝借しています。
 2014_0913(901).jpg

 ▼訪問日は外壁工事中でした。
 2014_0913(058).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県米沢市小野川町2472-2 地図
 ・電話番号  なし
 ・営業時間  7:00~21:00
 ・定休日    不明

<参考HP>
 ・「小野川源泉協同組合」(公式HP)
 ・「山形県」(公式HP)

 訪問日:2014年9月13日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback