FC2ブログ
avatar image

元東急8000系&東急8500系

 2011(平成23)年10月27日、東日本旅客鉄道(JR東日本)は、東京急行電鉄(東急)の子会社である「東急車輛製造」の鉄道車両製造事業を買収すると発表しました。

 東急車輛製造は1948(昭和23)年に設立され、親会社である東急向け車両のみならず、旧国鉄(JR)や私鉄向け車両の製造も手がけてきました。

 しかし、需要減退による市場縮小や一層の競争激化などにより経営環境は厳しさを増し、今回、鉄道車両事業をJR東日本へ「身売り」することになったものです。数々の名車を生み出してきた同社が消えていくことに、一抹の寂しさを覚えます。

 ここでは、同社がステンレス車両メーカーとしての地位を不動のものとすることに多大なる貢献をした、元東急8000系と東急8500系をご紹介します。

 ▼元東急8000系は、現在、静岡県の伊豆急行で活躍しています。
 

 ▼路線は伊東~伊豆急下田間ですが、相互乗り入れにより熱海まで顔を出します。
 

 ▼伊豆急行も東急グループです。
 

 ▼車両の車内端にある、東急車輛のプレート。
 

 ▼アメリカのバッド社との技術提携により製造されました。
 

 ▼こちらは東急の田園都市線や大井町線で活躍中の8500系。
 

 ▼他社への売却や廃車が進んでいるとはいえ、まだまだ活躍の場は残っています。
 

<参考HP>
 ・「東急車輛製造株式会社の鉄道車両製造事業の経営権取得について」(JR東日本HP)
 ・「会社分割(吸収分割)および事業譲渡に関するお知らせ」(東急車輛製造HP)

 訪問日:2008年7月12日・2010年9月9日・2011年8月14日・9月4日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback