FC2ブログ
avatar image

屋島ケーブル(香川県/高松市)

 香川県・高松市にある山「屋島」。屋根のような平らな形状をしていることからその名が付けられました。山上には四国八十八箇所の一つ、南面山屋島寺があります。

 麓から山上まではケーブルカーが運行され、観光客やお遍路さんの足として親しまれてきましたが、運行会社の経営破綻により、2004(平成16)年10月16日に営業を休止しました。

 最終日の10月15日には800人もの観光客が訪れましたが、運行前に電気系統のトラブルが発生し、終日事故運休となり、有終の美を飾ることはできなかったそうです。今回は屋島に眠るケーブルカーの遺構を訪ねたいと思います。

 ▼屋島山上駅舎です。
 

 ▼珍しい形のアンテナとコンクリート製の建物が…。
 

 ▼何とも言えない不思議な雰囲気を醸し出しています。
 

 ▼屋島山上駅に眠る2号車。
 

 ▼現役時は「辨慶号」という愛称名がありました。
 

 ▼人の気配は感じられません。
 

 ▼麓の屋島登山口駅までは800mの道のりです。
 

 ▼さて、そろそろお暇しましょうか。
 

 ▼駅前で唯一、人の気配が感じられた建物。お店のようですが、営業中でしょうか…。
 

 ▼続いて、こちらは屋島登山口駅舎。
 

 ▼屋島登山口駅には…。
 

 ▼1号車が眠っています。
 

 ▼こちらの愛称名は「義経号」でした。
 

 ▼1号車・2号車は日立製作所で製造された車両です。
 

 ▼製造年は1950(昭和25)年。製造から60余年が経過しています。
 

 ▼屋島山上へ向かう路床は荒れ放題。
 

 ▼そろそろ行かなければならない時刻です。
 

 ▼よく見ると…。
 

 ▼山肌にケーブルカーの廃線跡がくっきりと刻まれています。
 

 ▼琴電屋島駅。ケーブルカーに乗るため、多くの人がこの坂を登ったことでしょう。
 

 訪問日:2012年9月1日
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback