FC2ブログ
avatar image

貨物鉄道博物館(三重県/いなべ市)

 「日本の経済発展を支えてきた、鉄道による貨物輸送が、1873(明治6)年9月15日に始まって以来、2003(平成15)年に130周年を迎えるのを記念して、初めての貨物鉄道を専門とする博物館として当館は開館しました。

 主要な展示物であるさまざまな種類の実物貨車は、全国の鉄道事業者や企業・個人からの寄贈や貸与によるもので、現存する最古級の貴重な車輌が勢揃いしています。

 当館は、一般からの寄付と、ボランティアにより運営されております。皆様の温かいご理解とご支援をお願い申し上げます。」(公式HPより)

 ▼三重県・いなべ市の「貨物鉄道博物館」にやって来ました。
 2018_0805(204).jpg

 ▼建屋内は、貨物関係の資料類や…。
 2018_0805(206).jpg

 ▼貨車等の部品が展示されている他…。
 2018_0805(207).jpg

 ▼鉄道模型のジオラマのコーナーがあります。
 2018_0805(208).jpg

 ▼また、博物館に関連する商品の販売等も行われています。
 2018_0805(211).jpg

 ▼建屋の外には実際に使用されていた貨車が多数展示されています。時間の許す限り見てみましょう。
 2018_0805(230).jpg

 ▼B4形39号。1898(明治31)年の英国製。晩年は東武鉄道で貨物列車を牽引していました。
 2018_0805(212).jpg

 ▼蒸気機関車の先には貨車が4両連なっています。順番に見て行きますと…。
 2018_0805(213).jpg

 ▼ト200形246号。1917(大正6)年製造の無蓋車。製造当初は有蓋車だったそうです。
 2018_0805(232).jpg

 ▼ワフ21000形21120号。1934(昭和9)年製造の有蓋緩急車。2人乗務用の広い車掌室があります。
 2018_0805(231).jpg

 ▼ワ1形5490号。1906(明治39)年製造の有蓋車。晩年に近江鉄道へ移籍しました。
 2018_0805(214).jpg

 ▼ワ11形11号。1929(昭和4)年製造の有蓋車。蒲原鉄道で活躍した車両です。
 2018_0805(215).jpg

 ▼圧巻はこちら。シキ160形という大型変圧器を輸送するための貨車です。車輪が12個あります。
 2018_0805(216).jpg

 ▼車体を二分割し、中間に変圧器を組み付けて輸送する吊掛式輸送に使用されました。
 2018_0805(228).jpg

 ▼ホサ1形1号というホッパ車。1930(昭和5)年に石灰石輸送用として製造され、砕石散布用に改造されました。
 2018_0805(223).jpg

 ▼テラ1形146号。発火の恐れがある生石灰などを輸送するため、車内に木の内張りがありません。
 2018_0805(224).jpg

 ▼塗装が施されているのはト1形15号という無蓋車。1912(大正元)年に製造され、晩年は名古屋鉄道で活躍。
 2018_0805(217).jpg

 ▼別の場所では、タンク車4両と入換用のディーゼル機関車が並んでいます。
 2018_0805(203).jpg

 ▼タム8000形8000号。1962(昭和37)年製造の過酸化水素専用タンク車です。
 2018_0805(242).jpg

 ▼タム5000形6263号。1968(昭和43)年製造の塩酸専用タンク車。本形式は368両が製造されました。
 2018_0805(243).jpg

 ▼タム500形2920号。1958(昭和33)年製造のガソリンタンク車。製造両数621両は2軸タンク車としては最多。
 2018_0805(244).jpg

 ▼タ2000形2001号。1939(昭和14)年に製造された、現存する唯一の戦前製タンク車です。
 2018_0805(252).jpg

 ▼DB101号。1957(昭和32)年製造の入換用ディーゼル機関車。製紙工場の引込線で活躍していました。
 2018_0805(254).jpg

 ▼資料と実際の貨車で貨物鉄道の歴史を学ぶことができました。
 2018_0805(239).jpg

 ▼貨物鉄道博物館は、三岐鉄道・三岐線の丹生川駅に隣接しています。
 2018_0805(240).jpg

 ▼博物館のすぐ隣を現役の貨物列車が通り過ぎていきます。
 2018_0805(251).jpg

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    三重県いなべ市大安町丹生川中 地図
 ・電話番号  059-364-2141(三岐鉄道株式会社内事務局)
 ・営業時間  10:00~16:00
 ・定休日    毎月第1日曜日のみ営業(1月のみ第2日曜日)

<参考HP>
 ・「貨物鉄道博物館」(公式HP)

 訪問日:2018年8月5日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback