FC2ブログ
avatar image

「宮城交通回顧録」の再開について

 東日本大震災以降、「宮城交通回顧録」の連載を続けることに抵抗を感じていました。被災地の方々が苦難を乗り越えようとしている時に、被災地を題材にして被災地の方々にとって無益なことをやっていていいのか、と自問自答を繰り返していました。

 震災から1年が経過しました。震災前の記録を後世に残そうと、大手検索サイトによって「写真保存プロジェクト」が立ち上がる動きなどもあり、震災前の被災地の風景を公開することは、必ずしも無益とは限らないのではないか、と考えるようになりました。

 もともと自身の備忘録的な感覚で始めたブログ、自身の中で整理がつけば再開の可否など世の中的にはどうでもいいことなのかもしれませんが、震災前の美しい風景が少しでも被災地の方々の復興の原動力になればと願っての再開であるということ、ここに記しておきます。
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback