FC2ブログ
avatar image

ひやま温泉 お湯センター(山形県/最上町)

 「湯治湯として古い歴史を誇る赤倉温泉は、開湯900年余年を経た歴史ある温泉です。お風呂は、すべて源泉掛け流しの天然温泉100%でございます。ひやま山荘は、山の中の一軒宿なので、周りを気にせずゆっくりと。大自然を満喫できます。」(公式HPより)

 ▼山形県道28号線沿いにある看板。温泉施設があることを知らせてくれています。
 2018_0501(036).jpg

 ▼案内に従って県道から脇道に入り、覚束ない山道を進んで行きます。
 2018_0501(033).jpg

 ▼登り切ったところで視界が開けます。宿泊施設は「ひやま山荘」という名前ですが…。
 2018_0501(030).jpg

 ▼日帰り入浴施設の名前は「ひやまお湯センター」。お湯センター…初めて聞く語感です。
 2018_0501(029).jpg

 ▼受付で入浴料500円(訪問日当時)を支払います。鳴子温泉郷の湯めぐりチケットも使用できます。
 2018_0501(027).jpg

 ▼受付で案内されるがまま、長い廊下を進んで行きます。途中には…。
 2018_0501(023).jpg

 ▼大きな宴会場が。
 2018_0501(005).jpg

 ▼そして浴室の入口に到着しました。
 2018_0501(021).jpg

 ▼こちらが内湯です。
 2018_0501(007).jpg

 ▼浴室の壁には前衛的な現代アートのようなオブジェが施されています。
 2018_0501(019).jpg

 ▼69.2℃の源泉を加水せずに適温にしているそうです。
 2018_0501(010).jpg

 ▼内湯の外にも湯船がいっぱい。中くらいの大きさの露天風呂や…。
 2018_0501(011).jpg

 ▼小さめの露天風呂…。
 2018_0501(012).jpg

 ▼そして、この施設の名物「泳げる露天風呂」。
 2018_0501(014).jpg

 ▼10メートル四方以上はありそうです。水深(湯深?)もそれなりにあるので、本当に泳げます。
 2018_0501(016).jpg

 ▼消防車のホースから放水されるが如く大量に注がれる温泉。湯量が豊富だからこそ成立する施設ですね。
 2018_0501(015).jpg

 ▼露天風呂にて全裸で水泳とは、初めての経験でした。
 2018_0501(031).jpg

 ▼お湯センターのすぐ隣にはゴルフ練習場が。打ちっぱなしの後にひとっ風呂というのも一興ですね。
 2018_0501(032).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県最上郡最上町富澤834-5 地図
 ・電話番号  0233-45-2856
 ・営業時間  9:30~19:00(日帰り入浴)
 ・定休日    木・金曜日

<参考HP>
 ・「ひやま温泉 ひやま山荘」(公式HP)

 訪問日:2018年5月1日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback