FC2ブログ
avatar image

石抱温泉(山形県/大蔵村)

 肘折温泉の温泉街から南の方角へ向かうダート道を車で10分ほど進むと、石造りの浴槽に温泉がかけ流されているだけの野湯があります。温泉の名前は「石抱温泉」といいます。

 ゑびす屋さんという旅館が管理されています。炭酸の量が非常に多く、そのまま入ると体が浮いてしまうため、石を抱いて入浴しなければ…ということからその名が付いたそうです。

 ▼肘折温泉の温泉街から南の方角へ向かうダート道を進んでいます。
 2017_0620(068).jpg

 ▼途中でこのような橋を渡ります。
 2017_0620(066).jpg

 ▼橋の下の川には大きな石がごろごろと…。さらにもう少し進むと…。
 2017_0620(067).jpg

 ▼「石抱温泉」と書かれた石標があります。季節によっては石標が草で覆われてしまって見つからないかも。
 2017_0620(052).jpg

 ▼どうやら、ここからはこの獣道を歩いて進んで行くようです。
 2017_0620(064).jpg

 ▼ありました、石抱温泉です。石造りの浴槽があるだけの野湯です。
 2017_0620(061).jpg

 ▼温泉は、この岩の隙間と足元から涌き出しています。
 2017_0620(057).jpg

 ▼緑がかった温泉が浴槽の縁から排湯されていきます。
 2017_0620(054).jpg

 ▼温泉の温度は38℃ほど。訪問日当時(初夏)の気候には丁度良いかもしれません。
 2017_0620(056).jpg

 ▼素晴らしいシチュエーションと泉質に後ろ髪をひかれながら、石抱温泉を後にします。
 2017_0620(059).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県最上郡大蔵村南山 地図
 ・電話番号  0233-76-2008(えびす屋)
 ・営業時間  24時間
 ・定休日    冬期間閉鎖

<参考HP>
 ・「肘折温泉 旅館 えびす屋 源泉かけ流しの宿」(公式HP)

 訪問日:2017年6月20日
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback