FC2ブログ
avatar image

宗太郎駅(大分県/佐伯市)

 鉄道ファンの間で「秘境駅」と呼ばれる、大分県・佐伯市の宗太郎(そうたろう)駅。大分県と宮崎県の県境の山間に位置しており、停車する列車は1日上下各3本(訪問日当時)。周りには数軒の民家があるだけです。

 1923(大正12)年の鉄道開通時は信号場扱いでしたが、地元要望もあり、1947(昭和22)年に駅へと昇格しました。訪問日はあいにくの天気でしたが、聞こえるのは雨音と木陰からの蝉の声だけ…。しばし都会の喧騒を忘れ、駅昇格に尽力した故人たちに思いを馳せます。

 ▼宗太郎駅全景。山間の「秘境駅」です。
 

 ▼以前は趣のある木造駅舎があったそうですが、今は解体され土台だけが残っています。
 

 ▼駅舎が存在していた頃からのものと思われるきっぷの回収箱が。
 

 ▼トイレは一応現役。トイレの壁に運賃表と1日3往復の時刻表が掲げられています。
 

 ▼跨線橋で反対側のホームに渡ってみましょう。
 

 ▼ホーム脇の池。イモリが生息しているそうですが、この日は何も見られませんでした。
 

 ▼駅名は、この地に移り住んだ平家の落人「洲本宗太郎」にちなんだものだそうです。
 

<参考HP>
 ・「秘境駅へ行こう!」(牛山隆信氏HP)

 訪問日:2010年8月4日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback