FC2ブログ
avatar image

いさぜん旅館(宮城県/大崎市)

 「いさぜん旅館には泉質の違った三つの温泉があり、中でもラジウム炭酸泉は屋敷内より湧出る自慢の温泉です。浴後のほとぼり感が長いのが特徴で優れた効果が期待できます。

 ラジウム炭酸泉・鉄鉱泉・重曹泉と泉質も豊富。お客様にあった温泉が楽しめます。また、ごゆっくりくつろいでいただける貸切風呂もございます。」(公式HPより)

 ▼東鳴子温泉の「いさぜん旅館」にやって来ました。1941(昭和16)年開業の老舗旅館です。
 2018_0218(106).jpg

 ▼500円または湯めぐりチケット2枚で日帰り入浴が可能です(いずれも訪問日当時)。
 2018_0218(099).jpg

 ▼まずは大浴場へ向かってみましょう。こちらの浴室は男女入替制です。
 2018_0218(059).jpg

 ▼入替のタイミングを見計らって入ります。
 2018_0218(052).jpg

 ▼浴室です。源泉は旅館組合で管理しているものを使用しているとのこと。
 2018_0218(054).jpg

 ▼豊富な湯量と高い温度を利用して、館内の暖房や駐車場の消雪にも利用されているそうです。
 2018_0218(056).jpg

 ▼続いて向かったのは、露天風呂付の中浴場。浴室の奥には…。
 2018_0218(085).jpg

 ▼石で組まれた露天風呂があります。
 2018_0218(088).jpg

 ▼外は吹雪でも、屋根付きのお風呂で快適な湯浴みを楽しむことができます。
 2018_0218(087).jpg

 ▼虎・とら・トラ…。宿のご主人は熱狂的な阪神タイガースファンのようです。
 2018_0218(084).jpg

 ▼最後に向かったのは、混浴の浴室。
 2018_0218(095).jpg

 ▼ここでは、旅館の自家源泉を楽しむことができます。
 2018_0218(076).jpg

 ▼脱衣場には古めかしい掲示物が。
 2018_0218(071).jpg

 ▼浴室入口にある入浴方法のおすすめ。炭酸泉から鉄鉱泉への入浴がお薦めだそうです。
 2018_0218(073).jpg

 ▼「左サイド」の炭酸泉。「いさぜんの湯1号」と「同2号」という2つの自家源泉を混合させています。
 2018_0218(063).jpg

 ▼「右サイド」の鉄鉱泉。「いさぜんの湯3号」と旅館組合の管理源泉を混合させているそうです。
 2018_0218(064).jpg

 ▼2つの浴槽の間は低い壁があるだけですので、簡単に行き来することができます。
 2018_0218(066).jpg

 ▼この他にも、宿泊者専用の貸切風呂もあるそうです。
 2018_0218(096).jpg

 ▼様々な泉質と趣の異なる浴室…大満足で施設を後にします。
 2018_0218(092).jpg

 ▼旅館前の「長寿の松をくぐると長生きすると言われます」(公式HPより)。
 2018_0218(103).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯11 地図
 ・電話番号  0229-83-3448
 ・営業時間  10:00~20:00(日帰り入浴)
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「いさぜん旅館」(公式HP)

 訪問日:2018年2月18日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback