FC2ブログ
avatar image

【宮城交通回顧録No.20】飯野川案内所

 飯野川案内所は、北上川の下流に位置する旧河北町(現在は石巻市)にありました。石巻市街や雄勝・志津川・柳津などへの各方面を結ぶ路線が発着し、旧桃生郡(ものうぐん)における路線バスの中継地的存在でした。

 宮城交通の前身の一つである仙北鉄道が、飯野川営業所としてドーム型屋根の建物を建てたのが、1957(昭和32)年のこと。以来50年にわたり、地域バス交通の盛衰を見守った後、2007(平成19)年に解体されました。

 ▼2002(平成14)年4月の飯野川案内所。
 

 ▼待合所の様子。歩くと床がミシミシと音を立てます。
 

 ▼掲示されていた時刻表。各方面へのバスの中継地として、その役割を果たしてきました。
 

 ▼案内所の裏で休憩するバス車両群。路線規模の割に車両数が多いような気がします。
 

 ▼建物の下で待機する大須浜行。この路線は2008(平成20)年に廃止となりました。
 

 ▼2009(平成21)年8月訪問時の様子。建物は解体されて、更地になっていました。
 

 ▼敷地の片隅に設置された待合所。バス停の名称もただの「飯野川」に変更されています。
 

 訪問日:2002年4月28日・2009年8月22日

スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback