FC2ブログ
avatar image

南越後観光バス

 南越後観光バスは、新潟県・南魚沼市に本社を置く、乗合・観光バスの運行会社です。親会社は越後交通という会社で、県南エリアの運行を担うべく、1987(昭和62)年に越後交通から分社しました。

 越後交通といえば、故田中角栄氏が社長を務め、現在も田中家が主要株主であることで知られています。子会社の南越後観光バスも、各社から転入してきた中古車による多彩なバリエーションや、今も残る紙製の運賃表示器などで、バスファンの間では有名な会社です。

 ▼塗装は親会社の越後交通と同じです。東京の東急バスに似ていますね。
 

 ▼実際、東急バスをはじめ、関東から多くの中古車が転入しています。
 

 ▼正面の行先表示の大きさが控えめな車両など、バリエーションも多彩です。
 

 ▼「ハイライトカラー」と呼ばれる塗装の車両もあります。煙草の図柄に似ているからかな。
 

 ▼昔懐かしい丸っこい車体のバスも現役で活躍しています。
 

 ▼これが噂の紙製の運賃表示器。動くところが見たい!と思ったら、動画を見つけました。
 

<参考HP>
 ・「南越後観光バスのアナログ運賃表示」(YouTube)

 訪問日:2011年6月11・25日・8月6日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback