FC2ブログ
avatar image

愛知高速交通 東部丘陵線

 2005(平成17)年に開催された愛知万博の会場アクセスを目的として開業した愛知高速交通・東部丘陵線、愛称「リニモ」。日本初の磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)による実用路線です。現在は周辺住宅や学術研究施設・公園へ向かう人の足として活躍しています。

 ▼リニモの起点、藤が丘駅から八草駅行きの列車に乗り込みます。
 2018_1215(079).jpg

 ▼昼間は1時間に7~8本のダイヤ。
 2018_1215(080).jpg

 ▼各駅には夫々カラフルなシンボルマークが定められています。
 2018_1215(054).jpg

 ▼終点の八草駅までの所要時間は約17分、8.9kmの道のりです。
 2018_1215(059).jpg

 ▼八草駅に到着した列車は、ポイントを通って…。
 2018_1215(063).jpg

 ▼奥の車止め付近まで進入。
 2018_1215(066).jpg

 ▼進行方向を変えて、折り返し藤が丘駅行きとして反対側のホームへやって来ます。
 2018_1215(067).jpg

 ▼復路は1両目最前列の席から付近の景色を楽しみます。
 2018_1215(073).jpg

 ▼路線名のとおり、リニモが走行するのは名古屋市東部から豊田市にかけての丘陵地帯。
 2018_1215(075).jpg

 ▼愛・地球博記念公園付近は、間もなく日が暮れようとしています。
 2018_1215(076).jpg

<参考HP>
 ・「Linimo 愛知高速交通株式会社」(公式HP)

 訪問日:2018年12月15日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback