FC2ブログ
avatar image

江差線の廃止報道

 2012(平成24)年8月8日、JR北海道が江差線・木古内~江差間の廃止を検討している(あるいは廃止の方針を固めた)ことが新聞各紙によって報じられました。

 江差線は、函館駅の隣の五稜郭と日本海側の江差とを結ぶ83.3kmの路線ですが、2015(平成27)年の北海道新幹線函館延伸と同時に、並走部分の五稜郭~木古内間は、JR北海道から経営分離され第三セクターとして存続することが既に決定しています。

 残る木古内~江差間42.1kmは、JR北海道の中で最も輸送密度の低い路線で、その動向が注目されていました。今後もJR北海道によるプレスリリースや地元へのアナウンスなどから目が離せません。

 ▼木古内駅で出発を待つ江差行き。
 

 ▼木古内駅の在来線ホームの隣では、新幹線の建設工事が着々と進められています。
 

 ▼一方、こちらは江差線の終点・江差駅。
 

 ▼今後の動向が注目されます。
 

<参考HP>
 ・「JR北海道、木古内-江差の廃止を検討」(2012年8月8日・産経新聞記事)
 ・「JR、木古内-江差の廃止検討」(2012年8月9日・朝日新聞記事)

 訪問日:2010年1月3日・2012年1月20日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback