FC2ブログ
avatar image

三瓶温泉(島根県/大田市)~後編

  島根県・大田市の三瓶(さんべ)温泉は、三瓶山の南麓にある温泉地です。かつては「志学温泉」と呼ばれ、湯治場として賑わっていた時代の雰囲気を今に残しています。

 今回は、JR西日本・山陰本線の大田市駅から路線バスで三瓶温泉を訪問し、温泉街に2軒ある共同浴場での湯浴みを楽しみたいと思います。後編は温泉街の中心にある鶴の湯を訪問します。

 ▼亀の湯から温泉街の中心に戻ります。途中の道路からの1枚。
 2018_0526(106).jpg

 ▼こちらが温泉街のメインストリート。その両脇には…。
 2018_0526(142).jpg

 ▼2018(平成30)年4月の地震に影響でしょうか、ブルーシートがかけられた場所があったり…。
 2018_0526(148).jpg

 ▼建物の一部に危険を知らせる張り紙が張られていたり…一刻も早い復興を祈念します。
 2018_0526(145).jpg

 ▼さて、もう一つの共同浴場「鶴の湯」へ入ることにしましょう。建物に入ると…。
 2018_0526(139).jpg

 ▼右手が浴室、正面がトイレ、左奥が休憩室、左手前に受付があります。
 2018_0526(134).jpg

 ▼訪問時は受付が無人でした。入浴料300円(訪問日当時)を箱に入れて…。
 2018_0526(132)_20190209202155c2a.jpg

 ▼浴室へ向かいます。
 2018_0526(131).jpg

 ▼脱衣場で服をに脱いで、いざ浴室へ!
 2018_0526(128).jpg

 ▼「鶴の湯」の浴室全景。
 2018_0526(126).jpg

 ▼鶴の湯では、常時加温された温泉が使用されています。
 2018_0526(110).jpg

 ▼洗い場には…。
 2018_0526(120).jpg

 ▼かかり湯や上がり湯用の設備があります。太い管から吐き出される温泉は半端ない湯量…。
 2018_0526(117).jpg

 ▼浴室にある注意書きにも、湯量の多さが特筆されています。
 2018_0526(113).jpg

 ▼浴後感はさっぱり。休憩室で一休みしましょう。休憩室には…。
 2018_0526(129).jpg

 ▼年代物のテレビが。さすがに映らないでしょうね。
 2018_0526(130).jpg

 ▼ロビーに掲げられている昔の写真を眺めながら…。
 2018_0526(135).jpg

 ▼鶴の湯を後にします。
 2018_0526(147).jpg

 ▼鶴の湯の隣にある「三瓶温泉志学薬師堂」へお参りした後…。
 2018_0526(141).jpg

 ▼再び路線バスに乗って、大田市駅に戻ります。
 2018_0526(149).jpg

<データ(訪問日時点)>
 1.鶴の湯
 ・所在地    島根県大田市三瓶町志学 地図
 ・電話番号  0854-83-3678
 ・営業時間  12:00~21:00(11月~4月中旬は14:00~20:00)
 ・定休日    なし

 2.亀の湯
 ・所在地    島根県大田市三瓶町志学 地図
 ・電話番号  0854-83-2503
 ・営業時間  17:00~21:30
 ・定休日    なし

<参考HP>
 ・「なつかしの国 石見」(石見観光振興協議会HP)

 訪問日:2018年5月26日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback