FC2ブログ
avatar image

【鶴見線の旅No.01】80周年記念パス

 鶴見線・南武支線開業80周年

 2010(平成22)年、JR東日本の鶴見線・南武支線が開業80周年を迎えます。これを記念して、9月18日から「鶴見線・南武支線開業80周年記念パス」の発売が開始されました。

 鶴見線は、鶴見駅から横浜・川崎市内の京浜工業地帯へ向かう、全長9.7kmの路線です。工場への通勤客輸送が主な役割ですが、昼間は列車の本数が極端に少ないことや、ほとんどが無人駅であることなど、都会でありながらローカルムード満点な路線として知られています。

 南武支線も「都会のローカル線」として鉄道ファンの間では有名な路線です。南武線の一部ですが、本線(川崎~立川間)とは独立した運行形態を採っています。川崎駅の次の尻手駅から浜川崎駅までの4.1kmを結んでいます。

 これから、鶴見線・南武支線の見どころを、数回に分けてご紹介していこうと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。

 ▼発売初日の「鶴見線・南武支線開業80周年記念パス」。500円で…。
 

 ▼鶴見線や…。
 

 ▼南武支線の他…。
 

 ▼京浜急行電鉄(京急)の一部路線や…。
 

 ▼川崎鶴見臨港バス(臨港バス)も乗り降り自由です。
 

 ▼記念パスの発売は、2010(平成22)年12月19日までです。
 

 ▼(おまけ)以前、鶴見線を走っていた車両。今は全てステンレス車両に置き換わりました。
 

 訪問日:2004年12月26日・2010年9月18・25日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback