FC2ブログ
avatar image

羽根沢温泉共同浴場(山形県/鮭川村)

 山形県・鮭川村にある羽根沢温泉。その温泉の歴史は1919(大正8)年の石油試掘まで遡ります。石油採掘は採算が合わず事業化が断念されましたが、2年後の1921(大正10)年には多量の温泉が湧出し、現在の温泉街が形成されました。

 ぬめりを持つ独特のお湯で、肌がツルツルになることから「美人の湯」と呼ばれています。今回はこの温泉街の中心にあって地元の方々に大切にされている共同浴場を訪問したいと思います。

 ▼山形県の山間にある羽根沢温泉へやって来ました。
 2017_0620(021).jpg

 ▼こじんまりとした温泉街の中心にある、だだっ広い駐車場に車をとめて…。
 2017_0620(017).jpg

 ▼駐車場に面したところにある「羽根沢地区多目的集会所」へ向かいます。
 2017_0620(019).jpg

 ▼共同浴場の入口はこの建物の裏手にあります。
 2017_0620(018).jpg

 ▼集会所の裏手に回ると…。
 2017_0620(016).jpg

 ▼ありました、共同浴場の入口です。
 2017_0620(015).jpg

 ▼真っ赤な暖簾をくぐると…。
 2017_0620(013).jpg

 ▼集金箱があります。入浴料は大人200円(訪問日当時)です。
 2017_0620(009).jpg

 ▼浴室には45.2℃の源泉がかけ流されているそうです。楽しみですね。
 2017_0620(012).jpg

 ▼女湯・男湯の方向を示す看板。手作り感が趣を感じさせます。
 2017_0620(006).jpg

 ▼脱衣場は棚とベンチがあるだけのシンプルな造り。そして…。
 2017_0620(005).jpg

 ▼こちらが浴室です。ぬめりを持つお湯がかけ流されているため、床が大変滑りやすいです。
 2017_0620(002).jpg

 ▼立派な屋根のついた源泉枡。ここから源泉が浴槽へ注がれるのですが…。
 2017_0620(001).jpg

 ▼目を見張るのは、湯の華を捕捉するための網。湯の華の量が半端ではありません。
 2017_0620(003).jpg

 ▼温泉中の塩分で湯上り後も身体はポッカポカ。美肌効果もあって最高の一湯です。
 2017_0620(004).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県最上郡鮭川村中渡字羽根沢温泉 地図
 ・電話番号  0233-55-2539(羽根沢温泉旅館組合)
 ・営業時間  8:00~18:00(10~3月は~17:00)
 ・定休日    なし

 訪問日:2017年6月20日
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback