FC2ブログ
avatar image

港線跡地(北海道/根室市)

 北海道・根室市にはその昔、根室駅と根室港を結ぶための貨物専用の路線が敷設されていました。港線(通称臨港線)という、根室駅~根室港駅間2.3kmの路線です。

 1934(昭和9)年に開業し、戦前から戦中、戦後にかけて、鮮魚貝類や木材、石炭、塩などが輸送されていましたが、漁獲高の減少やトラック輸送の普及により、1965(昭和40)年に廃止となりました。

 現在、路線だった場所の一部は遊歩道として整備されており、そこに鉄道が通っていたことを説明する案内板も設置されています。根室市内を散策していた時に通りがかりましたので、ご紹介します。

 ▼根室市内の駒場町1丁目交差点付近にある広めの遊歩道。
 2017_1125(045).jpg

 ▼根室港へ向かう鉄道が敷設されていたことを説明する案内板があります。
 2017_1125(043).jpg

 ▼橋の欄干には、蒸気機関車をモチーフにした画が飾られています。
 2017_1125(046).jpg

 ▼根室港への鉄道が橋下を、その上には歯舞へ向かう根室拓殖鉄道が通っていたそうです。
 2017_1125(039).jpg

 訪問日:2017年11月25日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback