FC2ブログ
avatar image

ホテル四国屋(北海道/長万部町)~2010新春

 北海道の長万部(おしゃまんべ)温泉は、かにめしで有名なJR・長万部駅から徒歩5分くらいのところにあります。1955(昭和30)年、天然ガスの試掘中に温泉が湧出したとのこと。比較的歴史の浅い温泉です。

 温泉街に華やいだ雰囲気はなく、8軒の温泉旅館がひっそりと佇むことによって形成されています。泉質には定評があり、高温の食塩泉は身体の芯までぽかぽかにしてくれます。今回は8軒ある旅館の一つ、「ホテル四国屋」に宿泊した時の様子をご紹介します。

 ▼温泉街へ向かう途中で、長万部駅を望みます。風雪が強いわ真っ暗だわ、心細いです。
 

 ▼宿に到着しました。さっそくひとっ風呂。冷え切った身体が温泉でみるみる温まります。
 

 ▼夕食は食べきれないほどの皿が並びます。食べ終わったら、もうひとっ風呂…。
 

 ▼翌朝もひとっ風呂。お目当ての温泉は、源泉100%掛け流しの、熱~い食塩泉でした。
 

 ▼朝食もボリュームは十分。日本人で良かった…と思わせる内容です。
 

 ▼腹ごしらえもしたので、出発することにします。来た道を使って長万部駅まで歩きます。
 

 ▼温泉発祥の記念碑です。1985(昭和60)年、湧出30周年を記念して建てられました。
 

 ▼車だと大回りしなければなりませんが、長万部駅から徒歩の場合は「近道」があります。
 

 ▼徒歩専用の歩道橋。これを使うと、駅から5分程度で温泉街へ行くことができます。
 

 ▼歩道橋から見た温泉街。温泉とおいしい食事を堪能したところで、旅を続けます。
 

<データ(訪問日時点)>
 ・所在地    北海道山越郡長万部町温泉町403 地図
 ・電話番号  01377-2-2311
 ・営業時間  チェックイン15:00 チェックアウト10:00
 ・定休日    不明

<参考HP>
 ・「長万部温泉利用協同組合」(公式HP)

 訪問日:2010年1月2~3日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback