FC2ブログ
avatar image

赤倉温泉 いづみ荘(山形県/最上町)

 「この度は『赤倉温泉 いづみ荘』のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。当館は全7室しか無い、家族経営の小さな温泉宿です。規模は小さくても、本物の源泉かけ流しのお風呂と、料理長が腕によりをかけて作ったお料理で、心を込めたおもてなしをさせていただきます。

 源泉掛け流しのお風呂は、ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉(旧泉質名は含石膏芒硝泉)の温泉です。透明なお湯から立ち込める強い芒硝臭がありますが、一度入られると癖になるお客様がいらっしゃるぐらいの特徴的な温泉です。体の芯から温まるお風呂を是非ご利用ください。」(公式HPより)

 ▼山形県・最上町の赤倉温泉にやって来ました。
 2018_0501(062).jpg

 ▼小国川の両岸に旅館が建ち並ぶ歴史ある温泉地です。お世話になったのは…。
 2018_0501(055).jpg

 ▼「いづみ荘」です。日帰り入浴料は500円または鳴子温泉郷の湯めぐりチケット2枚(いずれも訪問日当時)。
 2018_0501(076).jpg

 ▼ご主人が頻りに「新しく公衆浴場がオープンしたが、そちらに行かなくていいのか」と確認して下さいます。
 2018_0501(074).jpg

 ▼訪問日前日に開業したという「『おくのほそ道』赤倉ゆけむり館」のことですね。旅館の窓からも見えました。
 2018_0501(072).jpg

 ▼でも、オープン直後で人が集まる施設には興味がないんです。ゆったりと温泉を楽しみたいんです。
 2018_0501(065).jpg

 ▼こちらが「いづみ荘」の浴室。源泉の温度は52.7℃、芒硝臭のあるカルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉が…。
 2018_0501(073).jpg

 ▼湯口から注がれています。湯口の周りには析出物がいっしりとこびり付いています。
 2018_0501(071).jpg

 ▼こちらは女性用の浴室。湯船が1つという造りは男女同じです。
 2018_0501(064).jpg

 ▼身体の芯から温まり、しばらく汗がひきません。素晴らしい温泉でした。
 2018_0501(075).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    山形県最上郡最上町富澤1005-7 地図
 ・電話番号  0233-45-2403
 ・営業時間  10:00~16:00(日帰り入浴)
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「山形県赤倉温泉 いづみ荘」(公式HP)

 訪問日:2018年5月1日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback