FC2ブログ
avatar image

つかさや旅館(山形県/鶴岡市)

 「湯田川温泉は約1300年前からこんこんと湧き続けており、泉質は非常に柔かく、優しく包み込む大地の毛布のようです。源泉かけ流しの温泉に浸かりながら、寛ぎの時間をお過ごしください。

 当館は庄内の生産者と共に皆様に美味しく、豊かな食を提供いたします。野菜ってこんなに美味しいの?そんなお声を聞くのが嬉しい毎日です。

 また、夕餉にちびりちびりと日本酒を呑む。当館にはお食事と共に楽しめる日本酒等が常時20種類ほどございます。今宵はどの日本酒がお付き合いいたしましょうか。」(公式HPより)

 ▼会社の先輩に紹介してもらった「つかさや旅館」で1泊お世話になります。
 2018_0308(035).jpg

 ▼夕食は追加で「とことん飲み比べ10種」をお願いしており、楽しみです。まずはひとっ風呂。
 2018_0308(039).jpg

 ▼浴室は2つあり、21:30に男女が入れ替わるそうです。
 2018_0309(005).jpg

 ▼この時間帯は「ゆったりの湯」。4~5人が入れる大きさです。
 2018_0308(017).jpg

 ▼湯口からは、毎分23リットルの温泉が湯船に注がれています。泉質は弱アルカリ性でお肌スベスベ。
 2018_0308(018).jpg

 ▼浴槽の容量に対して湯量が豊富なため、人が湯船に入ると洗い場は洪水状態に。
 2018_0308(026).jpg

 ▼そして、お楽しみの夕食。地元の食材を中心にした田舎料理の数々に…。
 2018_0308(040).jpg

 ▼10種類の日本酒。若旦那オリジナルの能書きを読みながら、バカ舌で違いを味わうことの幸せといったら…。
 2018_0308(042).jpg

 ▼翌朝はもう一つの浴室「こじんまりの湯」へ。湯船は2~3人がやっとこさ入れる大きさ。
 2018_0309(004).jpg

 ▼こちらのお湯の投入量は毎分20リットル。30分もすれば湯船のお湯が全て入れ替わる計算だそうです。
 2018_0309(001).jpg

 ▼こちらも湯船に身体を沈めると淵から大量のお湯が溢れ出ます。洗面器やタオルが流されてしまうほど。
 2018_0309(003).jpg

 ▼さっぱりしたところで朝食。かわいらしい小鉢が並んでいて、見た目も楽しませてくれます。
 2018_0309(006).jpg

 ▼共同浴場「正面湯」にある、湯田川温泉の突出した(湯船に対する)供給量について書かれた説明板。
 2018_0309(010).jpg

 ▼つかさや旅館は正面湯のすぐ隣。酒と食事と温泉で癒されました。再訪を誓って旅館を後にします。
 2018_0309(011).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県鶴岡市湯田川乙52​ 地図
 ・電話番号  0235-35-2301
 ・営業時間  チェックイン15:00 チェックアウト10:00 
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「山形県鶴岡市湯田川温泉 つかさや旅館」(公式HP)

 訪問日:2018年3月8~9日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback