FC2ブログ
avatar image

第21海軍航空廠本部庁舎跡地及び防空壕(長崎県/大村市)

 「第21海軍航空廠の本部庁舎前に設置された防空壕の遺構。第21海軍航空廠は、昭和16年(1941)10月に佐世保にあった海軍工廠航空機部が移転し開設された。海軍の観測機や戦闘機を製造し、5万人の工員が就業した。

 この人口増と、関連施設が当時の大村町のみならず周辺の村にも及んだため、航空廠の設置が、大村町と周辺6村が合併し大村市が誕生する契機となっている。」(長崎県HPより)

 ▼長崎県交通局(県営バス)に乗って、長崎県・大村市の「消防学校前」バス停で下車。
 2018_0826(005).jpg

 ▼長崎県消防学校から道路を挟んで反対側にあるのが…。
 2018_0826(006).jpg

 ▼「第21海軍航空廠本部庁舎跡地及び防空壕」です。
 2018_0826(008).jpg

 ▼第21海軍航空廠の本部庁舎前に設置された防空壕の遺構が残されています。
 2018_0826(009).jpg

<参考HP>
 ・「長崎県」(公式HP)
 ・「ながさき旅ネット」(長崎県観光連盟HP)

 訪問日:2018年8月26日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback