FC2ブログ
avatar image

赤湯温泉の公衆浴場(山形県/南陽市)

 「山形県南陽市にある小さな温泉町《赤湯温泉》。山あいにある温泉地が多い山形県では珍しく、町の中に14軒の温泉旅館と4つの公衆浴場が点在しています。どの旅館へもJR赤湯駅からタクシーで5分ほどで着き、コンビニやスーパー、飲食店なども近くにありとても便利です。」(赤湯温泉旅館協同組合HPより)

 ▼山形県・南陽市の赤湯温泉で、4つある公衆浴場を巡ります。
 2017_0807(052).jpg

 ▼まずやって来たのは「赤湯元湯」。2つの公衆浴場が統合されて、2008(平成20)年10月にオープン。
 2017_0807(050).jpg

 ▼建物が新しいため、内部の各種設備も綺麗です。
 2017_0807(048).jpg

 ▼各浴場には浴室内「撮影禁止」の掲示がありましたので…。
 2017_0807(047).jpg

 ▼浴室内の画像は、南陽市と山形鉄道株式会社の各HPより拝借させていただいております。
 2017_0807(049).jpg

 ▼続いて「とわの湯」を訪問。浴場の名前は昭和18(とわ)年にできたことに由来します。
 2017_0807(021).jpg

 ▼本来なら営業中の時間だったのですが…。
 2017_0807(023).jpg

 ▼夏休み期間中ということで、営業時間が若干変更になっておりました。
 2017_0807(024).jpg

 ▼浴室内の様子はこちら。
 onsen-2.jpg

 ▼次に訪問したのが…。
 2017_0807(031).jpg

 ▼「烏帽子の湯」です。
 2017_0807(014).jpg

 ▼建物の外には温泉タンクが。独自の「烏帽子の湯源泉」を使用しています。
 2017_0807(030).jpg

 ▼4つある公衆浴場の中で最も多くの利用者があるそうです。
 2017_0807(016).jpg

 ▼烏帽子型の浴槽が特徴的な浴室。
 onsen-1.jpg

 ▼最後に訪問したのが「あずま湯」。
 2017_0807(025).jpg

 ▼4つの公衆浴場には全て券売機が設置されています。
 2017_0807(008).jpg

 ▼ちなみに入浴料は赤湯元湯が200円、その他が100円です(いずれも訪問日当時)。
 2017_0807(007).jpg

 ▼浴室内の様子はこちら。
 onsen-3.jpg

 ▼いっぱい入りすぎて少々のぼせ気味ですので…。
 2017_0807(026).jpg

 ▼最後に赤湯の温泉街を散策してみましょう。
 2017_0807(009).jpg

 ▼こちらは赤湯元湯の近くにある烏帽子山八幡宮。
 2017_0807(053).jpg

 ▼源泉地にある足湯。「あっこポッポ湯」という愛称があるようです。その脇には…。
 2017_0807(013).jpg

 ▼大きな温泉タンクが2基。ここから各旅館に配湯されているのですね。
 2017_0807(012).jpg

<データ(訪問日時点)>
 1.赤湯元湯
 ・所在地    山形県南陽市赤湯754 地図
 ・電話番号  0238-43-2156(赤湯財産区温泉事務所)
 ・営業時間  8:00~14:00・15:00~21:30
 ・定休日    水曜日

 2.とわの湯
 ・所在地    山形県南陽市赤湯392 地図
 ・電話番号  0238-43-2156(赤湯財産区温泉事務所)
 ・営業時間  6:00~12:00・14:30~21:30
 ・定休日    火曜日

 3.烏帽子の湯
 ・所在地    山形県南陽市赤湯356-2 地図
 ・電話番号  0238-43-2156(赤湯財産区温泉事務所)
 ・営業時間  6:00~11:30・14:00~21:30
 ・定休日    金曜日

 4.あずま湯
 ・所在地    山形県南陽市赤湯2956-7 地図
 ・電話番号  0238-43-2156(赤湯財産区温泉事務所)
 ・営業時間  6:00~11:00・13:00~21:00
 ・定休日    木曜日

<参考HP>
 ・「南陽市」(公式HP)
 ・「南陽市観光協会」(公式HP)
 ・「赤湯温泉旅館協同組合」(公式HP)
 ・「山形鉄道株式会社」(公式HP)

 訪問日:2017年8月7日
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback