FC2ブログ
avatar image

谷地温泉(青森県/十和田市)

 「八甲田山麓に開湯400年を誇る日本三秘湯『谷地温泉』があります。山の中の一軒宿といった風情で、古びた木造の建物は趣があり、周辺は高山植物が自生する谷地湿原が広がります。」(公式HPより)

 ▼日本三秘湯の一つ「谷地温泉」で1泊お世話になります。
 2016_1220(125).jpg

 ▼1泊2食で8,424円(消費税込・入湯税別)でした。閑散期だから少し安いのかな。
 2016_1220(102).jpg

 ▼忍者屋敷のような階段をのぼり…。
 2016_1220(103).jpg

 ▼通していただいた部屋は本館2階の23号室。
 2016_1220(126).jpg

 ▼和室にベッド。最近、この形式の部屋を色んな宿で見かけるようになりました。
 2016_1220(128).jpg

 ▼まずは夕食。刺身や岩魚の塩焼きをはじめ、天ぷらにシチューなど盛りだくさん。
 2016_1220(121).jpg

 ▼食事中にテンが現れましたが、素早くてカメラに収めることができませんでした。
 2016_1220(122).jpg

 ▼酔っぱらって初動が鈍かったとも言います。こちら、青森の地酒「じょっぱり」。
 2016_1220(123).jpg

 ▼最後にせんべい汁も出てきて、もう大満足です。
 2016_1220(124).jpg

 ▼続いてお風呂へ。パンフによると17:30~20:30は男女別が入れ替わります。
 2016_1220(119).jpg

 ▼浴槽は浴室毎に2つ。「上の湯」は硫黄分が含まれた42℃の白濁した温泉。
 2016_1220(108).jpg

 ▼「下の湯」は足下から湧き出る38℃の温めの温泉。霊泉と呼ばれています。
 2016_1220(109).jpg

 ▼じっくり湯船に浸かれば日頃の疲れも吹っ飛びます。おやすみなさい。
 2016_1220(117).jpg

 ▼翌朝、男女別が元に戻ったので、昨夜とは別の浴室へ…。
 2016_1221(014).jpg

 ▼こちらにも少し熱めの「上の湯」と…。
 2016_1221(005).jpg

 ▼霊泉と呼ばれるお湯が満たされる浴槽と、2つありますが…。
 2016_1221(002).jpg

 ▼これに加えて、こちらの浴室には打たせ湯の設備もあります。
 2016_1221(008).jpg

 ▼浴室内には入浴方法を指南する掲示物が掲げられています。
 2016_1221(010).jpg

 ▼洗い場にはボディソープやシャンプーなどが完備されています。
 2016_1221(013).jpg

 ▼じっくりと時間をかけて温泉を楽しんだ後は…。
 2016_1221(012).jpg

 ▼朝食です。質素ではありますが、1日の英気を養うには十分な内容です。
 2016_1221(015).jpg

 ▼お会計を済ませて、そろそろ出発です。
 2016_1221(016).jpg

 ▼雪深い場所に建つ一軒宿ですが、通年営業はありがたいです。
 2016_1221(020).jpg

 ▼建物の前には大きなかまくら。こんな遊びができるのも雪国ならでは。
 2016_1221(021).jpg

 ▼お世話になりました。
 2016_1221(023).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    青森県十和田市法量谷地1 地図
 ・電話番号  0176-74-1181
 ・営業時間  チェックイン15:00 チェックアウト10:00
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「日本三秘湯 地温泉」(公式HP)

 訪問日:2016年12月20~21日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback